黙示録の四騎士

黙示録の四騎士153話ネタバレ感想 パーシバルが目覚めた理由

黙示録の四騎士153話ネタバレ感想

白い騎士ウォーラルダンをサクッと倒した前回。復活したパーシバルは、依然とは比べものにならないほどの実力でした。

中の人
そして今話は

153話では、キング一家との別れの挨拶が描かれます。そして、パーシバルが目覚めたことで、新たな冒険がはじまる!!

パーシバルの目覚めた理由

今度こそ白い騎士ウォーラルダンを倒し、脅威が去ったことで、一番気になっていた、なぜパーシバルは復活したのかの話題へ。

二年以上にわたり、献身的な介抱をしてきたナシエンスをもってしても、目を覚ますことがなかったパーシバル。

だが、目覚めさせる方法は意外と簡単でした。仲間が「命の危機に瀕した」ことで、パーシバルは目を覚ましたという。

この場面のポイント

仲間の命の危機

パーシバルが目覚める唯一の方法は、仲間のピンチでした。今回の場合、ナシエンスが心臓を貫かれ瀕死状態でした。

文字通り「命の危機」、つまり生死にかかわるような状況に仲間が陥ったとき、パーシバルは目覚まし助けるということらしい。

ちなみにパーシバルが眠っている間のナシエンスの献身的介抱は覚えていたみたい
中の人
スポンサーリンク

キングからの贈り物

霊槍の欠片
出典:黙示録の四騎士153話 鈴木央 講談社

神樹に選ばれたナシエンスに、キングは自身の霊槍の欠片をペンダント風にして、我が息子にプレゼントします。

霊槍を使いこなせるナシエンスなら、意志に欠片が呼応し、様々な形状に形を変えて、力を貸してくれるといいます。

そして、いつか妖精王四代目を継ぐ日が来たら、霊槍を渡そうと言うキングだが、ナシエンスはきっぱりと断るのだったw

この場面のポイント

ナシエンスは次代妖精王?

今のところ、次代の妖精王を継ぐ考えはないというナシエンス。将来は、義父を越える薬師になることらしいです。

もちろん、キングとディアンヌを両親と認めていないわけではなく、妖精王になることに全く興味がない様子。

中の人
ということはアーサー王との戦いが終わっても妖精王の森には戻ってこない?

今のところそんな雰囲気。「ぼくの故郷はあくまでブリタニア」とハッキリいってたことからも、実の家族とは暮さないのかな。

新たなる冒険!

パーシバルが目覚めたことで、妖精王の森に留まる理由はなくなった。ここから新たな冒険の旅がはじまります!

ナシエンスは別れぎわに、キングとディアンヌにお父さん、お母さんと言ってあげるのだった(涙

挨拶を終え旅立ちの時。まずはドニーとアンとの合流を目指します。そして、今度こそアーサー王を倒すため、ブリタニアを救うため戦う!

黙示録の四騎士153話まとめ&154話予想

黙示録の四騎士152話ポイント
  • 霊槍の欠片をもらうナシエンス
  • 次代妖精王になることは拒否
  • 旅立つパーシバルたち!

まずは永遠の王国への侵入。入る方法はすでに見つかっているので問題ない。ただ、すぐにアーサー王と対決とはならないはず。

中の人
トリスタンの居場所が不明なんですよね

137話で、トリスタンが現在行方不明にあることが明かされましたよね。このとき、「アンヌヴンの大釜」が怪しいと睨んでいた。

トリスタンの行方
出典:黙示録の四騎士137話 鈴木央 講談社

この場所にトリスタンが居るかは不明ながら、アンヌブンの大釜編が今後ははじまりそうな予感がしますね。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話 151話 152話
153話 154話 155話
156話 157話 
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士