鬼滅の刃

鬼滅の刃 200話 無惨に勝利!柱と炭次郎の生死を考える

鬼滅の刃200話ネタバレ考察

宿敵!無惨との戦いに勝利した、炭次郎をはじめとする柱、そして鬼殺隊。千年以上(平安時代)にわたる鬼との戦いもついに決着です。

おわったんだな...

しかし、安堵するには早い。

200話タイトル「勝利の代償」とあるように、無惨との激戦で犠牲になったものたちは、いったいどれだけいたのか。

無惨、陽光とともに塵と消える

鬼滅の刃200話ネタバレ感想
出典:鬼滅の刃200話 吾峠呼世晴 集英社

山の間から日が昇り、空に陽光が差してくる。炭次郎らによって無惨は逃げ場もなく、太陽の下にさらすことができた!

陽の光を浴びた無惨は、苦しみながら塵と化し消えていく。そして、どこからともなく聞こえてくる気殺隊の、

ヴォオオオ

という歓喜!!!

無惨を倒したことを実感し、互いに抱き合い涙を流す。無惨に勝利したうれしさと、多くの仲間を失った悲しさ、その感情はさまざま。

スポンサーリンク

気になるのは柱の生死

喜ぶのはまだ早い!隠(かくし)の一人が「終わりじゃないぞ!!」と気を引き締める。被害状況の確認と怪我人の手当に奔走する!

そして...

明らかになったのは、予想以上の被害状況。無惨と激戦を繰り広げた柱たちの安否は、死亡三名、生存四名、不明一名。

死亡した柱

死亡が確定した柱は三名。

  • 悲鳴嶼行冥【岩柱】
  • 伊黒小芭内【蛇柱】
  • 甘露寺蜜璃【恋柱】

悲鳴嶼さんの最期

悲鳴嶼さんの最期は優しい笑顔でした。先代お館様の囮作戦に涙ながらに承知し、この戦いでなんとしても無惨を倒すことを誓っていた。

心の臓が停止し脈が次第に弱くなってく、、、消えゆく意識の中で悲鳴嶼さんが見たものは、かつての教え子たちの姿。

子供たちが天国から迎えに来てきたのか、懐かしい顔ぶれに悲鳴嶼さんはいつの間にか笑顔になり、そして、安らかに眠った。

伊黒・甘露寺の最期

伊黒の腕の中で最期をとげた甘露寺、鬼滅隊に入ったのは婚活なんていってたけど、最後の最後で伊黒さんに告白します。

鬼滅の刃200話ネタバレ感想
出典:鬼滅の刃200話 吾峠呼世晴 集英社

甘露寺のたぺっぷりに伊黒は優しい目で見ててくれるところが好きだなんて、甘露寺らしい選び方。そして、甘露寺のそんな告白に伊黒も同じ気持ち。

124話の扉絵だね

伊黒が甘露寺を好きになったのは、いつも笑顔いで底抜けに明るいところ。厳しい鍛錬をくぐり抜けてきたにもかからず、それをお首にも出さない。

それが彼女を好きになったきっかけなんだとか。ただ、甘露寺の告白が「生まれ変わったら」と、現世では結ばれない悲しい告白でした(号泣

炭次郎の生死は

最後に描かれたのは、反応も意識もなく、うつむき動かない炭次郎の姿。右手には剣を握り、左手、そして左腕は肩からゴッソリと失っていた。

生死については現段階では不明

死亡したのか生存したのか。

冨岡は「また守れなかった」と、炭次郎を錆兎(あるいは姉)に重ねるセリフを吐いていた。つまり、炭次郎は死亡したの、、、か?

鬼滅の刃200話の深掘り考察

ここからは鬼滅の刃200話の気になるコマを考察していきます。

扉絵と炭次郎の生死

今回の鬼滅の刃は巻頭カラー。見開き2ページと豪華仕様になっていますが、気になるのが描かれていた人物の配置です。

鬼滅の刃200話ネタバレ感想
出典:鬼滅の刃200話 吾峠呼世晴 集英社

分かりやすいように炭次郎とねず子の間で赤線を引いてみます。右側に描かれているのは、今話で死亡が確定したキャラ。

一方、左側のねず子たちは、生存が確認されたキャラ。つまり、この扉絵の構図を根拠にするなら、炭次郎=死亡確定とも読み取れます。

しかしです!

