【七つの大罪】ブリタニア最強の魔術士マーリンの正体まとめ!

漫画「七つの大罪」の中でも、ひときわぶっ飛んでいるキャラといえばマーリン。魔力「無限」は闘級を度外視した何でもアリなチートキャラ。

さらには謎多きキャラであり、各キャラとの関係性にも伏線が多い!

アーサーはもちろん、絶賛好意を寄せるエスカノール、姉々と慕っていたエリザベス、そしてメリオダスとの恋愛事情とモリモリ盛りだくさん!

そんなわけで、マーリンの能力や人間関係などをここで詳しくまとめていきます。マーリンの正体をおさらいしていきます!

マーリンの正体を探る!!

魔術士マーリンとは

七つの大罪 マーリン考察
出典:七つの大罪13 鈴木央 講談社

マーリンは七つの大罪メンバーの一人で「暴食の罪」の持ち主。ブリタニア一の魔術士として名を知らしめています。初登場時はキャメロット王国アーサーの側近として登場。

左の首筋には紅蓮の豚の刺青、右目尻の下にホクロがチャームポイント。詳細な年齢は不明なものの、魅力的な容姿の持ち主にしてかなりの露出狂でもある。

普段来ている服は洋服というよりも布ではあるが、なぜ布がズリ落ちないのかといえば、魔力でピッタリと肌に張り付けているからなんだそうだ。

マーリンのステータス

  • 身長:177cm
  • 体重:57kg
  • 誕生日:12月3日
  • 出身地:ベリアルイン
  • 好きな動物:混沌の母
  • 好きな匂い:研究室

マーリンの出生ベリアルインの謎

マーリンの出生が明らかになったのはストーリーも終盤になってから。249話「取引」の中で描かれているんですが、もともとの出身地は賢者の都ベリアルイン。

この都で生まれたのがマーリンです。

七つの大罪 マーリン考察
出典:七つの大罪30 鈴木央
マーリンの父親

マーリンの父親はベリアルインの長だったが、研究の末に発見した煉獄を渡ったことで廃人と成り果ててしまう。煉獄のあまりの厳しい環境に耐えられなかったのだ。

そんな長の娘として生を受けたのが天才児マーリン。マーリンは「無限」というチート魔力を授かって生まれてきた女の子。

魔力「無限」とは、一度発動しさえすれば、どんな難易度の高い技であっても発動し続けるという凄まじい魔力です。魔力についてはのちほど詳しく。

ちなみに、マーリンは自分の時を止めることで老いない身体を手に入れてます。時間停止の技と無限の合わせ技によって実現させています。

そのため、技を解いた本来のマーリンの姿は普段見慣れている美人なマーリンさんとは異なる姿なのです!実は本来の姿は本作に登場してます。

七つの大罪 マーリン考察
出典:七つの大罪29 鈴木央

チャンドラー戦にて、絶対強制解除を受けてしまったマーリンは、魔力が強制解除され元の姿に戻ってしまう場面があります。

その姿は子供、年齢にして12~13歳

詳しい年齢は不明ですが(時を止めてる時点で年齢という概念が通用するのか怪しいが)、マーリンは三千年以上生き続けている。

マーリンの「本当」の名前

七つの大罪 マーリン
出典:七つの大罪24 鈴木央

?????

ここまでマーリンと普通に呼んできましたが、実は本名が別にあります。マーリンはいわば仮の名前とも言えます。ただ、本名は人間族には聞き取れない発音。

そのため本来の名前はあるものの呼び方は不明。

なぜ本名を捨てマーリンと名乗るようになったのか、これについては言及されてないものの本名を名乗れなくなったキッカケはあります。

マーリンは最高神と魔神王の怒りに触れたことで、故郷を滅亡されています。なんとか生き残れたマーリンは身を隠すために、マーリンと名乗るようになったのではないか。

また、本名よりもマーリンのほうが本人も慣れしたしんでいたようで、自分の正体を忘れていたほどでした。そのため、三千年前から今までずっとマーリンを名乗っていたようです。

マーリンのチート能力考察!

