黙示録の四騎士

黙示録の四騎士113話ネタバレ感想 力を引き出し覚醒のパーシバル

黙示録の四騎士113話ネタバレ感想

魔界での修行は二日目に突入!魔神族たちの「希望の力」が集まったことで、パーシバルに魔力異変が起こった前回。

中の人
そして今回は

113話では、激強ミニパーシバルの指南を受けて覚醒していくパーシバル。これまでにない急成長を見せていきますッ!

[toc]

激強ミニパーシバル

魔神族の希望の力を糧に、膨大な魔力から生まれた激強ミニパーシバル。これまでの、ミニパーシバルとは見た目も強さも明らかに違う。

パーシバルと同サイズな上にまともな意思疎通も可能、なにより、ランスロットの攻撃を簡単にいなす強さを秘めていた。

ただ、「何か思いだしたか?」と意味深な質問をするも、当のパーシバルには、ちんぷんかんぷんな様子であった。

パーシバルの記憶の謎

パーシバルのこれまでの言動を見ていると、過去の記憶がゴッソリ消えている様子。とくにじぃじと神の指に住んでいた以前の記憶がなぜか曖昧。

魔界へ来たときも、魔神王ゼルドリスのことは覚えていたものの、その記憶は鮮明ではなく曖昧。気になるところですね。

スポンサーリンク

ランスロットとの修行

ランスロットの修行は、パーシバルが過去に戦ってきた混沌に騎士の動きを真似ての稽古。現在のところレベル2までは達成!

レベル3は黒い騎士ペルガルドを真似たランスロットとの勝負!激強ミニパーシバルは、これもあっさりと倒してしまう。

そのままレベル4へ。レベル4の相手は、パーシバルの宿敵であり、実父の赤い騎士イロンシッドを真似たランスロット!

これまでのランスロットなりきり整理

ランスロットが真似ていた混沌の騎士は、いずれもパーシバルと何かしら関係ある相手。レベルが高くなるにつれて相手も強くなっていく。

レベル4は、疑似イロンシッドが相手。これまでの修行の成果+魔力増大で、突破してほしいところですが、果たして!

ランスロットの修行レベル
  • レベル1:混沌の騎士タリスカー
  • レベル2:混沌の騎士マクダフ
  • レベル3:黒い騎士ペルガルド
  • レベル4:赤い騎士イロンシッド

覚醒するパーシバル!?

レベル4は疑似イロンシッド戦!激強ミニパーシバルが戦うのかと思いきや、次はパーシバル自身が戦うんだという。

パーシバルの魔力
出典:黙示録の四騎士113話 鈴木央 講談社

次の瞬間!激強ミニパーシバルが、分裂し本体に戻っていく。膨大な魔力が体内にしみ込み、肉体が研ぎすまされていく。

これまで見切れなかったランスロットの剣先を軽々かわせるようになり、反射速度も大幅に向上し覚醒するのであった!

黙示録の四騎士113話まとめ&114話予想

黙示録の四騎士112話ポイント
  • 激強ミニパーシバル出現
  • 覚醒するパーシバル
  • 力の引き出し方意識するパー公

激強ミニパーシバルの助言によって、明らかに強くなったパーシバル。これまで、ぎこちなかった身体の使い方を学習しましたよね。

ただ、この強さは魔神族の希望の力バフがかかっているからで、本来のパーシバルがどんくらい強くなったのか気になるところ。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話 151話 152話
153話  
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士