黙示録の四騎士

黙示録の四騎士77話ネタバレ感想 アーサーの威光!メリオダス登場

黙示録の四騎士77話ネタバレ感想

突如、リオネス王国上空に姿を現したアーサー・ペンドラゴン王!親玉みずから敵陣に乗り込んでくる激熱展開だった前回!

中の人
そして今話は!

77話では、アーサーに戦いを挑む魔神化トリスタンや、リオネス聖騎士の姿が描かれますが、果たして勝てるのかい!?

そういえば、今回の扉絵でナシエンスのスカート姿が描かれてたけど、やっぱり女の子設定だったんだね(確定!?)。

トリスタンをもってしても

魔神化したトリスタンがアーサーに挑むものの、あっさりと反撃にあい沈黙、こんなにも力量差があるとは・・・

沈黙したトリスタンに代わり、リオネス聖騎士全員で攻撃を仕掛けようとしたとき、アーサーの威光に圧され動けない聖騎士たち。

アーサーが放つ「王の威光」の前では、歯向かうことは許されず、ただただひれ伏すことしかできないようだ。

スポンサーリンク

アーサーの誘惑

アーサーがリオネス王国に出現したのは、この国の民に、「破滅」か「生存」かの選択を与えるためだった。

リオネス国民の脳裏に直接語りかけるアーサー、ブリタニアの歴史とは、人間族が他種族の前に犠牲を払いつづけてきた歴史だという。

16年前の聖戦で家族や恋人、大切な人を亡くした者は多いが、アーサーはそんな民に再び会えるとしたらどうすると問う。

そして、アーサーが治める永遠の王国(キャメロット)に行けば、大切な人ともう一度会うことができると誘惑するのであった。

メリオダス登場!

誰も苦しまない、誰も悲しまな、そんな安息の地がキャメロット、アーサーの目的は、これまで苦しんできた人間族の救済だという。

キャメロットにいけば、家族に会えるのかと、心が揺らぎはじめるリオネス国民。だが、そのとき伝説の英雄が登場する!

リオネス国王メリオダスだ。闇落ちしたアーサーの目を醒まさせるために、メリオダス自ら剣を抜くのであった!

メリオダスとアーサーの関係

前作「七つの大罪」におけるメリオダスとアーサーの関係性は、アーサーがメリオダスに憧れる人物として描かれていました。

アーサーとメリオダスの関係
出典:黙示録の四騎士77話 鈴木央 講談社

77話で描かれていたこのコマも、前作最終巻(41巻)で、メリオダスがアーサーにいったセリフでしたよね。

憧れのメリオダスからの言葉だからこそ、胸に刻みつけ実践してきたわけだけど、メリオダスはアーサーの危うさも感じていました。

アーサーとメリオダスの関係
出典:黙示録の四騎士77話 鈴木央 講談社

だからこそのこのセリフでした(つまり伏線)。あと、アーサーに対して、まだ敵として見ていなかったのがせめてもの救い。

アーサーの目的がブレてない件

ちなみに、アーサーが理想とする永遠の国(キャメロット)とは、誰も苦しまず、誰もかなしまない国創りだと言っていましたよね。

あれも、前作で闇落ち前のアーサーが言っていたセリフです。やり方は違えど、考えは全くブレていないのは分かった。

黙示録の四騎士77話まとめ&78話予想

黙示録の四騎士77話ポイント
  • 魔神化トリスタンでも敗北
  • アーサーの威圧に動けず
  • アーサーの目的は人間救済
  • メリオダス戦場にでる!

魔力量から考えると、アーサーの圧倒的有利は確実ですが、メリオダスはどうやって対抗するのでしょうかね。

魔神王を倒して以来、メリオダスが本気で戦う場面はなかったはず。今の実力がどのくらいなのか気になるところ。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
123話 124話 125話
126話 127話 128話
129話 130話 131話
132話 133話 134話
135話 136話 137話
138話 139話 140話
単行本最新話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話
黙示録の四騎士13巻
105話106話107話
番外編 108話 109話
110話 111話 112話
113話
黙示録の四騎士12巻
96話97話98話
99話 100話 101話
102話 103話 104話

-黙示録の四騎士