リゼロ17巻 スバルvs大罪司教!張られた伏線まとめ!

リゼロ17巻 ネタバレ感想

水門都市プリステラに現れたシリウス・ロマネコンティの謎の権能によって死亡したスバル。17感ではリスタートからはじまります。

リゼロ16巻 第五章は大罪司教との戦い!?

2018.07.13

第五章も例のごとく敵にボコボコにやれれて絶望しかない状況であります。ここからスバルがいかに打開策を見つけて勝利していくのか!

ですが逆転劇はまだまだ先の予感!

そんなわけで、17巻では今後の伏線になってくるであろう気になる個所を中心に、振り返っていこうと思います。

スバルのポテンシャルまとめ

まず押さえておきたいのはスバルの戦闘力の向上!聖域編から1年の平穏な日々の中でスバルなりに特訓していたのは、16巻にて描かれていました。

ただ単にベア子やエミリアを愛でていたわけではない!

五章ではスバルの特訓の成果が明らかになります。とはいっても、まだまだベールに包まれてる技もありますが、それでもいくつか明らかに。

愛用武器は「鞭(ムチ)」

インディージョーンズばりのムチを愛用武器として選んでいたスバル。しかも、ムチの扱いも手慣れたものだった。

一抱えもある石材、それをスバルは鞭で器用に絡め取り、手首をひねってカペラの頭部目掛けて投擲(とうてき)する。

出典:Re:ゼロから始める異世界生活17 長月達平

近くに転がっていた石材を鞭を使って敵に投げる遠距離攻撃を可能にしていました。鞭の扱いは相当なものなのが分かります。

インビジブル・プロヴィデンス

インビジブル・プロヴィデンス(不可視の一撃)は初登場技ではないんですが、大罪司教との戦いでも攻撃技の一つとして使っていくようです。

ただ、未だ完全には自分のものにはできていない様子。ちなみに初めてこの技を使用したのは第四章(13巻)でのガーフィールとの戦いにおいて。

E・M・M

スバルといえばシャマク、シャマクといえばスバルでしたが、そんな常識を覆す魔法技を覚えたスバル。ベア子と契約したことで魔法技も扱えるように!

E・M・Mとは、不可避の魔法フィールド。スバルへの干渉の一切を無効化させる完全防御術式。つまり、あらゆる攻撃を無効化できるようだ。

ただし、発動には一定時間の準備期間が必要だ。これはスバルのゲートが壊れていることが影響する。そして、攻撃を防げるのは一回限り。

スバルとベアトリスのコンビが編み出した三つの魔法が一つ

出典:Re:ゼロから始める異世界生活17 長月達平

このほかにもスバルが使える魔法があり、EMMを含めて全部で三つあるという。今後の魔女教との戦いで出てくる可能性高し!

