黙示録の四騎士

黙示録の四騎士82話ネタバレ感想 パーシバルとの旅もこれで終わり?

黙示録の四騎士82話ネタバレ感想

アーサー王との激戦も終わり、ひと時の休息を過ごすパーシバル隊。実力不足を痛感するパーシバルの姿も描かれていた前回。

中の人
そして今話は

82話では、前回に引き続き、まったり回になるんですが、どこか不安なパーシバル隊の姿が気になるところです。

[toc]

アンの休日

早起きしたアンは、リオネス城下町を散策中。偶然にも、イゾルデちゃんの早朝稽古に遭遇し、声をかけることにした。

イゾルデは、いまだパーシバルにされたことを恨んでいるようで、操(みさお)を奪われたことを思い出し、涙する姿も。

そんなイゾルデに、アンは操を奪われる本当の意味を伝え誤解を解いた。友情を深めた二人だが、アンはどこか悲しい表情を浮かべていた。

イゾルデの操喪失事件の真相w

イゾルデの羞恥
出典:黙示録の四騎士82話 鈴木央 講談社

今回イゾルデが話していた操喪失事件の真相は、パーシバルがイゾルデのスカートの中に、偶然顔が入ってしまった事件だ。

恋愛経験の乏しいイゾルデにとって、あのときの体験が「操を奪われた」ことだと、勘違いし続けていたみたいだ。

スポンサーリンク

ナシエンスの休日

ナシエンスは、ヘンドリクセンのお店・施薬院でお手伝い中。メラガラン戦で披露した魔力「調毒」が評価されたようだ。

ナシエンスの魔力

ナシエンスの魔力「調毒(ミクスベノム)は自身の体内に摂取した毒の生成・中和・合成することが可能。解毒薬も作れる

貴重な素材に興奮中のナシエンス。思わず口から血液がタラタラ、ナシエンスのクセを知らないヘンドリクセンが、心配する場面もw

さらに、ここで働いてみないかと誘ってくれた!嬉しい気持ちはもちろんだけど、パーシバルとの旅の終わりを意味している。

ドニーの休日

ドニーは、近くに住んでいる祖父母に会いにいっていた。ハウザーの甥っ子の彼は、リオネス王国に親戚がいるのも納得だ。

祖父母の家から帰る途中、聖騎士キオンとジェイドに偶然会ってしまい、ハウザーの甥っ子であることがバレてしまう。

聖騎士の修行に耐えかね、一ヶ月で逃げだした過去を取り上げ馬鹿にする二人。険悪な雰囲気になったとき、ギルサンダーが止めにはいった。

どうやら、ドニーに伝言を伝えにきたようだ。それによれば、メリオダス国王がパーシバル隊と会いたいというのだ。

メリオダスとの謁見

メリオダスに呼ばれた理由としては、パーシバルの新たな旅立ち(キャメロット)に関して、なんらかの話があると思ってます。

ヘンドリクセンのセリフ
出典:黙示録の四騎士82話 鈴木央 講談社

ヘンドリクセンが言っていたように、パーシバルには「黙示録の四騎士としての使命がある」として選ばれた存在。

仮に、アンたちがこれからも同行するにしても、聖騎士ではないため、厳しい言い方をすれば、足手まといになりかねない。

聖騎士じゃないのが問題ではなく、力不足なのが問題。段違いの危険が伴う旅路に、アンたちが同行できるのかは難しいところ。

黙示録の四騎士82話まとめ&83話予想

黙示録の四騎士82話ポイント
  • パーシバル隊のそれぞれの休日描く
  • メリオダスの呼ばれたパーシバル隊
  • パーシバル隊の旅ももう終わり?

これまでパーシバルと旅を続けてきた、アン、ナシエンス、ドニーの三人は、いずれも聖騎士ではないんですよね。

パーシバル隊の今後の活躍も引き続き描いてほしいところだけど、新しい展開がはじまりそうな予感がするかな。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話 151話 152話
153話  
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士