マーリンの出身地ベリアルイン、そして彼女の名前の謎について分かったところで、次にマーリンの能力についていきます。

加護

加護はかつて魔神王と最高神から授かったというか、騙しとった能力。魔力「無限」を授かって生まれてきた天才マーリンの比類なき才能に目を付けたのが魔神王と最高神の二人。

自分たちの陣営に引き入れるべき魔神王と最高神はそれぞれ、マーリンに加護という名のお土産を与えます。マーリンの力はそれだけ強大な能力ってことです。

マーリンが授かった加護

  • 魔界のあらゆる秘術の知識、女神の洗脳術を防ぐ加護
  • 闇の呪い(戒禁含む)を無効にする加護

魔神王からは、あらゆる秘術の知識と、女神の洗脳術を防ぐ加護が、最高神からは戒禁さえも無効化にしてしまう加護を授かります。

自陣に引き入れるために授けた加護や知識ですが、マーリンは加護をもらうやトンズラ、神との約束を大胆にも破ってしまいます。

七つの大罪 マーリン考察
出典:七つの大罪29 鈴木央

もらうだけもらってどちらの陣にも入らない。

最高神と魔神王をまんまとハメることに成功しますが、当然、神はそんなマーリンをゆるわけもなく故郷ベリアルインを滅ぼします。

ですが、マーリンはそんな二神からさえも逃げ切っています。マーリンの強さの片鱗がこんなエピソードからも分かりますよね。

戒禁無効の加護があるのになぜマーリンはガランの戒禁「真実」で石化したのか?

魔神王から授かった加護により、戒禁でさえも無効にしてしまうにも関わらず、ガランのときには思いっきり戒禁にかかってましたよねw

あれはどう理解すればいいのか?

七つの大罪 マーリン考察
出典:七つの大罪24 鈴木央

一応マーリンの口から答えは出ています。

あまりに昔すぎて戒禁に加護のことを忘れていた。

というのが答え。

マーリンが呪い無効化の加護をもらったのは今から三千年以上前のことだから忘れてしまったというのが理由。そのため、ガランの戒禁を受けてしまったようなのだ。

ツッコミどころは確かにある。同じく最高神の加護によって戒禁が効かない四大天使やエリザベスの場合と比べると矛盾もなくはないけど、理由としてはマーリン本人が言ってた。

明らかに後付けっぽいけどねwww

魔力「無限(インフィニティー)」

神さえもほしがる魔力「無限」とは、一度魔法を発動させてしまえば、永続的に効果が持続するという能力。自分自身で解除しない魔法は発動しつづけるという。

魔力が永続的に発動するということは、つまりは魔力消費しないことを意味します。そのため、マーリンに関して言えば「闘級」という概念は意味をなさない。

たとえば、時を止める魔法。

マーリンは三千年以上も生き続けているが、それを成しているのはマーリン自身の時を止めているから。つまり、三千年以上、時を止める超高度な魔法を維持し続けている。

魔力「無限」の効果のなせるワザといえます。

マーリンの闘級は十戒と比べても相手にならないくらい低いです。ですが、闘級を構成する一要素である魔力が、マーリンに関してはチートです。

そのため、聖戦では一番最前線の強襲部隊に入り戦いに参加。さらには最上位魔神をチート魔法で追いつめていた。

マーリンの神器・魔法具

このほかにもマーリンには神器や数々の魔法具が存在します。

神器:明星アルダン

七つの大罪 マーリン考察
出典:七つの大罪16 鈴木央

数千のルーン文字が刻まれている球体状の神器が明星アルダン。分かっていないことも多いですが、使用している場面はいくつか描かれてます。

用途としては、アルダンを通してブリタニア中の様子を見れたり、ガラン戦では、石化を逃れるために魂をアルダン内部に移すこともできるようです。

さらに、自分の姿を投影して幻影を見せることも可能。石化が解けるまでの間、幻影のマーリンの状態で登場していました。

神器というと武器のイメージが強いですが、ことマーリンの神器に関して言えば、攻撃よりもサポート的な役割として扱われています。

魔法具(マジックアイテム)

マーリンが作りだした魔法具は100以上にも及ぶといいます。作中にもマーリン作の魔法具がいくつか登場していました。

一番登場頻度が多いのはバロールの魔眼でしょうか。

ホークに与えたもので、この魔法具もマーリンが作ったものです。十戒編のはじめの頃に登場し、ここから「闘級」という概念が新たに加わります。

七つの大罪 マーリン考察
出典:七つの大罪14 鈴木央 講談社

闘級は魔力・気力・武力の三つの要素から構成、はじめは数千程度、メリオダスでさえ闘級3370程度でした。

その後十戒の登場で闘級はインフレ化へ!

