黙示録の四騎士

黙示録の四騎士145話ネタバレ感想 マートル暴走!家族同士の戦い

黙示録の四騎士145話ネタバレ感想

マートルの暴走に家族一丸で止めに入った前回。アーサー王配下・魔術師キルベガンも姿を現し、戦いは総力戦へ!

中の人
そして今話は

145話では、マートルの暴走を必死で止めようとするものの、家族に対する不信感や憎悪を鎮めることは簡単ではなさそうだ。

魔術師キルベガンの襲撃

妖精王一家の前に現れた魔術師キルベガン。妖精王の森への不法侵入、さらにはマートルを唆(そそのか)した罪。

これら重罪に対して、静かに怒りを燃やす妖精王キング。「家族を傷つけた代償は高くつくよ」と宣戦布告する!

だが、マートルが暴走したのは妖精王、あなたが原因ではないかと、キツ~イ一言を返すキルベガンがいたのであった。

スポンサーリンク

暴走するマートル

家族の呼びかけにも耳を貸さないマートル。母親ディアンヌにも疑心暗鬼を抱いてしまう。あなたたちは俺を見捨てたんだ!!!

と、怒りマックスでさらに感情が高ぶり攻撃性が暴走していく中で、ディアンヌと兄妹たちが協力して必死で抑え込もうとします。

マートルのボロボロな身体
出典:黙示録の四騎士145話 鈴木央 講談社

だが、感情に身を任せた無茶な動きで、身体はボロボロの傷だらけ。このままでは、マートルの身体が持たないゾ!

この場面のポイント

すべては妖精王キングのせい?

長兄マートルがここまで暴走してしまったのは、両親、とくに妖精王キングのこれまでの対応が原因と言えそうです。

魔術師キルベガンの口車にのったマートルも悪いけど、そもそも、家族の絆が強固であったなら問題はなかったはず。

なぜキングとディアンヌは、長兄マートルの出生に関してちゃんと話合わなかったのか?たんに言いにくかっただけ?

デリケートな問題だからこそ話し合いは必要だったよね
中の人

キングvsキルベガン

マートルはディアンヌが対処し、魔術師キルベガンはキングが相手をすることになります。キルベガンは相当な魔術師。

とはいえ、キングは聖戦を終息させた伝説の「七つの大罪」が一人。相手になるはずもなく、キルベガンを倒してしまう。

敵の目的は「いしにえの秘薬」、キルベガンの部下に秘薬捜索を指示するのだが、次兄ジクタスがそれを阻止する!

この場面のポイント

ナシエンスの傷完治

マートルにより腕を折られたナシエンスですが、気づけば完治していたんですよね。ナシエンス本人もなぜ治ったのか分からない。

ナシエンスの治癒
出典:黙示録の四騎士145話 鈴木央 講談社

ということは、自分で治したわけではない。前話でナシエンスの前に「精霊」が現れたけど、この子が治癒したといえそうです。

中の人
この妖精がパーシバルの可能性は高そうだけど

黙示録の四騎士145話まとめ&146話予想

黙示録の四騎士145話ポイント
  • キルベガンの襲撃
  • 家族でも抑えられないマートルの暴走
  • キルベガンを倒すキング

正直、敵はそこまで脅威ではない。なんたって、妖精王一家が全員集結しているわけで、敵なんて瞬殺ですw

中の人
秘薬を盗むのだって限りなく不可能です

気がかりなのは、そこよりもマートルとの今後を含めた関係です。妖精王一家の家族関係はどうなっちゃうの!?

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話  
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士