黙示録の四騎士

黙示録の四騎士155話ネタバレ感想 涙の再会!パーシバル隊再結成

黙示録の四騎士155話ネタバレ感想

アーサー王から混沌の力を与えられたイロンシッドとペルガルド。人間を捨て、凶悪な新・四凶が誕生してしまった前回。

中の人
そして今話は

155話では、復活をとげたパーシバルがリオネスへと帰還します。そこには、アンとドニーの姿!涙の再会&パーシバル隊の再結成。

感動の再会!?

メリオダス王より、リオネス国に呼ばれたアンとドニー。誰かに会わせたい様子だけど、詳しい事情は知らされていない。

見当もつかないアンたちだが、扉の先に居たのはナシエンス。二年ほど妖精界に居たこともあり、久しぶりの再会ではある。

だけど本題は彼ではない!

ナシエンスと共にいたのは、復活し成長したパーシバル!はじめは驚きを隠せなかったが、次第に感情が溢れ出る二人!!

スポンサーリンク

ただいま!!!

最初にパーシバルに抱きついたのはドニーだ。「バッキャロー!!」と、突然消えた二年前を思い出し涙する。

短いようで長かった二年。ドニーはすぐに許したものの、問題はアン。「謝りなさいよ」と感情が高ぶり怒鳴ってしまう。

パーシバルとアンの再会
出典:黙示録の四騎士155話 鈴木央 講談社

必ず戻ってくると信じながらも、不安でたまらなかったこの二年間。そんなアンを抱き寄せ、「ごめんね」というパーシバルがいた。

この場面のポイント

アンのパーシバルへの想い

アンは、パーシバルに少なからず好意を寄せている女の子。ただ、その感情は本人にはあまり表には出していない。

そこには、ナシエンスの存在があります。ナシエンスもまたパーシバルに好意を寄せていることは、アンも知っています。

ナシエンスを妖精界に一人行かせたことからしても、アンは、ナシエンスにパーシバルを任せているのが分かります。

アンは一歩下がったところでパーシバルを見つめている、そんな距離感に感じますね
中の人

ナシエンスの素性

涙の再会もほどほどに、ナシエンスからも報告しなければいけないことが。それはキングとディアンの子供であること。

また、妖精界に四凶の一人白い騎士・ウォーラルダンが攻めてきて、「いにしえの秘薬」を奪っていったこと。

これまでの混沌の騎士とは、ケタ違いの強さを見せた相手でしたが、メリオダス王は、四凶の名前をどこかで耳にしたことがあるという。

中の人
果たしてウォーラルダンの素性とは!攻略の鍵になる!?

黙示録の四騎士155話まとめ&156話予想

黙示録の四騎士154話ポイント
  • パーシバルと再会したアンとドニー
  • 四凶の素性知るメリオダス王?
  • パーシバル隊再結成!

パーシバルの復活で新たな冒険の予感だけど、敵もパワーアップしたことで、今後の戦いはさらに熾烈になりそうです。

七つの大罪でも倒せない「混沌」の脅威。倒すためには、生命の精霊パーシバルが重要な鍵を握っているのは確か。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話 151話 152話
153話 154話 155話
156話 157話 
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士