黙示録の四騎士

黙示録の四騎士111話ネタバレ感想 トリスタンに敵意向ける魔神族

黙示録の四騎士111話ネタバレ感想

各自修行に励むパーシバルと仲間たち。成果の兆しはまだまだだけど、修行ははじまったばかり、一週間でどこまで成長できるかッ!

中の人
そして今話は

111話では、トリスタンに敵意を向ける魔神族たち。十六年前の聖戦終結の立役者を両親に持つトリスタンが、気に喰わないようだ!

一悶着(ひともんちゃく)

灼熱の炎が降り注ぐ「炎災(えんさい)の月」の間は動くことはできない。だが、そんな状況で、苛立ちを隠せない一部の魔神族。

その理由はトリスタンにあった。魔神族と因縁のある七つの大罪を親に持つ彼が、魔界にいることが我慢できないのだ!

魔神族のシュバルツはトリスタンに戦いを挑み、トリスタンも受けて立つことに。二人のバトルの行方はいかに!?

スポンサーリンク

シュバルツvsトリスタン

互いに本気のぶつかり合いも、シュバルツに軍配が下る。倒れるトリスタンを見下ろし、「とっとと魔界から出ていけ」と吐き捨てるシュバルツ。

負傷し動けないトリスタンは、屈辱を受けながらも何も言い返すことができない。魔神族の恨みの深さを改めて知る。

魔神族からは「不浄の子」として忌み嫌われるものの、これがトリスタンの運命。自力で切り開いていくしかない!

修行の成果はまだまだな様子

一方、パーシバルたちば修行の真っ最中。変化した魔力をコントロールできないアンが、自分の魔力に圧し潰され失神していた。

アンが気絶したと聞きつけて、仲間たちがお見舞いに。ドニーやランスロット、パーシバルも修行を中断して駆けつけてくれた。

アンの恋
出典:黙示録の四騎士111話 鈴木央 講談社

パーシバルの「アンが倒れたって心配だった」という言葉に、お顔が真っ赤に!ここにきて、急にパーシバルのことを意識するアンであった。

アン変化した魔力整理

これまでの魔力は、ウソをついているか分かるだけだったけど、ウソをついている者を重圧で圧し潰すことが可能になった。

ただし、発動にはいくつか条件があるようでここで簡単に整理してみます
中の人
アンの新しい魔力
  1. アンの質問に嘘をつくと重圧
  2. 嘘を認めると重圧解除
  3. アン自身にも重圧発動
  4. 嘘を重ねると重圧はより強力に
  5. アンが失神すると効果も消える

重圧は「質問すること」で発動することが明らかになった。これなら質問するときに気を付ければ、ある程度コントロールできるはずだ!

黙示録の四騎士111話まとめ&112話予想

黙示録の四騎士111話ポイント
  • 魔神族に嫌われるトリスタン
  • アンの新魔力明らかになる
  • パーシバルを意識するアン!?

一日目の修行は無事終了。ランスロットから直接指導を受けているパーシバルは、早くもボロボロなのが気になるところw

治癒魔力で明日の修行に影響はないとは思うものの、これくらい厳しいのなら、一週間でも相当な実力は身につくはずッ。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士