黙示録の四騎士

黙示録の四騎士136話ネタバレ感想 ペルガルドの苦悩と責務

黙示録の四騎士136話ネタバレ感想

宿敵ペルガルドから、思わぬ歓迎を受けたアンたち一行。みなに妻の手料理を振るまい、暴力ではなく対話を望んだ前回。

中の人
そして今話は

136話では追手の魔の手が迫りくる!混沌の穴に落ちたことで逃げ切れたと思ったが、そう甘くはなかったようだ!

パーシバルは生きている

アンがペルガルドに話したのは、パーシバルが生きているという確信。だが、魂はまだ戻ってきていないらしい。

パーシバルが居なくなった二年前のあの日、魂のない身体はアンたちが保護し、魂を探し続けていたようです。

さらには、パーシバルの魂が今どこにあるのかも匂わせます。だが、詳細な場所については口をつぐむのであった。

この場面のポイント

パーシバルの魂の在処

パーシバルの魂はいまどこにいるのか。今回のアンのセリフからして、どうやら検討はある程度ついているようです。

ならどこにいるのか?可能性としては、「アンヌヴンの大釜」が怪しそうです。131話で、アンが探していた場所です。

パーシバルの魂の居場所
出典:黙示録の四騎士132話 鈴木央 講談社

さらに、アンたちが探していた理由に「大切な仲間がいる可能性が高い」と言っていましたよね。大切な仲間とはパーシバルのこと?

ナシエンスがいまだ登場していないためナシエンスのことを言っている可能性も高いですね
中の人
スポンサーリンク

忍び寄る魔の手

逃げ切れたかと思ったのも束の間、早くも新たな混沌の騎士がアンたちを見つけ出し、襲撃をかけてきたのだ!

<四凶>緑の騎士ベルトレープの伝令により、永遠の王国全土に包囲網がかけられていた。これではペルガルドが匿うにも限界がある。

アンたちは追手に見つからないよう、城の裏手からコッソリ抜け出すことに成功するも、見つかるのは時間の問題だった。

苦悩と責務のペルガルド

結局のところ、ペルガルドはアンたちの味方であった。アーサー王の言動に少なからず疑問を抱いていた者。

だが、家族を守るためにはアーサー王を裏切ることはできない!本意ではないものの、アンたちとの戦闘を余儀なくされる。

ペルガルド
出典:黙示録の四騎士136話 鈴木央 講談社

ペルガルドが敵対する意志をみせたとき!ゴウセルの魔力により、精神をかく乱させる技を浴びてしまうのであった。

黙示録の四騎士136話まとめ&137話予想

黙示録の四騎士136話ポイント
  • パーシバルの居場所に心当たりあり
  • 新たな追手から逃げるアンたち
  • ペルガルド不本意ながら敵対

知人と家族との間で、悲しき板挟み状態にあるペルガルド。とはいえ、戦いはまだまだ決着したとえ言えません!

ラストコマでのペルガルドの不気味な笑い。ただこの笑いは、ゴウセルの技を利用して戦いを回避するように思えます。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
123話 124話 125話
126話 127話 128話
129話 130話 131話
132話 133話 134話
135話 136話 137話
138話 139話 140話
単行本最新話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話
黙示録の四騎士13巻
105話106話107話
番外編 108話 109話
110話 111話 112話
113話
黙示録の四騎士12巻
96話97話98話
99話 100話 101話
102話 103話 104話

-黙示録の四騎士