リゼロ アーラム村のペトラちゃん

アーラム村一の美少女ペトラちゃん。

今までは村人としてちょこちょこ登場はしてきましたが、四章からロズワール邸のメイドとして働くことになり一気に存在感を出してきました!

初登場は2章、アニメ初登場後のネットではペトラ推しもいましたが、ぼくとしてはスルーしちゃってました。

やっぱね、まだ子どもだからさ、この子推しとなると、いろいろ問題がありそうなので、あえてチェックはしてなかったんですが、ストーリーに関わってくるということでペトラ回を設けてみました。

スポンサーリンク

ペトラ・レイテという少女

スバルがアーラム村に買い出しにいったときに仲良くなったのがペトラ・レイテ。大きくなったら都で服を作る仕事がしたい!そんな夢を抱く少女。

村一番の美少女で、頭に大きなリボンをしているオシャレさん。村の子どもたちの中にはペトラのことが好きな男の子もいて、ダインとカイン↓

リゼロ
出典:Re:ゼロから始める異世界生活 9話「勇気の意味」

ラノベでは名前しか分からなかったけど、アニメ版ではしっかり描かれていました。どちらがペトラをお嫁さんにするか張り合ていていますが、渦中の少女ペトラはスルーw残念ながら2人の恋は実ることはないようです。

印象的だったのがウルガルムに襲われた2章、1人見当たらない女の子を助けてほしいとスバルに懇願したとき。

奥・・奥に・・・

と12歳ながら異様にエロいかすれ声と共に記憶を失ってしまう(意味深)!これはどうみても下ネタだろと思うも、友達思いのペトラの行動に人気指数は急上昇。ちなみに声優は高野麻里佳。

ペトラのやさしさ

ペトラの魅力は可愛さだけではない、性格のよさも折り紙つき。なんたって、エミリアの背中を最初に押したのはペトラだったからね。

3章、魔女教の襲撃から避難するために竜車に乗にとき、エミリアの手をひっぱって竜車に誘ったのは紛れもなくペトラ。

ハーフエルフのエミリアが今まで受けてきた差別を考えると、やっぱり躊躇しちゃうわけだけど、そこにペトラが「わたし、お姉ちゃん怖くないよ」と。

リゼロ
出典:Re:ゼロから始める異世界生活9 長月達平

この笑顔、まさに天使!

純粋無垢な心でエミリアにそう伝えたペトラ。「もう、さびしくなくていいんだよ?」とこの天使の笑顔で言うわけです!

ちなみに、このときペトラはスバルに好意を持ってたっぽい。ラジオ体操のときエミリアを覚えていたのも、そもそもスバルのことを

ずーーーーーーっと

見てたってことだからね。

でも、あのとき二人の楽しそうな会話を見ちゃって、スバルの好きな人が誰なのか知っちゃったわけで、あの笑顔の裏にはちょっと複雑な感情もあったりして、それはペトラのセリフにも見え隠れしちゃって、歯痒いんですよねw

ペトラの初恋

森でスバルに助けられたのをきっかけに、恋心を抱いていったペトラ。3章、竜車の中でスバルとエミリアのいちゃいちゃしてるのを見て、

「べー。わたし、お姉ちゃんには絶対に負けないから」
出典:Re:ゼロから始める異世界生活9 長月達平

と、エミリアに嫉妬全開のペトラ。そのリアクションもまた、可愛いのなw

エミリアをしっかり守りきったときも、スバルに頭をなでなでされて

えへへー

なんてうれしそうなリアクションをしちゃう。

でも、このときはまだ、スバルに褒められたことがうれしくて、子ども扱いされたことには怒ってはないなかったペトラ。

スバル、私もう大人なんだよ

子どもの成長は早い!とくに女の子はね!数ヶ月しか経っていないのにすっかり大人っぽくなっていた少女。

4章に入ってレムがあんな状態になったとき、新たなメイドとしてロズワール邸で働くことになったのがペトラ。先輩メイドのフレデリカの下でメイド業を学んでいく。

リゼロ10巻
出典:Re:ゼロから始める異世界生活10 長月達平

かなりお似合いのメイド服バージョン。そうはいっても、まだあどけなさが残るぺったんこ12歳の少女にスバルも心配するものの、

「もう十二歳なんだから、立派に働ける大人だよ・・・じゃなくて、大人です。スバル様もちゃんと、大人として扱ってください
出典:Re:ゼロから始める異世界生活10 長月達平

「大人として扱ってください」ってのはいろんな意味が含まれるからね。一人前って意味のほかに、1人の女性として見てくださいって意味も含まれてるはずw

そんな少女の想いが分かるのが、スバルたちがロズワールに会いに聖域に旅立つときの見送り場面でのこと。ペトラはスバルに白いハンカチを渡し腕に巻いてほしいとお願いする、旅の道中の無事を願う一種のおまじない。

ただ、ハンカチを渡すとき、なぜか伏し目がちになり顔を赤くしていたペトラ。

「お母さんに聞いたんです。これで、お父さんを捕まえたんだって」
「したたかなのはお母様譲りですのね。でも、当人は気づいていませんでしたわよ」
「いいんです。知らなくても、手首を見るたびわたしを思い出してくれれば
出典:Re:ゼロから始める異世界生活10 長月達平

なんてけなげなんだぁああ!!この子はぁ!

ペトラはこのときすでにスバルが誰を好きなのかは知ってるわけで、それでも感情を抑えられなくてあんなしたたかな行動をとっちゃったんだろうね。

切ないなぁーーー

それにしてもレムの「愛人宣言」で結末をむかえた恋愛劇を考えると、レム以上に純真無垢なペトラはどうなっちゃの?と心配w