H×H

ハンターハンターのトラウマ・グロシーンまとめ【画像アリ】

ハンターハンターグロシーンまとめ

少年ジャンプで連載中のハンターハンター、作者の冨樫先生は部類のホラー映画好きとしても有名。それゆえか、グロい描写はかかせない。

幽白のラスト(原作)で飛影が躯に渡したプレゼントは、今でも鮮明に覚えてます。つまり、ぼくのトラウマシーンですw

ハンターハンターでも、数多くのグロシーンが描かれてます!そこで、暗黒大陸編までのトラウマシーンを紹介していきます。

中の人
忠告!途中で気分が悪くなっても当サイトでは一切責任は持ちませんのであしからず

ハンター試験編

ハンター試験編では、なんといってもヒソカの不気味な存在感。そして、キルアの残忍な殺害シーンなど、トラウマには困らない。

ジョネスの心臓とキルアの笑顔

ハンターハンター トラウマシーン
出典:HUNTER×HUNTER3 冨樫義博 集英社

第三次試験での、キルアとジョネスによるバトルシーン。このとき、キルアはジョネスの心臓を鮮やかにえぐって見せた。

ドクドクといまだ動く心臓、時間差でジョネスが心臓がないことに気づいていく表情の変化は、背筋がゾクゾクッっとした場面。

中の人
この後キルアは笑顔を見せながら心臓をグシャリと握りつぶすんですよね!

ヒソカの興奮

ハンターハンター トラウマシーン
出典:HUNTER×HUNTER4 冨樫義博 集英社

作中ではヒソカが興奮するシーンが度々描かれていますが、その中でも、ハンター試験で見せたヒソカの興奮シーンは別格でした!

興奮を抑えられないヒソカが、獲物を探して森をさまよう場面はトラウマ級に怖かった。夢に出たら絶対ちびるレベル。

スポンサーリンク

ヨークシンシティ編

ヨークシンシティ編では幻影旅団や陰獣(いんじゅう)が登場した回でした。個人的に陰獣の不気味なキャラデザはインパクトがあった。

ウボォーギンvs陰獣(いんじゅう)

ハンターハンター トラウマシーン
出典:HUNTER×HUNTER9 冨樫義博 集英社

ウボォーギンとの戦いで見せた陰獣・蛭の攻撃シーンはトラウマ級に気持ち悪かった。自身の体内に飼っているヒルを使った攻撃。

大量のヒルをウボーギンの体内へと送り込んでいく蛭。うじゃうじゃいる様子を想像しただけで、もうアウトです。

このほか、ウォーギンのパンチにより、蚯蚓(みみず)の顔面がグチャグチャに飛散する描写もグロかった。

単行本9巻にて収録されていたシーンです
中の人

グリードアイランド編

グリードアイランド編ではビスケやゲンスルーが登場。ゴンたちに立ちはだかるゲンスルーの外道キャラが際立っていました。

カウントダウンの一斉爆発

ゲンスルーの命の音(カウントダウン)により、体に爆弾を仕掛けられたハメ組の一斉爆発はかなりのトラウマものでした。

中の人
爆発させた後、ゲンスルーが爆笑していたのも印象的

画像は自粛。複数のキャラが爆発によりグチャグチャ。よく見ると、目ん玉が飛び出てたり、腹から臓物が出たりと、想像以上にグロい。

ゴンの左手がイモになる

ハンターハンター トラウマシーン
出典:HUNTER×HUNTER18 冨樫義博 集英社

ゲンスルー戦でのゴンの捨て身攻撃。攻撃を当てるがためだけに、両手を犠牲にするという無謀な戦略を思いついた場面。

ゴンが見せる狂気さは、キメラアント編でのゴンさんになる伏線とも考察できますが、このコマもそんなゴンの狂気さを描いていた。

中の人
左手を失いイモのような形状になってる...普通にグロい

キメラアント編

キメラアント編では、メルエムとネテロの死闘、カイトとピトー、そしてゴンとの関係と、トラウマ描写は一段と多くなっていく。

人間肉団子

ハンターハンター トラウマシーン
出典:HUNTER×HUNTER19 冨樫義博 集英社

女王蟻の食事として用意された人間肉団子。一見するとそれほどのコマではないと思いきや、よく見れば、目玉や体毛がびっしり!

