黙示録の四騎士

黙示録の四騎士76話ネタバレ感想 アーサー・ペンドラゴンの降臨!

黙示録の四騎士76話ネタバレ感想

リオネス聖騎士が束になっても、メラガランを倒せなかった前回。だが、トリスタンの闇の力解放により戦況に変化が!

中の人
そして今話は

76話では、メラガランと魔神化したトリスタンの一騎打ちが描かれます。そして、ついに敵の親玉がリオネスに姿を現す!!

魔神化トリスタン

闇の力を開放したことで、メラガラン相手でさえ引けを取らないトリスタン。一方的に攻撃を仕かけていく。

戦況はトリスタンの圧倒的優勢。メラガランも「冥府の晩餐(ばんさん)」を発動し、トリスタンたちを冥府へと引きずり込もうとする。

がしかし、トリスタンには全くもって通用しなかった。亡者たちを退け、メラガランをたった一人で倒してしまった!

スポンサーリンク

魔神化の代償

メラガランを倒すことができたトリスタンだが、闇の力を使ったことによる代償から、簡単には元に戻れないという。

どうやら、自分の意志では制御が利かないらしいのだ。敵味方関係なく刃を向けてしまう危険な状態にあった。

ただし、トリスタンが闇の力を使ったのは、暴走する自分を止めてくれる親友・ガウェインを信じていたからでもあった。

降臨する怨敵(おんてき)

危機はさり、リオネスがいつものように平穏な日常を取り戻そうとしたとき、はるか天空より謎の声が響き渡る。

さらに、瓦礫が幾重にも折り重なり、天へと続く階段が作られていく。その階段から降りてくるのは宿敵、アーサー・ペンドラゴン!

黙示録の四騎士全員がリオネスに揃ったことで、彼らの実力を確かめにきたというアーサー、戦いはこれからが本番だ。

アーサー王の右腕問題

アーサー王の右腕
出典:黙示録の四騎士76話 鈴木央 講談社

天からやってくるアーサー王、敵ながらカッコよすぎる登場シーンでしたが、彼の姿で気になったのが右腕です。

前作「七つの大罪」で右腕を失い、続編「黙示録の四騎士」でも、右腕を失ったままだと思っていたんですが・・・

黒光りの防具(おそらく魔法具)を装着。魔法具により右腕の機能を補完しているのか、それとも、右腕は完治したのか判断が難しいところ。

中の人
右腕の防具にはマーリンを象徴するブタが刻まれておりかなり強力な魔法具の可能性が高い

黙示録の四騎士76話まとめ&77話予想

黙示録の四騎士76話ポイント
  • 魔神化トリスタンがメラガランに勝利
  • 魔神化の代償で簡単には戻れない
  • アーサー王降臨!

アーサー王の登場により、黙示録の四騎士の戦いはまだ終わりません。王自らがパーシバルたちを全滅させるのでしょうか?

ただ、メリオダスも戦いの支度をしており、黙示録の四騎士の下へと駆けつけようとしてましたが、果たしてどうなるか。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
78話79話
黙示録の四騎士9巻(予定)
69話70話71話
72話 73話74話 
75話 76話 77話
単行本最新話
黙示録の四騎士8巻
60話61話62話
63話64話65話
66話67話68話
スポンサーリンク