黙示録の四騎士

黙示録の四騎士110話ネタバレ感想 それそれの特訓と燻ぶる感情!

黙示録の四騎士110話ネタバレ感想

いよいよはじまる魔界での一週間にわたる修行!ただ、提案者のランスロットは、パーシバルにかかりっきりの様子。

中の人
ドニーたちはぞれぞれ自主練習に励むようだ

110話では、修行の成果がなかなか出ない様子が描かれます!修行は始まったばかり、焦らず地道に進むしかない。

[toc]

パーシバルの魔力

ドニーは魔力「念動」の範囲を広げるため一人修行中だ。だが、うまいこといかず絶賛悩み中、目標は今の10倍まで範囲を広げること。

一方パーシバルは、ランスロットと剣技稽古。パーシバルの弱点は魔力の不安定さ。そのため、ランスロットは剣技向上を課したのだ。

そもそも、パーシバルの魔力は未知。ランスロットでさえも謎な魔力だという。なにより何度でも生き返るパーシバルとは一体?

パーシバルの「謎」魔力

パーシバルの魔力
出典:黙示録の四騎士110話 鈴木央 講談社

通常、魔力から作り出された魔法生物に、意志は持たないはずなのだが、ミニパーシバルたちにはこの常識が通じない。

パーシバルとは異なる個性を持ち、自由に動きまわる。パーシバルの未知の魔力の正体とは一体なんなのか?

スポンサーリンク

ナシエンスとアンの修行

一方、ナシエンスの修行メニューは走ること。ランスロットより体力不足を指摘され、1週間ひたすら走らされている状況だ。

ナシエンスに付き合うのはアン。アンは、変化した魔力の理解と制御が課題だが、ランスロットから別段修行メニューは課せられていない。

暇なアンは、ナシエンスの修行に参加したのだ。二人が走っていると、ナシエンスが突然倒れた!まさかこれがアンの変化した魔力?!

アンの魔力変化の正体とは

これまでアンの魔力は、他者の本心が読み取れるというもの。サポート能力として、仲間たちを度々救ってきた。

ただ、今回見せた変化した魔力は、対象者がウソをついたとき、その人物が立つことができないほどの重圧を受けていた。

アンの変化した魔力
出典:黙示録の四騎士110話 鈴木央 講談社

まだ魔力を制御できないため自分自身にも魔力が発動してしまうようだw
中の人

まだ制御ができないため、ウソをついた者すべての重圧が重くなるようだけど、本来は任意の対象者のみに発動できる?

パーシバルへの想い

話題がパーシバルになったとき、ナシエンスが好きことをアンに見透かされてしまう。もちろんこの好きは「恋愛」の方だ。

アンもナシエンスが好きだけど「仲間」として。だが、そのとき重圧により地面に倒れてしまう。まさかアンも!!?

一方トリスタン隊は、魔神族に絡まれていた。七つの大罪を未だ許せなく、その後継であるトリスタンにケンカを売るのであった!

パーシバルとのまさかの三角関係!?

これまで、ナシエンスがパーシバルのことを好きなのは「匂わせw」ていたものの、まさかアンもそうなのか?

ただ、魔力制御がまだできないため誤作動を起こした可能性もあり、アンの本心かどうかはなんとも言えないところ。

中の人
アンの理想は大人で渋い人だからパーシバルとは真逆ではある

黙示録の四騎士110話まとめ&111話予想

黙示録の四騎士110話ポイント
  • 修行に専念するパーシバルたち
  • アンは魔力制御できない
  • 魔神族のトリスタンへの恨み

魔神族の七つの大罪への恨みは相当深いらしい。聖戦から十六年経過していても、まだ、怒りは収まっていないとは・・・

まぁ~、人間族とは異なり魔神族は数百年単位で生きる人種のため、十六年なんて全然過去のことではないんだろうね。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話  
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士