鬼滅の刃

【鬼滅の刃】鬼殺隊の階級まとめ!炭次郎の階級は?柱の条件は?

鬼滅の刃 階級考察

大正時代を舞台に鬼と鬼殺隊との戦いを描く「鬼滅の刃」。あの世界観にドップリンとハマってしまった人も多いはず。

ただ設定に詳しくなればより楽しめる!

そんなわけで、今回は鬼と勇猛果敢に戦う鬼殺隊組織、その中でも「階級制度」について取り上げていきたい!

産屋敷さんを中心に鬼殺すマン集団の彼らは、階級によって分けられています。さらには、柱になるための条件などにも触れていきます。

階級とその読み方

鬼殺の刃はとにかく難しい漢字だらけ。主人公の竈門炭次郎からして漢字漢字してます(笑)。十二鬼月の名前にしても読むのが大変。

ルビないと読めないw

鬼殺隊の階級も同様にま~読めない。けど大丈夫です。ルビ付きで、鬼殺隊の各階級の名前をまずは紹介していきます。

鬼殺隊の階級制度
階級 読み方 補足
みずのと 入隊後の最初の階級
みずのえ
かのと
かのえ
つちのと
つちのえ
ひのと
ひのえ
きのと
きのえ 最強の階級、柱

鬼殺隊の階級は全部で十種類、入隊直後は癸(みずのと)、ここから経験を積むことで階級は上がっていき、最終階級の甲(きのえ)を目指していく。

階級の呼び名ですが、甲・乙・丙・・・とは、日本では古来から階級をあらわすために使われていた呼び名で、それが鬼殺隊に採用されたようです。

癸(みずのと)でも強いんだ!

癸は鬼殺隊の階級では一番低いものの、普通の人間と比べれば、呼吸法を会得した癸は十分強いと言えます。

そもそも、鬼殺隊は人知を超えた鬼を倒していくのが使命、そのため、鬼殺隊に入隊すること自体がそもそも狭き門なのだ。

まずは、厳しい鍛錬に耐え抜き、呼吸法を学んでいく。炭次郎は鱗滝さんの元での厳しい修行のすえに水の呼吸法を習得、入隊した。

育手(そだて)

鬼殺隊入隊希望者の育成にあたるもの。鱗滝もその一人。元水柱であり、炭次郎のほか富岡義勇も彼により育てられた

育手より一通りの育成が終ると、鬼殺隊になるための最終試験「最終選別」があり、これに合格しなければ鬼殺隊にはなれない。

最終選別では実際の鬼と戦うことになる。命を落とす者もおり命がけの試験。そんな厳しい試験をくぐり抜けてようやく鬼殺隊になれるのだ!

隊士の服装・武器

晴れて鬼殺隊に入隊すると、鬼を倒すために必要となる武器や服装などが支給されます。主な支給品は次の三つ。

支給品

  • 隊服(たいい)
  • 日輪刀(にちりんとう)
  • 鎹鴉(かすがいがらす)
善逸はスズメw

隊服は隊士の制服みたいなもの。階級による服装の違いといったものはないけど、キャラによってデザインが若干異なります。

とくべつな繊維で作られているため、下級鬼の攻撃であれば耐えるらるほどの強度を備えている代物。また、いろんな着こなしもしています。

多いのが羽織だね

炭次郎をはじめ柱メンバーは羽織を一枚着ていることが多い。また、宇随天元の隊服はタンクトップ型だったり、甘露寺蜜璃は胸はだけ+スカートだったり違いがある。

伊之助にいたってはそもそも上を着ていないw

鬼滅の刃 階級考察
出典:鬼滅の刃12 吾峠呼世晴 集英社

ちなみに隊服は縫製係が担当しているが、甘露寺の隊服を手がけたのは前田まさおというゲスメゲネ。甘露寺のセクシー隊服は前田の個人的趣味だw

スポンサーリンク

柱になるための条件

鬼殺隊の階級で一番高いのが甲(きのえ)です。ただ、鬼殺隊の最強軍団は柱と呼ぶ。けど階級には柱というクラスはありません。

柱の階級は甲(きのえ)だッ!

