黙示録の四騎士

黙示録の四騎士112話ネタバレ感想 希望の力!パーシバル魔力異変

黙示録の四騎士112話ネタバレ感想

引き続き修行に明け暮れるパーシバルたち一行。1日目の成果はまだまだながら、修行ははじまったばかり、結果はこれから。

中の人
そして今話は

112話では、修行は2日目に突入!ドニーたちは相変わらずだが、パーシバルに魔力異変が起こることにッ!

ベヒモスによる魔界の影響

ベヒモスが眠りから目醒めてからというのも、魔界は混乱状態。負の魔力に充てられ、命を吸われているからだ。

大勢の魔神族が犠牲になっている状況。だが、対処する方法はなく、ベヒモスが再び眠りにつくのを待つしかない。

だが希望も。パーシバルだ!16年前にベヒモスを眠らせた彼なら救ってくれるはず。魔界の救世主救として希望を託す!

スポンサーリンク

修行の成果

一方、修行の状況だが、ランスロットと剣の稽古をしているパーシバルは、いまだ、一本もとれずボコボコにされていた。

ドニーもまだまだ成果は見られず。ナシエンスはアンを付き添いに、ひたすら走り込みをして体力強化に励んでいる状態だ。

それぞれ必死に修行に挑んではいるものの、修行から2日目ながら、まだまだ劇的な変化は現れていない状況であった。

パーシバルの魔力異変

各々が修行に励んでいるとき、突然パーシバルに異変が起こる。魔力が急激に増大し、身体が熱くなり制御が利かないほどの魔力が!

パーシバル曰く「今までに感じたことのないほどの量の希望の力」、救い主と崇める魔神族たちの希望が集まってきたのだ。

ミニパーシバル
出典:黙示録の四騎士112話 鈴木央 講談社

膨大な希望の力から生まれたミニパーシバル。これまでとは異なり、実寸大のパーシバルと同じ姿、会話も普通にできる。

ランスロットとの手合わせでは、あっさり倒してしまった!驚くパーシバルに「我ら大いなる者の一端なり」と自己紹介するミニパーシバルがいた。

パーシバルの魔力増大の秘密

パーシバルの魔力増大の秘密は、魔界からベヒモスを救ってほしいという、魔神族の希望の力なのは間違いない。

16年前にベヒモスを眠りにつかせたパーシバルの逸話は、魔界に行き渡っている状況。今回もパーシバルがなんとかしてくれる。

そんな、魔神族たちの希望がパーシバルに集まったことで、今回登場した激強ミニパーシバルを創り出したっぽい。

黙示録の四騎士112話まとめ&113話予想

黙示録の四騎士112話ポイント
  • ベヒモスの影響が魔界に蔓延
  • 救い主の救済求める魔神族
  • パーシバルの希望の力集まる
  • 激強ミニパーシバルの誕生!

どうやら希望の力が大きければ大きいほどミニパーシバルは、それに比例して強化されていくっぽいですね。

ミニパーシバルの特徴の一つに、独自の意志を持っていること。激強パーシバルもまた、自信に満ちた大人びた口調だったのはそのため!?

激強パーシバルが話していた大いなる者の一端の意味が気になるところ
中の人

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
123話 124話 125話
126話 127話 128話
129話 130話 131話
132話 133話 134話
135話 136話 137話
138話 139話 
単行本最新話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話
黙示録の四騎士13巻
105話106話107話
番外編 108話 109話
110話 111話 112話
113話
黙示録の四騎士12巻
96話97話98話
99話 100話 101話
102話 103話 104話

-黙示録の四騎士