呪術廻戦

呪術廻戦キャラ考察!伏黒恵(めぐみ)の術式、父親や五条との関係まとめ

呪術廻戦 伏黒恵キャラ分析

呪術廻戦の主要キャラの伏黒恵(めぐみ)。女の子のような名前は父親である伏黒甚爾(とうじ、以下パパ黒)が付けたんだとか。

恵を産んでまもなくして母親が死亡、これを機にパパ黒はやさぐれ息子を捨てた。恵の幼少期は一般的な家庭とは程遠い人生を送ることになる。

もともとクソみたいな父親ではあったが、甚爾もまた不遇な人生を送ってきたキャラ

そんな伏黒がどうやって術師の道へと足を踏み入れたのか、彼の強さはもちろん、生い立ちや恵の周囲にいる人間関係にも触れていくつもり。

伏黒恵のプロフィール

学 年 呪術高専1年生
身 長 175センチくらい(成長中)
術 式 十種影法術
このみ 揺るがない人間性がある女性
好 物 生姜にあうもの
苦 手 パプリカ

伏黒恵はある意味、術師になるべくして生まれた人間。御三家の一つ禪院家(ぜんいんけ)の血筋を持つ父親に見捨てられたことからはじまる。

ただ、父親の甚爾(とうじ)が根っからのクズだったかと言えば議論の余地はある。それは、禪院家という特殊な家柄も大いに関係しているから。

少なくとも恵の伏黒ママ(名前不明)が生前中は甚爾も穏やか生活を送っていた。しかし、伏黒ママが死亡したことで再びやさぐれ新たな女に走った。

恵に影響を与えた姉・津美紀(つみき)

伏黒家の家系

新たな女(名前不明)の連れ子(父親不明)が伏黒津美紀。原因不明の呪いにかかり、意識不明の状態にある伏黒の義理の姉だ。

不平等な世界を憎む伏黒は、自分が善人だと思った人間を無条件に助ける思想を持つが、これは津美紀の影響が大きい。

恵曰く、津美紀は善人のかたまりのような人間だという。そんな人間がある日突然呪にかかり意識不明になってしまった。

術師になる宿命を強いられていた恵は、将来に不満を持っていたが、姉の一件で善人を助けるべく術師になる決意を固めた。

恵は善人は助けるが悪人は助けない(救う人間を選ぶ)

