黙示録の四騎士

黙示録の四騎士101話ネタバレ感想 無念ジェイド!悲しみの仲間

黙示録の四騎士101話ネタバレ感想

ジェイドの死という衝撃展開で終わった前回。パーシバルの回復魔力であっても、蘇生することは叶わなかった(涙

中の人
そして今話は

101話では、混沌の騎士を制圧したパーシバルたちが、宿屋へと戻り、仲間の死を悲しみます。ジェイドはもう、戻ってはこない・・・

[toc]

ランスロットによる魔神族制圧

仲間を人質に取られていた魔神族のイオ、トリスタンの必死の説得により戦闘を回避できたものの、気になるのはイオの仲間たちだ。

ウォルナック近郊で待機する複数体の魔神族は、ランスロットによりあっけなく制圧!しかも、一人として殺されていなかった!!

さらに、それだけでなくアーサー王にかけられていた「混沌の呪い」までも解いてしまった。強すぎるぜランスロット。

アーサー王の「混沌の呪い」

混沌の呪い
出典:黙示録の四騎士101話 鈴木央 講談社

アーサー王の「混沌の呪い」とは、洗脳術の一種のようですが、具体的には、負の感情を増幅させることで洗脳する技みたいです。

イオの仲間の魔神族たちによれば、「怒り」と「憎しみ」の衝動に突き動かされことで、自分の意志とは関係なく襲っていたという。

混沌の呪いとは?
  • アーサー王による洗脳術
  • 負の感情増幅⇒衝動にかられる
  • 自我を失い敵に襲いかかる
  • 混沌の呪いは解除可能!
スポンサーリンク

ジェイドの死とキオンの精神

混沌の騎士を倒したパーシバルたちは、宿屋へと戻っていた。もう二度と目覚めることのないジェイドを囲み、悲しみに暮れる仲間たち。

みな、自分のせいでジェイドが死んでしまったと嘆くなか、幼馴染みのキオンは、いつにもまして普通の精神状態ではなかった。

拘束する混沌の騎士ティーニニックに、真顔で暴力をふるい責め立てる、その光景は「異常」でしかない・・・

永遠の国へのヒント

朗報もあった。それは、永遠の国に行くためのヒントを掴んだことだ。イオが、トリスタンに打ち明けてくれたのだ!

ジェイドの死を受け入れ前に進むしかない。ティーニニックに「刻印」を使わせ、永遠の王国へ連れていくことを提案。

ティーニニックに断る権利などなく、扉を開ける呪文を唱えさせるのだが、その直後絶命・・・アーサー王の粛清を受けるのであった。

永遠の国への入り方整理

永遠の国への入り方
出典:黙示録の四騎士85話 鈴木央 講談社

アーサー王の臣下である混沌の騎士たちは、独特な方法によって、永遠の国への出入りを可能にしていることが分かっています。

混沌の騎士の身体の一部には「刻印」が刻まれており、呪文を唱えることで、永遠の国への門が開くという仕組みだ。

今回ティーニニックが呪文を唱えたとき絶命したのは、アーサー王の仕業。ということは、なんらかの方法でバレていたってことか。

黙示録の四騎士101話まとめ&102話予想

黙示録の四騎士101話ポイント
  • ランスロットが混沌の呪い解く
  • ジェイドの死亡は確定
  • 永遠の国へ行くヒント得る
  • ティーニニック呪文を唱えるや絶命

ジェイドの死亡は衝撃的なんだけど、一つ気になったのは「ジェイドの魂」がこの世にすでにないと言っていたこと。

この世に未練がないから昇天した(天国へと旅立った)みたいだけど、ジェイドってそんなキャラでしたっけ???

イゾルデへの想い
出典:黙示録の四騎士98話 鈴木央 講談社

中の人
98話でイゾルデに想いを伝えようとしたときマクダフの邪魔が入り告白できなかった

とくに、最後の最後までイゾルデちゃんに気持ちを伝えられなかった、明らかに現世に残した未練のはず、今後の伏線になりそうな場面

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話 151話 
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士