マーリンが作成してきた魔法具は、このほか「ミニマム・タブレット」や「呪言の玉」「女神の琥珀(こはく)」などが作中で登場しています。

マーリンがくりだす技の数々!

魔力「無限」の効果によって、マーリンがくりだす技はいずれもチート級の性能を秘めています。最上位魔神すら倒せるほどの威力を持ち合あせています!

瞬間移動(テレポート)

マーリン自身はもちろん、周囲にいる者も一緒に瞬間移動させることができる。キャメロンに瞬間移動したときには、ホークママごと瞬間移動させ一瞬にして辿りついた。

絶対強制解除(アブソリュート・キャンセル)

どんなに複雑で強力な魔力であろうとも強制的に解除してしまう技。ちなみにこの技は最上位魔神のチャンドラーも使っていたことから、魔界の秘術の一つと言えそうです。

探知(ロケーション)

一定範囲内の人やモノを探し出すことができる能力。「常闇の棺」を探すために王都中を調べていたことから、相当な範囲内を探知することができるようだ。

殲滅の光(エクスターミネイトレイ)

光の線上にいる敵すべてを殲滅する技。十戒グレイロードが放った蟲をなぎはらい、さらにはグレイロードの顔をも貫通させるほどの威力を見せていた。

時間停止

フラウドリン、グレイロード戦にて明らかになったマーリンの時間停止技。自身の時を止めることで、老いることなく三千年以上も生き続けているのが今のマーリン。

もちろん、魔力「無限」によって可能にしている技であり、本来ならば三千年以上も技を維持し続けるなど不可能、天才魔術士がゆえのチート技。

二重衝波(ダブルインパクト)

チャンドラー、キューザック戦で見せていた技。第一波で対象の弱点属性を検知し、第二波で弱点属性の耐久度を永久的に下げ続けていく。

時の棺(クロノ・コフィン)

時間を停止させる禁呪。発動させるためにを数分の時間を必要とする。聖戦時、魔神王メリオダス誕生を阻止するために使った技。

スポンサーリンク

マーリンを取りまく関係性

ここまではマーリンの能力や生い立ちなどを見てきましたが、三千年以上も生きているマーリンだからこそ人間関係もいろいろと複雑なんです!

アーサーとマーリンの関係

まずはアーサーとの関係性から。マーリンはアーサーにブリタニア全土を収めるほどの実力者になることを予見していました。そのため、アーサーの側近として共に行動していました。

アーサーの素質については、マーリンだけでなくリオネス国王バルトラによっても預言されていましたが、国王の器になる前にキューザックにより倒されてしまう。

七つの大罪 アーサーと聖剣エクスカリバー
出典:七つの大罪31 鈴木央 講談社

目覚めないアーサーの傍らで、悲しみにくれるマーリンの姿がありましたが、マーリンはアーサーのことをどう思っていたのでしょうか?

アーサーはマーリンに対して友人以上の想いがあるのは確かです。バイゼル喧嘩祭りのときのはメリオダスに相談するなんて場面もありました。

七つの大罪 マーリン考察
出典:七つの大罪20 鈴木央 講談社

ならマーリンの想いはどうなのか?

実はこの答えは、「答えてばっちょ!」にて鈴木先生が解答しています。それによればアーサーのことを師弟愛として好きと思っているようです。

アーサーにとっては残念な展開。

そして、エスカノールにとっては朗報な展開www

マーリンはあくまで師弟として、将来のブリタニアを導いていく国王として期待を寄せているようです。今のところ恋愛対象としてアーサーは見てないようなのだ。

メリオダスとマーリンの関係

メリオダスとマーリンの関係はどうも七つの大罪のメンバーになる以前、それこそ三千年前から知っていたことが明らかになっています。

幼い日のマーリンは、いつもメリオダスに会いに来ていたようなんです。これは女神族に目覚めたエリザベスが言っていたことです。

七つの大罪 マーリン考察
出典:七つの大罪28 鈴木央 講談社

今日もメリオダスのところへ!!?