魔女教の戦力

水門都市プリステラに集結したと思われる魔女教について、17巻時点では確定ではないのだが、大罪司教全員が終結している可能性が高い。

現在明らかになっている大罪司教と魔女教徒は6名。

「憤怒」担当シリウス・ロマネコンティ

亡きペテルギウスを今でも愛するストーカー女。スバルの技を見たことでペテルギウスと勘違いしている節があり、今後どうなるのか気になるところw

シリウスの権能は、感情だけでなく肉体の変調も共鳴・共振させることができる。シリウスを認識した時点で権能の餌食になるようだ。

「強欲」担当:レグルス・コルニアス

エミリアを婚約相手と決めつけ連れ去ったレグルス。彼の権能はスバルが予想したところでは、あらゆるダメージの無効化。

打撃はもちろん魔法による攻撃ダメージも無効化してしまう。さらにレグスに触れている、あるいは側にいる者も同様にダメージが無効化になるようだ。

「暴食」担当:ロイ・アルファルド

スバルたちが都市庁舎に乗り込んだときに襲い掛かってきたのが暴食担当のロイ・アルファルド。レムから記憶を奪った大罪司教。

スバルが探していた敵であるが、今回相手をしたのはユリウス。こんな場面からもスバルの成長がうかがえる。自分の感情よりも作戦を優先したわけだからね。

「色欲」担当:カペラ・エメラダ・ルグニカ

カペラはとりわけ謎が多かった大罪司教。まずその名前。かつてルグニカ家にいたエメラダ・ルグニカの名前をなぜか名乗っていること。

そして彼女の権能によって職員たちが巨大なハエや黒龍に変えられていたことも衝撃だった。カペラは自分や他者の肉体を自由自在に変化させることができるようだ。

多腕の大男と女剣士

色欲の大罪司教カペラの部下と思しき魔女教徒。都市庁舎の入り口を守る門番としてスバルたちに襲いかかっていました。

気になるのは女剣士はなぜか「死神の加護」が使えたこと、15年に亡くなったテレシアとの関係性が気になるところ。

【可能性】「傲慢」担当の大罪司教

スバルの考えでは大罪司教全員がプリステラに集結しているとしていました。となると、「傲慢」の大罪司教もいる可能性が高いのでしょうか。

振り返れば、ペテルギウスのセリフから傲慢担当は「空席」の設定だったはずですが、空席が埋まった可能性も否定はできないのかなと。

スポンサーリンク

ガーフィールとミミ

二人のニタニタな関係

17巻の読みどころはガーフィールとミミ。とくにミミにはニタニタが止まらい描写がいくつも。ガーフィールのことが好きなんだな、と。

んー、でもダイジョブー!ガーフが惚れなくてもミミが惚れてるから!ほらー、ガーフに惚れた女!ミミ!

出典:Re:ゼロから始める異世界生活17 長月達平

なにげに告白するミミ!

この後、ガーフィールとミミは一晩を屋根の上で一緒に明かしたわけだけど、このイベントをきっかけにミミのガーフィールに対する想いがより強くなった気がするな。

ガーフィールの母親問題

とはいえ、二人のニタニタエピソードばかりでもない。ガーフィールにとって衝撃的な人物との遭遇が17巻ではありました。

それが、事故死した思っていた母親が生きている可能性!

しかも、母親と思しき女性に偶然にもガーフィールが出会ってしまったこと。ミミとの今後も気になるところだけど、母親との今後の関係も浮上!

アルの不可思議な行動

アルについても気になる点が。

ミューズ商会での作戦会議からしてアルは何かを隠しているような、気になる行動が多々あった。個人的に気になったのが次の二つセリフ。

魔女の遺骨

そもそも大罪司教がプリステラを占拠したのは、魔女の遺骨を回収するためでした。色欲の大罪カペラの放送で明らかになります。

そして魔女の遺骨の話題になったとき、アルが意味深がセリフを言っています。

テュフォンが大水の中に沈められ、か。・・・ここが、そうだってのか」

出典:Re:ゼロから始める異世界生活17 長月達平

テュフォンといえば四章で登場した傲慢の魔女の名です。なぜアルがこんなセリフをぼそりと呟いたのか、気になりますね~。

戦いに参戦しない!?

ほかにも作戦会議に参加していたにもかかわらず、アルはスバルたちと共に大罪司教と戦うことを拒否します。

ならなぜ時間を割いてまで作戦会議に参加したのか、ここらへんのアルの行動がどうも怪しく思えなくもない場面でした。

リゼロ17巻感想まとめ

第五章もまだまだ序盤、ストーリーのあちこちに伏線がちりばめられている段階といったところでしょうか。スバルたちの反撃はまだまだ先。

今回触れた場面の他にもまだまだ気になるところはあります。

たとえば、、、

ガーフィールが見ているエルザの幻影とはなんなのか、序盤、スバルとエミリアを見ていた赤い目の女とは誰なのか、ラインハルトはなぜ駆けつけないのか、などなど。

どうやって大罪司教と戦っていくのか、そして占拠されたプリステラを無事に奪還することができるのか、伏線含めて今後のストーリーに期待。

Re:ゼロから始める異世界生活17 長月達平
紙の本の長さ: 327 ページ
出版社: KADOKAWA
販売: 2018/10/25
ASIN: B07HHQWD3C

Amazon 楽天市場
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です