黙示録の四騎士

黙示録の四騎士156話ネタバレ感想 消失する大地!旅立つ英雄たち

黙示録の四騎士156話ネタバレ感想

二年振りの再結成を果たしたパーシバル隊!アンとドニーとも再開し、いよいよ新たな冒険のはじまりです!

中の人
そして今話は

156話では、リオネス王国でしばしの休息をとるパーシバルたち。しかし、刻一刻と悪化する事態を目の当たりにする。

マーリンの行方

復活したパーシバルとナシエンスが、リオネス王国に戻ってきたその夜、メリオダス国王とエリザベス王妃がなにやら雑談中。

話題はマーリンについてだ。メリオダス曰く、アーサー王の側近として、仕えることはなかったらしいのだ。

現在の所在は不明。彼女の立ち位置が、アーサー王側なのか、それとも、メリオダス国王側なのかも分からない状況だ。

この場面のポイント

マーリンの噂の真相

マーリンが、アーサー王の側近だという噂の真相ですが、アーサー王がマーリンに似せた人形を従えていたからでしょう。

マーリンの正体
出典:黙示録の四騎士91話 鈴木央 講談社

91話で捕虜にした妖精族をマーリンの姿に変えさせていたように、マーリンはアーサー王の側にはいない状況。

なぜこのような関係なのかは不明ですが、混沌を取り込み暴走してしまったアーサー王と、関係してはいそう。

詳しい詳細は不明ながらアーサー王の側にマーリンはいないことが確定した
中の人
スポンサーリンク

しばしの休息

リオネス王国に滞在中のパーシバル一行。今日は年に一度の収穫祭。城下町にはたくさんの出店が並びお祭り騒ぎ!

パーシバル一行も、今日だけは戦いを忘れしばしの休息。お酒を飲んで、見世物を楽しみ、ハメをはずす一夜。

パーシバルが戻ってきたことで、アンも表情が柔らかい。連れ戻してくれたナシエンスに、改めてお礼を言うのだった。

異変は突然に

だが、アーサー王の脅威は、こんなお祭りの夜でさえも、痛感させられる。突然、ゴゴゴゴッと大地が揺らぎだす。

地震だ!!それをきっかけに、隣国ダルクムントが突然消失したのだ。原因はもちろんアーサー王によるものだ。

脅威がこんな近くまで迫る中、聖騎士全軍で永遠の王国潜入を打診するも、国内の警護を考えると許可できないメリオダス国王。

そんな中、パーシバル一行が永遠の王国に行くことを提言。アーサー王を止めるため、いざ旅立つのであったッ!

この場面のポイント

トリスタン隊の行方

ギルサンダーのセリフ
出典:黙示録の四騎士156話 鈴木央 講談社

枢機卿ギルサンダーの話によれば、息子のキオンが1年以上も音信が途絶えているという。永遠の王国でいまだ捜索中なのか。

トリスタンの行方
出典:黙示録の四騎士137話 鈴木央 講談社

ギルサンダーは息子から連絡が来ないとはいっていたけど、137話のドニーのセリフから消息不明というわけではない。

消息を絶っているのはトリスタンのみのはず。目星としては「アンヌブンの大釜」が怪しそうですが果たして。

黙示録の四騎士156話まとめ&157話予想

黙示録の四騎士154話ポイント
  • マーリンはアーサー王の側近ではない
  • マーリンの消息不明
  • パーシバル隊永遠の王国へ!

アーサー王を止めるためには、パーシバルだけでは難しい。予言ではアーサー王の脅威は「黙示録の四騎士」です。

トリスタンの捜索はもちろん、ランスロットの状況も気になります。パーシバルが消えた二年前、ランスロットは引きこもりに。

その後のランスロット
出典:黙示録の四騎士130話 鈴木央 講談社

永遠の王国にはいかずに、実家に戻り部屋に閉じこもっています。パーシバルの復活で、問題は(きっと)解決するはず!

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話 151話 152話
153話 154話 155話
156話 157話 
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士