人間肉団子は、人間を細かく切り刻み団子状にしたもの。しかも、生きたまま人肉は裂かれる。もうこれはスプラッター。

積み上げられた肉団子の後ろでは、女王がグチャグチャと音を立てながら食事中。想像するほどに吐き気がするトラウマシーン。

ポックル「あっあっあっ」

ハンターハンター トラウマシーン
出典:HUNTER×HUNTER19 冨樫義博 集英社

有名なトラウマシーン。ポックルの脳ミソくちゅくちゅシーン。ポックルといえば、ハンター試験編で登場した古参キャラ。

同じくポックルと同行していたポンズも兵隊蟻に瞬殺されてしまう
中の人

ポンズの殺害をトラウマシーンとして上げる人も多いはず。一通りの情報を聞き出し用済みになったポックルは、その場でサクッとヤられた。

コチラの記事もどうぞ
ハンターハンター ポックル
ハンターハンター 生前のポックルを偲ぶ

ポックル幻獣ハンターを夢見た青年が、キメラアントの手によって無残な死を遂げる。哀れな最期だったものの、ポンズとの出会いから、 ...

カイトの死

ハンターハンター トラウマシーン
出典:HUNTER×HUNTER19 冨樫義博 集英社

ピトーによって殺されたカイトが、人形として再登場する場面。このときのカイトの表情と、ゴンとの悲しい再会には涙した(悲。

人形カイトは、兵隊蟻の訓練に利用され体は傷だらけ。カイトは、ゴンがハンターの道にすすむきっかけを与えてくれたキャラでした。

主要キャラであっても容赦しない作者。このときゴンの感情の動きも恐怖を感じた。ゴンは全然立ち直っていなかったんだよな。

コチラの記事もどうぞ
ハンターハンター カイト考察
【ハンター ハンター】カイト徹底考察!能力や転生を考える

ハンターハンターの中でも主要なキャラ、そして今でもなお人気キャラのカイト。特にゴンとの関係性は印象深かった。 思えばゴンとカ ...

王位継承戦・暗黒大陸編

ツェリによる拷問シーン

執事の拷問
出典:HUNTER×HUNTER37 冨樫義博 集英社

第四王子ツェリードニヒは、裏切り者は絶対に許さない男。裏切り者をみけたものなら、王子自らが拷問をするサディストだ。

この場面は、執事の裏切りが発覚し、拷問しおわったコマ。拷問シーンを詳細に描かず、拷問があったことを匂わせる。

部分的な場面だけ(拷問器具)を見せることで、どんな拷問をしたのかは読者の想像に委ねる、残虐さは無限に広がります。

テータの暗殺未遂

テータの殺害未遂
出典:HUNTER×HUNTER37 冨樫義博 集英社

王子の念能力会得に脅威を感じたテータは、ツェリ暗殺を実行するも未遂に終わり、ツェリや念獣にも目をつけられている状況だ。

一度目はなぜか許されたようだが、裏切り者は絶対に許さないツェリが今度どんな行動にでるのか、想像しただけでも怖い。

さらに念獣には確実にマークされており、今後の言動によっては、死以上の過酷な運命が待ち受けているのだ!

念獣がテータの顔をジーっと見つめる場面は怖すぎ
中の人

ツェリード二ヒ登場でグロ要素量産?

暗黒大陸編ではツェリードニヒの鬼畜さが際立ちますね。女性の皮を剥ぐシーンや、拷問シーンなど数々の胸クソシーンが登場。

中の人
想像しただけでも怖すぎるゾ!

さらには、緋の目の収集、ツェリの守護霊獣にクラピカのかつての親友と思しきパイロが?なんて考察も浮上しています。

ハンターハンタートラウマシーンまとめ

ここまで、ハンターハンターのトラウマシーンを紹介してきました。トラウマシーンは読み手によって違ってきます。

たとえば、ハンター試験編のトリックタワーで登場した人面鳥。クライミングで降りようとする選手を襲うコマは恐怖だったのを覚えてますw

ネテロ会長のラストで見せた不気味な笑みに、恐怖に感じた人もいるはず。そんなわけで、今後もトラウマシーンに期待していきたい!

スポンサーリンク
連載最新話
ハンター×ハンター
王位継承戦編連載再開!旅団の過去が明らかに!
391話392話393話
394話 395話 396話
397話 398話 399話
400話  
単行本最新巻
ハンター×ハンター37巻
381話382話383話
384話385話386話
387話388話389話
390話  
ハンター×ハンター36巻
371話372話373話
374話375話376話
377話378話379話
380話
電子書籍版購入情報
スポンサーリンク