赤線を中心に左右を見比べると、ちょうどキャラたちが対象に配置されており、その中心には炭次郎とねず子が見つめ合っています。

意味深と言えば意味深

200話で、ねず子が炭次郎の元に駆けつけていましたが、仮に炭次郎の生存の可能性があるなら、扉絵から考えてもねず子がカギを握っていそうです。

甘露寺の伊黒への想い(キュン度)

食欲と恋愛に燃える甘露寺はキュン度によっていろんなものに好意を寄せていました。個人的に注目してたのがハートマーク。

鬼滅の刃 甘露寺蜜璃
出典:鬼滅の刃6巻 吾峠呼世晴 集英社

このハートです

甘露寺が出すハートの数でこれまで一番多かったのは先代お館様へのハート三つ、あと、柱稽古で炭次郎に対して、これまたハート三つ。

鬼滅の刃200話ネタバレ感想
出典:鬼滅の刃200話 吾峠呼世晴 集英社

ただ、最終決戦で甘露寺の元にかけつけた伊黒さんにハート四つの最高記録をたたき出していた。今回の告白、やっぱり本命は伊黒さんだなと。

無惨の最期

SNSで感想をざーっとみると、無惨の最期アッサリだったね的なツイートが多かった。多分この理由は無惨の最期にあるのかもしれない。

そもそも、無惨戦はしぶと過ぎた。198話での甘露寺の「いい加減にしてよぉ!」は読者全員の気持ちを代弁するセリフだったw

なら、無惨の最期がアッサリと思う理由はなんなのか、恐らくは、鬼滅の刃恒例の死に際の回想が描かれていなかったからだと思う。

今のところ無惨だけなんだよね、回想シーンないのは。自爆を決意した先代お館様も回想シーンはちゃんと描かれていた、これはなにを意味するのか。

先代お館様の回想シーン同様、改めて別の話で描かれる可能性が一番高そうだけど、無惨がまだ死んでない可能性も残ってる?

鬼滅の刃200話みんなの感想・考察

SNSの200話に関する意見・考察を紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

タイツマン!

扉絵

あっさり?

回想がなかったのは思った

200話まとめ感想&201話展開予想

鬼滅の刃200話まとめ

  • 無惨、陽光浴び塵と化す
  • 隠による負傷者の救護急ぐ
  • 悲鳴嶼、伊黒、甘露寺死亡
  • 炭次郎の生死は不明
  • ねず子がカギを握る?

無惨に勝利したのは喜ばしいものの、柱の被害が思いのほか甚大です。そして、炭次郎の生死に関しては言葉を濁してる感じはあるのかなと。

冨岡さんの反応からして、断定とは言えずとも三途の川を泳いで、あと少しで向こう岸へ行きそうな状態には思えます。

なら生存の可能性はないのか、その鍵を握るのはねず子なのでしょうか。でも、すでに人間に戻ってるし、死亡の可能性も否定できず。

つづく

鬼滅の刃連載
ジャンプ18号 ジャンプ19号 ジャンプ20号
200話 201話 202話
ジャンプ21.22号  ジャンプ23号 ジャンプ24号
203話  204話  最終回
鬼滅の刃 主要キャラ考察
鬼滅の刃 煉獄 鬼滅の刃 甘露寺蜜璃 冨岡義勇
煉獄杏寿郎 甘露寺蜜璃 冨岡義勇
鬼滅の刃 カナヲ 鬼滅の刃 お館様考察 鬼滅の刃 無惨考察
カナヲ お館様 鬼無辻無惨
鬼滅の刃 時透無一郎    
時透無一郎    
柱最強ランキング
鬼滅の刃 柱ランキング
【鬼滅の刃】柱メンバー最強議論!強さランキングを考えてみる

大正時代を舞台に鬼殲滅に命を燃やす鬼殺隊の活躍を描くバトル漫画「鬼滅の刃」、鬼殺隊の中でもとりわけ強いのが柱と呼ばれる精鋭。 ...



-鬼滅の刃

© 2020 アナブレ