黙示録の四騎士

黙示録の四騎士143話ネタバレ感想 闇落ち!悲しきマートル

黙示録の四騎士143話ネタバレ感想

何を血迷ったのか「いにしえの秘薬」を息子のマートルにではなく、ナシエンスに渡そうとした妖精王キング。

中の人
しかもその現場をマートルが目的(ツメが甘いぞキング)

143話では、仲良し妖精王家族に亀裂が入るかもしれない一大事件が発生!果たして家族の絆は守られるのか!

嘆きのマートル

妖精王キングがナシエンスに「いにしえの秘薬」を渡そうとしている場面を、偶然にも遭遇してしまったマートル!

父親への信頼はグラリと揺らぎ、怒りにまかせて暴れまくるが、心は空虚のまま、やるせない気持ちは消えず。

そんな自暴自棄のマートルに声をかけたのは、先ほど追い払った頭巾姿の魔術師キルベガンだ。なにやらきな臭いゼ。

スポンサーリンク

忌み嫌われる種族

纏(まと)っていたマントを脱ぎ捨て、全身を露わにする魔術師キルベガン。その姿に、一瞬目を見張るマートル。

敵の正体は、二つの頭を持ちあわせる双頭のリザートマン。その容姿から、忌み嫌われてきた種族の末裔だったのだ。

ブリタニアに居心地の悪さを感じていたキルベガンだったが、アーサー王は彼を受け入れ永遠の王国に居場所を与えてくれたという。

この場面のポイント

アーサー王と種族選別

アーサー王は人間族以外の種族は、永遠の王国に入ることを許さなかったはず。王国周囲には強力な結界も張られていましたからね。

双頭のリザードマン
出典:黙示録の四騎士143話 鈴木央 講談社

ただ、魔術師キルベガンの話によると、アーサー王が嫌うのは、ブリタニアの歴史において、人間族を苦しめてきた四種族。

魔神族・妖精族・巨人族・女神族の四種族を嫌っているようだ
中の人

つまり、四種族以外の種族であれば、永遠の王国の住人になることも可能らしく、キルベガンはまさにこのタイプ。

闇落ちマートル!?

怒りと絶望の淵にいたマートルは、魔術師キルベガンの甘い誘惑にのってしまい、協力を承諾してしまう最悪の状況に。

魔術師キルベガンの望みは、いにしえの秘薬を得ること、一方のマートルは、胸中に渦巻く感情を晴らすこと、つまりは復讐です。

マートルは、家族や仲間を裏切る決断をしてしまいます。これによって、妖精界の雲行きは怪しくなっていくことに・・・

この場面のポイント

キング痛恨のミス

キングにも考えはあるとは思うけど、さすがに十六年間もの間、長兄マートルを放置していたのはマズイでしょう。

さらには、妖精王の森に来て二年足らずのナシエンスに、秘薬を上げようとしていたとは・・・悪手にもほどがありますよね。

中の人
ナシエンスでさえ空気を読んで受け取らなかったわけですよ

この事件をきっかけに家族、とりわけキングの父親としての判断に疑問をもつ子供いたわけで、今後の関係性は気になるところ。

ナシエンスは妖精王の実子

そしてもう一つ!今回確定したのが、ナシエンスが妖精王の実の子供であること!ナシエンスに対する微妙な接し方は、これが原因だったわけか。

妖精王キングの子供
出典:黙示録の四騎士143話 鈴木央 講談社

ナシエンスが妖精王の子供だとすれば、「取りかえっ子」の可能性が高く、取り替えられたのはマートルとなりますが・・・

マートルは妖精王と血は繋がっていない可能性が高い!?
中の人

血縁関係がなくとも、これまで通り家族だとは思うけど、こればかりはマートルの気持ち次第、非情に繊細な問題。

黙示録の四騎士143話まとめ&144話予想

黙示録の四騎士143話ポイント
  • ナシエンスは妖精王の実子
  • マートルは血縁関係ない?
  • 闇落ちするマートル

本当の子供ではないかもしれないと、ずーっと悩み続けてきたマートル。彼が闇落ちするのもすべくしてなったとも言えそうです。

中の人
これまで放置してきたキング・ディアンヌ夫婦にも責任の一端はありますね

同情の余地はあるものの、とはいえ闇落ちして家族や仲間に危害を加えることは、絶対にあってはらないこと!

魔術師キルベガンに唆されたとはいえ、ここで手を出してしまったら、本当の本当に家族に戻れなくなるぞ(涙

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士