パパ黒(伏黒甚爾)との関係

パパ黒がやさぐれたのは、天与呪縛を授かり禪院家に生まれたのがすべてのはじまり。天与呪縛とは術式どころか呪力ゼロという特異体質の持ち主。

術師にとって致命的、しかも、術式至上主義の禪院家において呪力ゼロは正当な後継者候補といえども人間以下、人格などない。

周囲からの風当たりは想像を絶するほど酷かったはずで、パパ黒が術師殺しに闇落ちしたのも、彼の不運な境遇が関係していたことは確かだ。

もちろん、伏黒ママ死後、恵をあっさり捨てたのはクズでしかない。しかし、パパ黒が生粋の外道だったかと言えば疑問だ。

呪術廻戦113話 ネタバレ考察
出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社

五条過去編で五条に殺される直前にパパ黒の脳裏に浮かんだ妻と子供の姿。死に際にみたのが幸せだったあの頃、人の心はあった(と思いたい)。

パパ黒に捨てられた恵のその後

パパ黒は女と蒸発して恵を捨てた。このとき、女の連れ子が1歳年上の津美紀だった。両親に捨てられた二人のその後の人生とは。

伏黒家の家系

彼らに救いの手を差し伸べたのが五条悟でした。恵と悟は高専前からすでに出会たんです。五条が接触した理由は恵の術式。

禪院家にとって重要なのは術式。禪院家の血を受け継ぐ恵は十種影法術の使い手、禪院家にとってのどから手が出るほど欲しがる後継者です。

恵と悟の接触
出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社

パパ黒は息子の術式を交渉材料に、禪院家当主と内内に取引をして恵を多額の金額で売ろうとしていたんです。まさに外道です。

恵が禪院家に売られたら、そこに待ってるのは不幸しかない。悟が接触したのは、禪院家との間に入り、恵の人身売買を阻止するため。

そしてあっさり解決させた。さらに高専から金銭的援助も取り付けた。恵は五条をデリカシーのない奴と思っているが、(一応)恩人とも思ってる。

だが恵が中学まで術師嫌いだったのは五条悟の影響が強いw
スポンサーリンク

伏黒恵の天性の才能と実力

恵の才能は、高校生ですでに領域展開を使えることからも伺えます。というのも、術師界において領域展開ができるキャラは希少。

過去に登場した一級術師にしても、ナナミン、冥冥、禪院家当主・禪院直毘人(特別1級)でさえ領域展開は使っていなかった。

呪術廻戦 強さランキング
出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社

術師の等級は推薦制のため、政治的な駆け引きがあるとはいえ、一級術師は上から二番目に高い級、それでも領域展開が使えない術師のほうが多い。

領域展開は術式の最終奥義、恵は高校生にして会得した。その強さは、歴代十種影法術師の中でも最強レベルかもしれない。

宿儺も認める実力

恵の実力については宿儺も一目置いていた。虎杖の体を乗っ取り恵とのタイマン勝負をしたとき、恵のポテンシャルを見抜いていたのが宿儺。

八十八橋での特級戦で領域展開を繰り出し、恵の成長をみた宿儺は「それでいい」とうれしそに笑っていたのが印象的だった。

ただ、宿儺は恵を使って悪だくみを目論んでいる節があるため、恵がよくないことに巻き込まれる可能性をはらむ怖い伏線でもある。

伏黒恵の強さへの系譜

術式の天性の才能を持つ伏黒だけど、これまでのストーリーにおいて飛躍的に実力が向上するターニングポイントが存在した。

十種影法術のデメリットを克服

十種影法術は影を媒介に式神を呼び寄せる術式、影を作る際に両手を必要とする。そのため、戦闘時に武器が持てないデメリットがあった。

だが、あるとき自身の術式の「あることに」気にづく。これがヒントとなり、それ以降武器を持って戦う恵の姿が主流になっていく。

呪術廻戦 恵の覚醒
出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社

影の中に潜れる・・・だと!?

影に潜れることを発見したことで、この中に武器を収納できることに気づいた。自由自在に武器を収納できることで攻撃の幅が広がった。

死亡フラグから領域展開会得へ

恵が領域展開を使えるようになったのは五条によるあるアドバイスからでした。これがキッカケでとなりさらなる強さを得ることに成功する。

恵は2巻で伏線として登場した「奥の手」によくも悪くも頼っていた。自分の命を代償にすればなんとかなる、それが恵の考え方。

そんなメンヘラ的な主要キャラの考えを修正したのが五条先生、そして、五条のアドバイスにより領域展開を会得するきっかけにもなった。

呪術廻戦 恵の覚醒
出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社

「死んで勝つ」と「死んでも勝つ」は違う

八十八橋での特級との単独バトルでは、勝ち目のない相手に、恵は奥の手以外の選択肢を模索し、死線の中で領域展開を発動してみせた。

伏黒恵の術式考察

ここからは、恵が使用する術式の数々を考えていきます。十種影法術や領域展開など、それらの特徴をまとめます。

十種影法術(とくさのかげほうじゅつ)

十種とあるように、十種類の式神を操れると思いきや、独自の式神を生み出すことも可能。実際、恵はオリジナル式神を生み出している。

また、これまで登場した式神が十種に満たないのも理由がある。実は、式神を操るためには「調伏」という儀式を成功させる必要があるのだ。

呪術廻戦117話考察
出典:呪術廻戦6巻 芥見下々 集英社

象型の式神「満象」を呼び出したときに、伏黒が言っていたのがまさにそれ。調伏とは「調伏の儀式」により操りたい式神を呼び出し、力で服従させる必要がある。

式神を従わせることができて晴れて自由に操れるようになる。恵がこれまで重複に成功させた式神は六体(12巻現在)を数える。

式神一覧

玉犬(ぎょくけん)(白・黒⇒渾)

犬型の式神で玉犬・白と玉犬・黒がある。このうち玉犬・白は、過去の戦いにて破壊されたため呼び出すことができない。

十種影法術では、完全に破壊されてしまった式神は二度と呼び出すことができないというルールが存在する。

これまで破壊された式神
  • 玉犬・白
  • 大蛇

呪術廻戦 伏黒の式神
出典:呪術廻戦6巻 芥見下々 集英社

ただし、破壊された式神の術式と力は他の式神に引き継がれる。玉犬・白の意思は玉犬・黒へと受け継がれ、玉犬・渾(こん)へとパワーアップした。

鵺(ぬえ)

