黙示録の四騎士

黙示録の四騎士103話ネタバレ感想 いざ魔界!待ち受ける魔神王

黙示録の四騎士103話ネタバレ感想

運命に逆らい、ウォルナック襲撃を強行したアーサー王、その結果として聖騎士二人もの戦力を失ってしまった前回。

中の人
それでも運命に逆らい続けるアーサー王!

103話では、黙示録の四騎士を倒すべく新たな刺客を送り込みますが、運命が変わった今、パーシバルたちが向かう先は魔界!

[toc]

新たなる刺客

ダルマリーへと続く街道のとある高台で、暗躍する7名の混沌の騎士。先頭を切るのはモートラックと呼ばれる男。

その後ろに六名の騎士。いずれも不気味な甲冑をまとい、はるか遠くの街道に目をこらしながら密談している。

彼らの目的は黙示録の四騎士だ。アーサー王の命により、ダルマリーへと向かうパーシバルたちを迎え撃つべく待ち構えていた!

スポンサーリンク

魔界へと通じる岩扉

一方パーシバルたちといえば、ダルマリー方面へと進むのだが、目指すべき場所は魔界!魔神族イオが案内してくれるという。

ウォルナックで出会ったイオが、永遠の国に行くための方法を教えてくれるという。一行が向かうのはとはる石壁。

一見すると行き止まりの場所だが、かまわず岩肌へと進むと魔界へと通じる道が出現したのである。幻術によって扉を隠していたのだ!

イオとパーシバルの関係?

イオのセリフ
出典:黙示録の四騎士103話 鈴木央 講談社

イオが言っていた意味深なセリフ。なんでも、パーシバルのことを知っている様子でしたが、その詳細が気になります!

イオ曰く「昔みんなで可愛がってあげた」という説明だけで、具体的な内容は不明ですが、魔界に居たようなんです。

ただ、パーシバルはじぃじと一緒に、人目を避け神の指でひっそりと暮らしていた。確実に出生の秘密があるね、これは。

パーシバル出生の疑問
  • 魔神族イオと顔見知り?
  • 魔界に居たことがある?
  • 魔神族を怖がらない
  • 魔神族と会話できる
  • 本人は全く覚えていない様子

いざ魔界へ!

秘密の岩扉をくぐり、魔界への入口に入っていく一行。だが、魔界に入るためには厄介な二つの問題が生じるというのだ。

  1. 魔界の瘴気(しょうき)
  2. 人間族への憎悪

魔界の瘴気対策としては、トリスタンの魔力「聖者の外套(コート)」で守ることが可能だ。女神族を母親に持つトリスタンならではの力。

もう一方の人間族への憎悪についてはどうにもならない。問題は攻撃してきた場合だが、前に進むしかない!と腹をくくる一行であった。

魔神王登場

前作「七つの大罪」からのファンなら、現在魔界を治めているのが、メリオダスの弟にあたるゼルドリスですよね。

今作「黙示録の四騎士」でも登場してきたのはうれしい限り!威厳のある姿ながら、パーシバルたちを好意的に迎えてくれる(はず)。

中の人
部下が暴走する可能性もありそうだけどw

そういえば、ゼルドリスの奥様であるゲルダ(吸血鬼族)の姿がなかった。二人の間に子供もいるのかも気になりますねぇ。

黙示録の四騎士103話まとめ&104話予想

黙示録の四騎士103話ポイント
  • アーサー王の刺客待ち伏せ
  • いざ魔界へ!
  • 魔神王ゼルドリス登場

魔神族はパーシバルたちに敵意を見せないはず。イオも一緒に同行していることから、同朋を助けた命の恩人になります。

それに、アーサー王は魔神族を連れ去っていることから、共通の敵になるはずで、協力関係こそすれ敵対はないはず。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
141話 142話 143話
144話 145話 146話
147話 148話 149話
150話 151話 
単行本最新話
黙示録の四騎士16巻
132話133話134話
135話136話137話
138話139話140話
黙示録の四騎士15巻
123話124話125話
126話127話128話
129話130話131話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話

-黙示録の四騎士