黙示録の四騎士

黙示録の四騎士117話ネタバレ感想 眠りにつくベヒモスと生命の精霊

黙示録の四騎士117話ネタバレ感想

ガウェインを盾にされ、戦い必須の状況になった前回。さらに、パーシバルが「生命の精霊」なる存在であることが判明!

中の人
生命の精霊とは果たして?

117話では、パーシバルの正体がついに明らかになります。人間族でも魔神族でもなかったパーシバルの正体とは。

ベヒモスの心の声?

どこからか聞こえてくる声に導かれ、ベヒモスの精神内部に潜っていくパーシバルとプニシバルは、真っ暗な空間に辿り着く。

そこには、コワイ、タスケテと謎の塊から悲痛な叫びが聞こえてくる。プニシバル曰く、これがベヒモスの本体だという。

巨獣ベヒモスの肉体に宿るのは生命(いのち)の精霊。あらゆる世界のあらゆる生物を育む源が「生命の精霊」だという。

ベヒモスと生命の精霊

前回登場した「生命の精霊」なる存在、その意味が117話にて明らかになりました。あらゆる生命の源なんだとか。

ベヒモスの正体も、外見は巨獣ながら、その中には生命の精霊が宿っており、コイツが負の瘴気(しょうき)を撒き散らしていたみたい。

ベヒモスとは
出典:黙示録の四騎士108話 鈴木央 講談社

魔神王ゼルドリスのセリフを再解釈すると、生(生命力を与える)と死(生命力を奪う)存在が、生命の精霊と言い換えることもできそう。

生命の精霊能力まとめ
  • 安心⇒生物に生命力を与える
  • 恐怖⇒生物の生命力吸い取る
スポンサーリンク

パーシバルもまた生命の精霊

プニシバルから改めて、パーシバルも生命の精霊であることが告げられます。ただ、パーシバル本人は信じていない様子。

というのも、神の指でじぃじに育てられてきた16年間の記憶しかなく、精霊時の記憶がゴッソリなくなっていたからだ。

それでもお前は生命の精霊なのだ!とプニシバルは断言。だが、「僕は人間だ!」と頑なに人間族だと主張するパーシバルがいた。

パーシバルの過去の記憶

ここで、パーシバルの記憶を整理してみます。今のパーシバルには「精霊」時の記憶はまるっと抜け落ちている状態です。

じぃじに愛情をもって育てられたことで、本来なら感情をもたない精霊に感情が宿り、人間と誤認しているのが今のパーシバル。

パーシバルの現状
  • 精霊時の記憶を忘れている状態
  • じぃじの愛情で感情持ち人間と誤認
  • 生命の精霊は本来感情は持たない
  • 現在精霊の記憶は戻ってない

ベヒモスの眠り

ベヒモスが怯えていた原因は、魔界に出現した永遠の王国の扉にあった。コワイ、コワイという精霊にパーシバルが優しく触れる。

怖くないよ、大丈夫・・・扉は僕たちが何とかするからと声をかけるや、これまで怯えていたベヒモスが落ち着きを取り戻していく。

パーシバルは精霊に「希望」を与えたことで安心させたのだ。それにより負の瘴気が消え、ヘビモスは深い深い眠りにつくのであった。

パーシバル(生命の精霊)の正体

黙示録の四騎士の予言
出典:黙示録の四騎士5話 鈴木央 講談社

パーシバルの正体とは「生命の精霊」で確定。死を司る黙示録の騎士という例の予言は、あくまで一面からみたものといえそう。

絶望から死をもたらす存在である一方で、希望から生をもたらす存在でもあり、生と死が共存する存在というのが正しいのかな。

また、不死身の謎については、パーシバルという人間族の中に宿っている存在(生命の精霊)が、いわば本体になります。

そのため、パーシバルが死亡しても、身体に宿る生命の精霊の力により、復活ができるということなんでしょう(たぶん)。

黙示録の四騎士117話まとめ&118話予想

黙示録の四騎士117話ポイント
  • ベヒモスは生命の精霊の一部
  • パーシバルは精霊時の記憶ない
  • パーシバルによりベヒモス眠りにつく
  • パーシバルは生と死をもたらす存在

アーサー王が所有する力は「混沌」。前作「七つの大罪」では、混沌はすべての種族を創生した、いわば神的存在(世界の創造主)です。

となれば、生命の精霊と混沌との関係が気になるところ。生命の精霊もまた、混沌が生み出した存在なのでしょうか?

中の人
なんだか壮大な物語になってきたゾ

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士