黙示録の四騎士

黙示録の四騎士104話ネタバレ感想 魔界到達!既視のパーシバル!?

黙示録の四騎士104話ネタバレ感想

ウォルナックで出会ったイオの先導により、魔界へと向かうパーシバルたち。とある高台の大きな岩扉をくぐり、いざ魔界へ!

中の人
そして今話は

104話では、無事に魔界へと辿りついたパーシバルたち!そこで、彼らの前に姿を現したのは魔神族の頂点・魔神王であった!

[toc]

魔界と無数の穴

魔界へと足を踏み入れたパーシバルたち。はじめてみる世界に驚きをかくせないアン。彼らが居る場所は、蜂の巣のような無数の穴の一つ

どうやら、この無数の穴それぞれがブリタニアの各場所とつながっており、二つの世界を繋いでいるようなのだ。

パーシバルたちが通ってきた岩扉もまた、無数の穴の一つと繋がっており、イオの先導で無事辿りつくことができたのだった!

スポンサーリンク

パーシバルの記憶

魔界とブリタニアを繋いでいる、無数の穴を目にしたパーシバルは、突然過去の記憶がふっと蘇るのであった。

その記憶とは、魔界で過ごしていた時のこと。「じぇるどー」と「げーだ」と一緒に、魔界で過ごしていたという。

ただ、断片的な記憶の思い出だけで、なぜ魔界にいたのかなど、詳細な記憶までは思い出すことができなかった。

パーシバルと一緒に過ごした人物

パーシバルとゼルドリス
出典:黙示録の四騎士104話 鈴木央 講談社

魔界に居たときのパーシバルは、「じぇるどー」と「げーだ」と一緒に生活していたみたいだけど、この二人の正体は明らかですよね。

  • じぇるどー=ゼルドリス
  • げーだ=ゲルダ

まだ言葉がうまく話せなかったパーシバルは、名前の発音もうまくできなかったみたい。共に生活していたのがまさか魔神王だったとは。

ちなみにゲルダとは、ゼルドリスの奥さん、つまり魔神族の王妃です。それにしても、なぜパーシバルを預ることになったのか謎です。

魔神族との接触

魔界に着いたのも早々に穴の排出機能が作動!どうやら穴からの侵入者対策として、ギミックが仕掛けられていたようだ。

穴からの強風によって吹き飛ばされるパーシバルたち。だが、ガウェインやランスロットの魔力により落下は回避!

さらに、侵入者を感知した複数体の魔神族が近づいてくる!魔界に来た目的を問い詰めるも、敵ではないと判断してくれた。

魔神王とパーシバル

パーシバルの過去の記憶は確かだったようです。魔神王ゼルドリスとの久しぶりの再開、ゼルドリスの様子から敵ではないのは明らか。

また、魔神王自らパーシバルの世話をしていたとなると、パーシバルは魔界にとっても重要な人物の可能性もありそう。

スクイノヌシ
出典:黙示録の四騎士104話 鈴木央 講談社

魔神族の一人はスクイノヌシとも言っており、黙示録の四騎士のような世界を救う人物として、魔界でも救世主的存在なのか?

黙示録の四騎士104話まとめ&103話予想

黙示録の四騎士105話ポイント
  • 魔界へと辿りついたパーシバル達
  • パーシバルは魔界で過ごしていた
  • ゼルドリスとパーシバル面識アリ

ゼルドリスとパーシバルに面識アリとなれば、ゼルドリスの口から、パーシバルの新たな事実が明らかになる可能性は高そうです。

さらに、永遠の国に行く方法も、積極的に協力してくれるのではと予想しているんですが、さてさてどうなるか。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話  
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士