そして、公式ガイドブック「罪約聖書」の中で「人生で一番恥ずかしいこと」という質問に、「人生で唯一告白したこと」と回答しているんです。

もしや・・・

と思い読み返してみると、マーリンが告白した相手とは、どうもメリオダスらしい。番外編「大罪バケーション」の中で、お酒に酔ったマーリンがポロリと口を滑らせています。

七つの大罪 マーリン考察
出典:七つの大罪31 鈴木央 講談社

私に与えてくれなかったもの!!?

この場面は、メリオダスがエリザベスへのプレゼントに何を上げようか悩んでいるときに、マーリンが言ったセリフです。

マーリンはメリオダスに「団長殿はもう十分与えているだろう?」と話し、これにメリオダスは「何を」とマーリンが言わんとしていることに気付かない様子。

そこで、マーリンは

私に与えてくれなかったものだ

と言います。

私に与えてくれなかったものというのは、ズバリ「愛」です。

メリオダスがエリザベスに十分に与えているものといえば愛ですからね。となると、マーリンが一度だけ告白した相手とはメリオダスではないのか?

そして、マーリンの告白にメリオダスは答えてくれなかった。酔ったマーリンが思わず昔の思い出をポロリと暴露してしまった場面でした。

エリザベスとマーリンの関係

エリザベスとマーリンとの関係はメリオダスと同様、三千年前から知っていたようです。その頃のマーリンはエリザベスのことを「姉々(ねえねえ)」と呼んでいます。

姉々という呼び方からして、姉のように慕っていたことが分かります。エリザベスもまたそんなマーリンを可愛がっていました。

このときマーリンの年齢は12~13歳。メリオダスやエリザベスに頻繁に会いにいっていたのは、寂しさを紛らわすためでもあったようです。

七つの大罪 マーリン考察
出典:七つの大罪31 鈴木央 講談社

ベルアルインで一人寂しく過ごしていたマーリンは、エリザベスの祝福によって孤独から救われていたようです。

マーリンが寂しくて泣いてしまったときには、エリザベスは額にキスするおまじないによって、マーリンを励ましていたんだとか。

エスカノールとマーリンの関係

最後はエスカノールとマーリンの関係ですが、こればかりはエスカノールの一方的すぎる想いが強くあります。マーリンの本音はともかく、エスカノールはマーリンにぞっこんラブですw

ただし、マーリンの気持ちはよく分からない。

エスカノールに対する気持ちも描かれてはおらず、好きか嫌いかさえも判断が難しいところ。とはいえ、煙たがっているようには見えないため嫌ってはいないはずです。

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪19 鈴木央 講談社

一方エスカノールは自分が経営する酒場に「麗しき暴食」という店名にするくらい、いつもマーリンのことばかり。将来は二人で一緒にお店をやりたいと願っています。

そして、マーリンとアーサーの関係も気がかりでない様子。

アーサーが倒されたマーリンが悲しみにくれる状況で、エスカノールは一言も声をかけていないのが印象的でした。

二人の今後はどうなっていくのか、エスカノールの想いはマーリンにも十分知っているはずですが、エスカノールの片思いで終わりそうにも思えます。

【七つの大罪】エスカノール最強考察!これまでを振り返る!

2019.06.08

暴食の罪マーリンの正体まとめ

ここまでマーリンついていろいろ紹介してきました。マーリンのチートキャラの正体は魔力「無限」によるところです。

さらには最高神、魔神王から授かった加護によって魔術士として右にでるものは人間族はもちろん、魔神族や女神族、その他種族においてもいません。

今後の展開で気になるのはアーサーとの関係です。アーサー生死論争の行方は不明ですが、復活の可能性が高くなってるのも事実。

今後もマーリンには注目していきたいところ!

七つの大罪最新アプリリリース!

6月にリリースされた七つの大罪の新ゲーム!まだインストールしてない人はチェック!フルボイスで進むストーリーはかなり胸アツ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です