甲の中でもとくに実績を上げたものが柱になることができます。そのため、柱になるためにはまずは実績を積んで甲を目指す必要がある。

継手(つぐこ)

柱に認められた実力のある隊士のこと。次期柱候補として、現柱から直接指導を受けることができる!とはいえ継子も日々精進し甲を目指すことに変わりはない

柱になるための条件

なら、柱になるための条件は存在するのか。条件となるようなハッキリしたものは存在しませんが、目安みたいなものは作中にてワニ先生(作者)が言及しています。

柱になるための条件目安

  1. 甲であること
  2. 十二鬼月か鬼五十体倒す

柱になれる条件は一般隊士も知ってるみたいで、たとえば伊之助が上弦の弐との戦いで、「テメェを倒せばおれは柱だ!」なんてセリフもあった。

また、柱が死亡、戦闘不能などで空席があいてしまった場合、甲から次期柱は選ばれはするものの、実力が伴わなければ空席のままになる。

鬼殺隊(一般隊士)の実力者たち

柱の実力は鬼殺隊の中でも別格な存在なのは十分分かるけど、ならその他大勢の一般隊士の実力はどんなもんなのか、そこで、ここでは一般隊士にフォーカスしていきたい!

参考記事
鬼滅の刃 柱ランキング
【鬼滅の刃】柱メンバー最強議論!強さランキングを考えてみる

大正時代を舞台に鬼撲滅に命を燃やす鬼殺隊の活躍を描くバトル漫画「鬼滅の刃」、鬼殺隊の中でもとりわけ強いのが柱と呼ばれる精鋭。 柱は全部 ...

階級と実力

階級を上がるためには特別な試験を受けるといったものは存在しく、日々の鍛錬や鬼を倒していくことで自然と階級が上がっていくようです。

鬼滅の刃 階級考察
出典:鬼滅の刃9 吾峠呼世晴 集英社

自分の階級を知る方法として、伊之助がやってみせたように、まず「階級を示せ」と言葉に出して、そして拳を作るように強く握ると手の甲に今の階級が浮かび上がってくる。

どんな仕組み?

藤花彫り(とうかぼ・り)という特殊な技術により普段は見えないものの、必要な手順をふむことで浮かび上がり、鬼を倒していくことで浮かび上がる漢字も変化していく。

そのため、階級が上がるというのは鬼との戦い(あるいは過酷な修行)によって体の筋肉が変わり、それに反応して階級の漢字も変化していくっぽい。

実際、炭次郎は自分が今どの階級に属しているのか分かっていなかった。伊之助のツッコミによってようやく自分が「庚(かのえ)」であることを知ったほど。

伊之助の話によると、藤花彫りは最終選別があった藤の山にて手にちょこちょこされたと言っていた

柱以外はすぐに殺される現実

鬼殺隊に入隊した者は、最終選別を生き抜き、そして呼吸法も習得したものたちと言えます。一般人に比べればその実力は確かではあるものの、鬼に通用するかは別の話。

悲しい現実(涙

鬼滅の刃 階級考察
出典:鬼滅の刃6 吾峠呼世晴 集英社

そのため、ぶっちゃけて言うと鬼殺隊を支えているのは柱たち。日々鬼をバッタバッタと倒しているのは柱だけ、その他大勢は、鬼に戦いを挑むもののそのほとんどが返り討ち。

鬼殺隊になるために、過酷な修行を受け、さらに呼吸法で身体能力を強化してもなお、十二鬼月はおろか下級鬼すら倒せないのが鬼殺隊の内情なのだ!

有望な一般隊士考察w

そんな一般隊士の悲しい現実の中にあっても、隊士らはみな日々己を鍛え強くなるために精を出しています。たとえば柱稽古。

柱稽古は柱自ら指導者となり一般隊士を鍛えなおすという、それはそれは恐ろしく過酷な稽古。炭次郎たちも柱稽古に参加、次々にクリアしていった。

そして、最後に待ち受けていたのが岩柱・悲鳴嶼行冥(ぎょうめい)による柱稽古。そして!一般隊士の中にもここまでたどり着けたものがいたのだッ!

