黙示録の四騎士

黙示録の四騎士86話ネタバレ感想 新たな旅路前の準備と恋の予感?

黙示録の四騎士86話ネタバレ感想

キャメロットにいく手段を失った予言の騎士たちだったが、パーシバルの提案で旅する中で手がかりを探していくことが決まった!

中の人
そして今話は

86話では、新たな旅路に向けての準備回。パーシバル隊やトリスタン隊の様子などが描かれることになります。

パーシバル隊

新たな冒険に向けて、メリオダス国王が装備品を用意してくれることになり、それまでリオネスに留まることになったパーシバルたち。

ドニーは親戚の家へ、ナシエンスはヘンドリクセンの施薬院へと足を運び、それぞれ出発前の時間を過ごしていた。

一方、アンはパーシバルと世間話中。聖騎士昇格を父親に伝えるべきか悩み中、目的を果たし、家に戻るよう言われるのが怖いようだ。

スポンサーリンク

甘えん坊パーシバル

話題はかわり、メリオダス国王が魔神族だと知って複雑なアン。人間族の味方とは分かっていても、ショックだという。

そんなとき、「じゃあ僕が人間じゃなかった嫌いになる?」と言うパーシバルには、アンは「あなたはあなたよ」と即断!

そんなアンの態度に「アン大好き」と抱きついた!だが、パーシバルの大胆な行動に、女の子に変なことしちゃダメと怒るアンであったw

パーシバルは何族?

パーシバルの種族問題
出典:黙示録の四騎士86話 鈴木央 講談社

パーシバルの種族については、いまだに謎が隠されていそうです。恐らく純粋な人間族ではない可能性はありそう。

キャメロットに侵入できる種族が、人間族以外だけでなく混血も可能ってところも、なんだか伏線っぽいんですよね。

魔神族の言葉を理解できる姿をみてると、魔神族の血が混じっている可能性もありそうなんだけど、どうなんだろうか。

恋の予感!!?

ナシエンスの気持ち
出典:黙示録の四騎士86話 鈴木央 講談社

アンとメリオダスが抱き合う現場を、偶然にも目的してしまったナシエンス。この行動を意味するところは一体?

ナシエンスには「女の子説」が濃厚だけど、あの反応かすると、パーシバルのことを、まさか・・・

トリスタン隊

一方、トリスタンとイゾルデが二人っきりでお散歩中。イゾルデは、トリスタンが無茶したことに激怒中の様子!

魔神化から戻れなかったどうするんですか!とたしなめ、トリスタン隊は、貴方様をお守りするためにありますと、厳しく追及。

トリスタンは素直に謝るも、トリスタン隊は仲間!そこに上下関係はないといい、七つの大罪のような関係でいたいと自分の考えを伝えた。

そして、イゾルデにリボンをプレゼント。先の戦いで失ったリボンの代わりだ。その優しさに、ますます好きになるイゾルデであった。

黙示録の四騎士86話まとめ&87話予想

黙示録の四騎士86話ポイント
  • 新しい冒険前の準備回
  • パーシバルとアンのイチャイチャ回
  • イゾルデはやっぱりトリスタンが好き
  • ランスロットとギネヴィアの関係

ランスロットにも女の子の影が。ギネヴィアちゃんです。ランスロットの探し人の居場所を言い当てた人物です。

ランスロットの恋人を宣言する彼女の正体は、未だ不明のままです。次回彼女の正体が明らかになるのでしょうか?

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
87話
黙示録の四騎士10巻(予定)
78話79話80話
81話 82話 83話
84話 85話 86話
単行本最新話
黙示録の四騎士9巻
69話70話71話
72話 73話74話 
75話 76話 77話
黙示録の四騎士8巻
60話61話62話
63話64話65話
66話67話68話
スポンサーリンク