黙示録の四騎士

黙示録の四騎士151話ネタバレ感想 覚醒と復活

黙示録の四騎士151話ネタバレ感想

ナシエンスとキングの合技による霊槍攻撃が、白い騎士ウォーラルダンを直撃!強敵を倒すことができた前回。

中の人
そして今話は

151話では、勝利ムードが漂うなかで状況が一変します。そして、ナシエンスが恋焦がれていた人物が現れる!?

ナシエンスの特別薬

白い騎士ウォーラルダンを倒し、治療にあたるナシエンス。見事な処置により、幸いにして犠牲者は一人も出なかった。

処置の要はナシエンスの特別薬「パーシバル」にあった。死の病巣を破壊し、欠損した隊組織をも再生させるのだ。

ナシエンスの特別薬「パーシバル」
出典:黙示録の四騎士151話 鈴木央 講談社

腹部に穴があいていたジクタスも、特別薬のおかげで、傷口を一瞬で修復してしまう凄い効果を発揮するのだった。

発作で苦しんでいたマートルもナシエンスの治療のおかげで治癒されたのです
中の人
この場面のポイント

特別薬「パーシバル」

今回ナシエンスが使用した治療薬はパーシバルという薬名でした。薬名からしても特別な薬なんだろうと推測。

中の人
それかパーシバルから作った薬とかかも?

その効果は凄まじく、死の病巣を破壊し体組織を再生させます。一方で、治療に伴う痛みは相当なものだといいます。主に重症患者用。

スポンサーリンク

次代の妖精王

治療も一通り終わり、白い騎士ウォーラルダンとの戦いでみせた、ナシエンスの霊槍操作について核心に迫ります。

霊槍を操ることができた、つまり、ナシエンスは次代の妖精王として、神樹に選ばれたことを意味するわけです!

霊槍は神樹で創られた武器であり代々妖精王が使用してきた
中の人

そして、キングとディアンヌの子どもであることも確定。だけど、家族はあくまでオルドとドロレスと口にするナシエンスがいた。

この場面のポイント

ドロレスとディアンヌ

一つ気になるのがドロレスとディアンヌの関係。ドロレスは巨人族で、幼少期のディアンヌとは仲良しの友達。

ところが、用心棒の仕事で死亡したと聞かされています。ナシエンスの口からドロレスが登場したことで再開もありえる?

ナシエンスの育ての親について知りたいのは両親なら当然。その中で、巨人族のドロレスが話題になる可能性はありそう。

復活のパーシバル

和やかな雰囲気のなかで状況は一変します。瀕死状態のウォーラルダンが、いにしえの秘薬を使用し復活してしまいます。

不意を突かれたナシエンスは、攻撃を受け瀕死状態に。家族たちも反撃にでるものの、歯が立たず一蹴されてしまう。

命の炎が消えかけるなかナシエンスの前に、切望していたパーシバルが姿を現し、ナシエンスを守るのだった!!

この場面のポイント

ナシエンスの傷後

ラストコマを確認すると、ナシエンスの傷口が完全に塞がっていまよね。恐らくパーシバルにより治療されたっぽい。

中の人
となると他の家族たちも無事なはずです

黙示録の四騎士151話まとめ&152話予想

黙示録の四騎士151話ポイント
  • ナシエンスの特別薬で犠牲ゼロ
  • ウォーラルダン復活し強襲
  • パーシバル復活!!

パーシバルの見た目が、失踪前よりも背丈が伸びているだけでなく、口調もなんだか大人っぽくなっていましたよね。

少年というよりも青年といった印象でした
中の人

残るは、しぶといウォーラルダンを倒すだけ!そしてパーシバル復活で、ストーリーが加速していきそうな予感。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話 151話 152話
153話  
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士