鬼滅の刃 階級考察
出典:鬼滅の刃16 吾峠呼世晴 集英社

村田さんを筆頭に、吉岡、長倉、島本、野口のモブ隊士5人。そのほかの隊士は、柱の過酷すぎる稽古にここまでたどり着けなかったようだ。

村田さん

存在感のあるモブキャラ。蜘蛛山で鬼に服を溶かされ裸の状態で助けられる。なにげに富岡と同期、今後の見せ場に期待!なお剣技の才能は微妙

ただ、村田さんたちは、柱稽古をクリアできずに断念してしまう。とはいえ、一般隊士の中で実力はともかく(笑)、根性があるヤツらなのは確か。

戦線離脱組は隠(かくし)へ

鬼殺隊に入隊したものの剣技の才に恵まれなかったものは、隠(カクシ)と呼ばれる戦いの後始末をする後始末処理部隊に配属することが多い。

隠もまた鬼殺隊の一員のため階級がある

戦線を離脱したことから階級は低めとは考察できるものの、みなが一番低い階級の癸(みずのと)というわけではないようだ。

階級ネタw

鬼殺隊には階級ネタというのが存在する。鬼側にしてみれば、柱以外は目くそ鼻くそ(言い方w)であるが、隊士同士は階級には意外とうるさい。

とくに、自分よりも下の階級へのあたりは強い。たとえば面識のない隊士にアゴで使われる村田が逆ギレする場面がある。

鬼滅の刃 階級考察
出典:鬼滅の刃17 吾峠呼世晴 集英社

階級による上下関係にうるさい?

こうした階級ネタは作中で何度か描かれいて、隊士にとって階級は上下関係を区別するための基準として意外と重要視されてるようなのだ。

炭次郎の階級考察

ここまで鬼殺隊の階級制度について話してきたわけだけど、ここで主人公の炭次郎の階級について少し考察してみたい。

炭次郎は次々と強敵を倒していますが、彼の階級は現在どのあたりにいるのか、ストーリーを追いながら確認していきます。

庚(かのえ)【~累あたり】

階級 読み方 補足
みずのと ←最初の階級
みずのえ
かのと
かのえ ←現在の階級

炭次郎の階級がはじめて明らかになったのは音柱・宇随天元との任務で、吉原に潜入捜査をしたときのこと。ここで伊之助から自分がいまいる階級の見方を教えてもらった。

このとき炭次郎の階級が庚(かのえ)だった

過去の実績を見ると、下弦の伍・累(るい)を倒した後での階級。さらには、胡蝶宅での機能回復訓練にて、全集中・常中も会得済み。

丙(ひのえ)【~半天狗あたり】

階級 読み方 補足
みずのと
みずのえ
かのと
かのえ
ひのえ ←現在の階級

現在分かっている最新の階級は「丙(ひのえ)」。これは作中というよりも公式ファンブックにおいて現在の階級が明記しています。

作中での階級明記はないんだよね

この時点で炭次郎は下弦の壱・魘夢(えんむ)、上弦の陸・妓夫太郎(ぎゅうたろう)・ 堕姫(だき)、そして上弦の肆・半天狗との交戦を経験。

経験値は十分ですが、それでも丙どまりとは意外。ちなみに、霞柱の時透無一郎がたった二ヶ月で柱になったことを考えると、彼がいかのバケモノであり天才であるかが分かる。

その後の炭次郎は、柱稽古によってさらなる身体向上に成功したことから、階級が上がっている可能性は高そう。

鬼滅の刃 階級考察まとめ

というわけで、ここまで鬼滅隊の階級について話してきました。

鬼滅隊に入隊するまでに修行、入隊してからも修行+鬼退治、そして甲、さらには柱になるべくさらなる過酷な修行を積み高みを目指していく。

すごい世界やね

ただ、それだけがんばっても鬼との戦いでほとんどの一般隊士は死亡。炭次郎や柱によって次々に倒されているけど、やっぱり鬼は普通に強い。

そんな中でも、村田さんのようなモブ隊士もなんとか、そして、しぶとく生き残っています。一般隊士代表としてがんばってほしいところw

オワリ



-鬼滅の刃

Copyright© アナブレ , 2020 All Rights Reserved.