黙示録の四騎士

黙示録の四騎士154話ネタバレ感想 アーサー王の粛清!真四凶誕生

黙示録の四騎士154話ネタバレ感想

仲間のピンチを救うため、復活を果たしたパーシバル。そして、妖精王の森での二年余りの逗留に別れを告げて、いざ新たな冒険へ!

中の人
そして今話は

154話では、久々にアーサー王側の動きが描かれます。パーシバル復活を知り、戦力強化をはかることになるのですが・・・。

アーサー王による糾弾

アーサー王の御前に呼び出されたイロンシッドとペルガルドの四凶二人。呼び出し理由は、先の七つの大罪との戦闘だ。

戦闘禁止の命令を無視する暴挙。七つの大罪の恐ろしさをいまた理解していない二人に、アーサー王が滔々(とうとう)と説教します。

身をもって知ってもらうために用意したのは、妖精王の森で敗北した、白い騎士ウォーラルダンの惨たらしい死体だった。

スポンサーリンク

人智を超えた力(混沌)

かつて「聖戦」で魔神王を倒し、ブリタニアを平定させた七つの大罪。その力は今も健在であり、混沌の騎士が勝てる相手ではない。

だが、アーサー王は敗北宣言したわけではない!不気味な笑みを浮かべ、七つの大罪と互角以上に戦える方法があるという。

人間を捨てること
出典:黙示録の四騎士147話 鈴木央 講談社

それは人間を捨てること。ベルトレープやウォーラルダンのようにといい、死んでいたはずのウォーラルダンが復活するのであった。

この場面のポイント

死なない!?ウォーラルダン

妖精王の森で、パーシバルとキングにより倒されたはずのウォーラルダン。確かに、あのとき死んだはすです。

ところが実際は生きていたんです!!
中の人

生きていたといよりもは、生き返ったといったほうが正しいかも。一度は、確かに心臓は停止し死んでいたはずです。

その後生き返った。その理由としては、アーサー王の「混沌」の力によるもので、これが「人間を捨てること」というわけか。

人間を捨てた真・四凶

七つの大罪を倒すには人間を捨てた力が必要。このままでは、永遠の王国の平和はままならず、大切な者を失ってしまう。

イロンシッドとペルガルドに、選択を迫るアーサー王。愛する者を守るため、人間を捨てるか、否かを二つに一つ!

だが、二人には受け入れることの一択しかなく「同意」してしまう。人間を捨てた二人は、愛する者を忘れてしまっていた。

この場面のポイント

混沌の力

アーサー王の言う「人間を捨てる」とは、混沌を取り込むことによる「死を超越した者になる」ことなのでしょう。

そして、混沌を取り込んだ者は、性格が変わり、記憶も失ってしまう。つまり、人格に強く影響してしまいます。

これはアーサー王も例外ではないはず。アーサー王が暴走しているのも、混沌を取り込んでしまった弊害と言えそう。

混沌を倒せるのはパーシバルだけ?

そして、この死を司る力は、生命の精霊パーシバルに通じる力ともいえます。どんなに強力が攻撃でも復活可能なら倒せない。

中の人
妖精王キングの攻撃でもウォーラルダンは復活したからね

予言にある「アーサー王を倒すのはパーシバル」とは、混沌と似た力を持つパーシバルだから倒せるということなのか。

生命の精霊たるパーシバルの力であれば、復活できない攻撃も可能なのかもしれない。混沌に対抗できる唯一の力?

黙示録の四騎士154話まとめ&155話予想

黙示録の四騎士154話ポイント
  • 復活するウォーラルダン
  • 人間を捨てた四凶
  • 新・四凶誕生で黙示録の四騎士倒す

これまで、陰ながらパーシバルたちを助けてくれただけに、人間を捨てたペルガルドの変貌は悲しすぎます。

中の人
かつての彼はもういない(涙

そして、真・四凶となった彼らの強さは、これまでとは比べものにならにほどの強敵。パーシバルたちの新の冒険もまた茨の道。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話 151話 152話
153話 154話 155話
156話 157話 
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士