黙示録の四騎士

黙示録の四騎士135話ネタバレ感想 永遠の王国で死人が生き返る謎

黙示録の四騎士135話ネタバレ感想

混沌の穴を通り抜けた先に待ち受けていた<四凶>黒い騎士ペルガルド!ただし、理由は不明ながら好戦的ではなかった前回。

中の人
そして今話は

135話では、自分の城へと招き謎の食事会を開催するペルガルド!戸惑うアンたち、彼の真意とは一体全体!?

招かれざる客人?

ペルガルドに見つかり一触即発の状態にあったアンたち一行だが、意に反してペルガルドは「友好的な態度」をみせます。

戦いは一先ず置いといて自宅に招待されたのだ。豪華な食事と美味しいお酒、毒などは当然入ってはいなかった。

さらには、妻のフィオナと一人息子のディックまで紹介され、本当にアンたちを客人として歓迎しているようなのだ。

スポンサーリンク

偽りのない一問一答

食事の席で交わされる会話。相手はこれまで死闘を繰り広げてきた敵の一人、当然食事を楽しむなどできないアンたち。

だが、この状況は千載一遇のチャンスでもある!戦意がないなら、対話により、少しでも重要情報を聞き出したいところ。

コチラには、心を操るゴウセルや、嘘を見破るアンがいる。ペルガルドの回答がどうであれ、この状況は有利のなにものでもない。

この場面のポイント

永遠の王国で生き返る人々の真相

これまで謎であった、永遠の王国で生き返る死人たち。彼らは永遠の王国でしか生きられない存在であることは、仄めかされていました。

永遠の王国の現状
出典:黙示録の四騎士135話 鈴木央 講談社

これまで、永遠の王国で生き返った人間は、国外には出られないことは触れていましたが、その理由が明らかになりましたね。

生き返った死人の特徴
  • 永遠の王国では死人が生き返る
  • 永遠の王国以外では生きられない
  • 永遠の王国を出ると消失する

ブリタニアに連れ帰った途端、永遠の王国で生き返った人間は煙のように消失。一度王国の住人になると抜け出すことが難しい。

アンが質問者だったこともありペルガルドの今話の説明は嘘偽りのない真実といえますね
中の人

生き返る人間の正体と死人復活

ペルガルドの話す内容はすべて真実。さらに彼が語るのは、永遠の王国がもつ「人間の強い願いを具現化する力」についてだ。

ペルガルドの真意
出典:黙示録の四騎士135話 鈴木央 講談社

亡き人間の復活を強く望むのなら、この王国では蘇る。そして、この力はブリタニアから奪った土地がエネルギーになっている。

中の人
永遠の王国の住民の願いを叶えるごとにブリタニアから土地が消失していたのだッ!

そしてペルガルドもまた、亡き息子を生き返らせることを強く願い、永遠の王国の住人となったと吐露するのであった。

この場面のポイント

ペルガルドの意志

ペルガルドはこれまで出会った騎士とは異なり、アーサー王に対して、不信感をハッキリと言っていましたね。

交戦を避けたのもそのためでした。アンたちを無条件で「敵」だとは考えてはいない。でも、亡き息子のため完全な味方でもないと。

混沌の騎士の中には、ペルガルドのような考えは少なからずいるはず。今のアーサー王は明らかに暴走してますからね。

不信感を抱く混沌の騎士がいるなら彼らとの戦いを避けることもできるかもしれない
中の人

黙示録の四騎士135話まとめ&136話予想

黙示録の四騎士135話ポイント
  • ペルガルドの招待受ける
  • この国に生き返る人間の真相
  • ペルガルドの事情と本心

永遠の王国の住人になることで、想いは実現(具現化)する。となると、なぜアンたちはパーシバルの復活を願わなかったのでしょうか?

その理由は、パーシバルは死んでいないと確信していたから。そして、戻ってくるという固い信念があったからでした。

中の人
パーシバルは人間の器から消えただけで死んでないのは明らかでしたけどね(苦笑

ペルガルドはじめ自ら永遠の王国の住人になることを選んだんだろうけど、結局はアーサー王に弱味を握られている状態(命令に逆らえない)。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
123話 124話 125話
126話 127話 128話
129話 130話 131話
132話 133話 134話
135話 136話 137話
138話 139話 140話
単行本最新話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話
黙示録の四騎士13巻
105話106話107話
番外編 108話 109話
110話 111話 112話
113話
黙示録の四騎士12巻
96話97話98話
99話 100話 101話
102話 103話 104話

-黙示録の四騎士