約束のネバーランドキャラ考察 癒しキャラ シスター・フローネwww

イザベラの養成でGFハウスへやってきたシスター・フローネ、彼女の存在によってエマたちの脱獄がほぼ不可能になるかと思いきや!まさかのフローネ暴走という急展開によって突破口を見出した子どもたち。

しかし彼女が約ネバに刻んだ印象は計り知れない、奇抜な行動、そして多彩すぎる顔芸の数々は今でも色褪せなることはないw

フローネななぜこんな行動に出てしまったのか、彼女の登場シーンから悲しきラストまでを追っていく!今回はそんな記事。

スポンサーリンク

スタンド

フローネの初登場、それは背後に描かれる怪しきスタンド・鬼の存在によって悍(おぞ)ましい展開かと思いきや、アクロバットすぎる行動によってママ・イザベラと対立、そして破滅へと向かっていくことになる。

約束のネバーランド
出典:約束のネバーランド1 白井カイウ 出水ぽすか

どうぞよろしく!

シスターとしてGFハウスへ来た日、「ママ」の中でも群を抜いて優秀なイザベラの失点を知ってしまったフローネ、そして登場そうそうイザベラを裏切ることを思いついてしまう。

約束のネバーランド
出典:約束のネバーランド1 白井カイウ 出水ぽすか

なるほどね(´∀`)

イザベラを出し抜いて私がママになるのよ!と彼女の行動は次第にエスカレートしていく、まさかイザベラの手の中で踊らされているともしらずにw不吉な笑みを浮かべながら彼女の暴走がはじまっていった。

約束のネバーランド
出典:約束のネバーランド2 白井カイウ 出水ぽすか

見ぃつけた

まず子どもたちの反応を見るべく挨拶をして回ることにしたフローネ。言葉、表情、脈拍、しぐさ、どんな些細な反応も見逃さないよう注意深くみてまわるも、結局真実を知る子供を特定することはできなかった。

そこで思う「なるほどね」と。

これがイザベラが育て上げた「優秀」な子どもたちなのねと不気味な笑みをたたえるも、つまりは、お前は子どもたちのウソを見破れなかったんじゃあ!!

もうこの時点でイザベラはもちろん、エマたちの方が一枚も二枚も上手だってことに知るよりもないww

やってやろうじゃないの!

次なる作戦は鬼ごっこに加わり探ること、満面の笑みをたたえながら近寄ってくるフローネ、ばあああっと明るい笑顔で敵意のないことをアピール、それにしても顔、いや口デカすぎだろw

約束のネバーランド
出典:約束のネバーランド2 白井カイウ 出水ぽすか

ぱああああっ

鬼を買ってでるフローネはさっきの笑顔はどこかえ消えまるで生死をかけた地獄の鬼ごっこがはじまる!それにしてもこんなにも人間というのは表情豊にできるとは驚きだwすべてをなぎ倒し鬼フローネが子どもたちを捕まえにやってくる!

約束のネバーランド
出典:約束のネバーランド2 白井カイウ 出水ぽすか

▲エスケープは分かるけどダイってなんだよwww

しかし、やはりここでもノーマンたちに一歩及ばず鬼フローネが負けてしまう。エマたちのシッポを掴め切れないフローネはギルダにもちょっかいを出すが、結局どの作戦も不発におわり怒りだけが溜まっていく。

約束のネバーランド
出典:約束のネバーランド3 白井カイウ 出水ぽすか

いやいや、すべてお前の浅はかで感情むき出しの行動が招いた結果だろう、イザベラのように平常心でいないと子どもたちが警戒するのは必須!

もうこうなってはおしまいだろw子どもたちの前で堂々と不気味な行動!怒りの感情で我を失っていくフローネ。

約束のネバーランド
出典:約束のネバーランド2 白井カイウ 出水ぽすか

イザベルはお前に「監視のみ」をしろと言ったはずだろ、こんなあからさまな行動をしてイザベラが気付かないとでも思ってるのかぁ!このバカチンが!

取引とウソ

GFハウスに来てから犯人捜しにやっきになっていたフローネも、ついにその努力が実る時か来る。ドンたちのGFハウスの真実を伝えた現場を目撃していたのである!フローネが見ていたのだ!

約束のネバーランド
出典:約束のネバーランド3 白井カイウ 出水ぽすか

家政婦は見ていた!

しかしここでフローネはまさかの提案をする!「私と組まない?」と大胆な提案に出たのである、ママになるため、今よりももっといい生活をするためイザベルの足を引っ張ろうとするフローネ。

鬼の手下とはいっても彼女もまた鬼の恐怖に怯えなあら生きてきた人間である、彼女の心臓にはチップが埋め込まれ管理されている存在なのだ!

エマはフローネを利用して脱獄、フローネはエマたちの脱獄を見て見ぬふりをすることでイザベルの地位を失墜させる、まさにウィンウィンな関係ww

しかしである!

そんな行動をイザベルが知らぬはずもなく、すでに詰んでいたフローネ。そう!まさにこの世界のように。なにに負けた、イザベルに?それとも鬼か?いや、すべては自身の感情が豊かすぎたことが敗因だったのではなかったのか。

約束のネバーランド
出典:約束のネバーランド3 白井カイウ 出水ぽすか

彼女らしい最後の死にざま、死ぬ間際まで笑顔を絶やさなかったフローネ、まさに

癒し系キャラであった

オワリ

約束のネバーランド 白井カイウ 出水ぽすか
出版社: 集英社
出版日: 2016/12/2-
言語: 日本語
ASIN: B01M4LPGZU

Amazon 楽天市場
KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