仮面をつけた巨大怪鳥型の式神。飛行することができ、人間を背中に乗せて移動手段として利用することも可能なようだ。

体は帯電しており、突進攻撃の際には敵が痺れる描写もある。攻防、移動手段とバラエティ豊かな行動を可能にしている。

大蛇(おろち)

死亡

序盤において宿儺との戦いで破壊されてしまった蛇型の式神。成人男性をまるまる飲み込めるほどの口を持ち、敵をかみ砕く攻撃を見せていた。

また、敵に巻き付いて行動不能にすることもできる可能性はあるものの、作中ではその前に破壊されてしまった。

蝦蟇(がま)

7話にて登場した人間大サイズの巨大カエル型の式神。160センチの野薔薇を飲み込めるほどのサイズ感。鳴き声は「ゲロンチョ」。

伸伸縮自在の舌で攻防両方が可能。敵の体を絡めとったり、逆に味方の体を絡めとり安全な場所へと誘導するなどの使い方がある。

不知井底(せいていしらず)【特殊】

不知井底は本来、十種影法術には存在しない式神。恵がオリジナルで考案した式神のため、ほかの式神とは少し異なる点がある。

完全に破壊されても何度でも呼び出せる。ただし、不知井底を作る上で素材となった「蝦蟇」と「鵺」のどちらかが破壊されると呼び出せなくなる。

容姿はカエルに羽が生えた式神で、拡張術式と呼ばれる術式により生まれた式神。恵が使う十種影法術で呼び出せる式神は理論上11種になる。

満象(ばんしょう)

6巻で登場した象型の式神。伏黒は戦い方において複数体の式神を出して戦っているが、満象は呪力を相当使用することから単体でしか呼べない。

渋谷事変での粟坂(あわさか)戦においても、脱兎解除⇒満象呼び出しと、漫象を使うときは必ず単体で呼び出しているのが分かる。

鼻から大量の水を噴射することができるほか、象型の式神の名に相応しく、その巨体を活かした突進攻撃などもある。

脱兎(だっと)

兎型の式神。攻撃力はほとんどないが、一度に何百体もの式神を出すことができる。主に、戦闘離脱時の目くらましや相手の追撃妨害として使われる。

式神一覧
十種影法術
①玉犬(ぎょくけん) ⑥脱兎(だっと)
②蝦蟇(がま) ⑦-
③大蛇(おろち) ⑧-
④鵺(ぬえ) ⑨-
⑤満象(ばんしょう) ⑩-
【特殊】不知井底(せいていしらず)

伏黒恵の「奥の手」

十種の式神、そのすべてが明らかになったわけではないですが、恵曰く「奥の手」と呼ばれる異質な式神がいる可能性を匂わせいています。

呪術廻戦116話考察
出典:呪術廻戦6巻 芥見下々 集英社

2巻での宿儺との戦いで、窮地に追い込まれた恵は「ふるべ・・・」と唱え、己の命を捨てる覚悟でなにかを呼び出そうとしていた。

宿儺が恵を意識するきっかけになった出来事、恵が隠し持っている奥義となにか、単行本ではまだこの伏線は明らかになっていません。

領域展開「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」

八十八橋での特級とのタイマン勝負に挑んた恵、このときはじめて領域展開を繰り出していました。不安定な領域ながらも倒すことに成功。

伏黒の領域展開
出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社

嵌合暗翳庭

影が無尽蔵に湧き出るような領域で、式神を無尽蔵に生み出すことができるようだ。さらに、自身の分身も作ることもできるようだ。

領域内では同種の式神が複数体生み出すことができるが、呪力とのバランスからか鵺や蝦蟇などが比較的多くいるように思える。

伏黒の領域展開
出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社

鵺二体が敵を急襲

また、このとき特級により次々に破壊された式神だが、その後再び呼び出せていたことから、破壊された式神が呼び出せないルールは領域展開内では無効になる可能性あり。

伏黒恵のキャラ分析まとめ

伏黒恵に関する伏線

  • 十種影法術の残りの式神
  • 奥の手の正体
  • 姉・津美紀の呪いの正体
  • 父親との関係
  • 宿儺が特別視する理由

十種影法術の残りの式神の正体や、奥の手、姉の呪い、父親との関係とまだまだ気になる伏線はモリモリ盛りだくさん。

そしてなによりも、宿儺が恵を特別視している理由も気になるところ。主人公の虎杖以上に伏線が多く今後の展開が楽しみ。



-呪術廻戦

© 2020 アナブレ