黙示録の四騎士

黙示録の四騎士107話ネタバレ感想 永遠の王国への入口へ!

黙示録の四騎士107話ネタバレ感想

仲間たちと合流を果たし、永遠の王国の扉の場所を聞きだそうとする一方で、ガウェインが魔界の入口で複数の混沌の騎士と戦っていた!

中の人
そして今話は

107話では、ガウェインvs複数の混沌の騎士の行方、さらに、パーシバルが落としたパーシバルソードも見つかるのだが・・・

圧倒するガウェイン

やはり!ガウェインの実力は、複数の混沌の騎士で挑んでも相手にはならなかった。魔力・超減速(スーパースロウ)で一瞬にして戦闘不能に。

ガウェインは、アーサー王とは叔父の関係性。そのため、混沌の騎士とガウェインとは顔なじみなのも不思議ではない。

さらに、リーダー格のモートラックは、ガウェインをお嬢と呼び、「永遠の王国へ戻り陛下に許しを乞うんだ!!」と助言するのであった。

スポンサーリンク

相容れぬ二人

モートラックの助言を「戯言(ざれごと)」として吐き捨てるガウェイン。アーサー王との関係は最悪なもよう。

ガウェインがパーシバルたちと行動するのは、自分に似ているからだという。永遠の王国では、己が何者なのか、なにも誰も教えてくれなかった。

パーシバルたちはそれぞれ悩みを持ちながらも、己の力で答えを探そうとしている。これにガウェインは感化され、共に冒険することを決めた。

ガウェインの苦悩?

元々は永遠の王国側の人間だったガウェインが、今話によって、どうしてアーサー王から離れブリタニアに来たのかが明らかになりました。

謎が多いガウェインですが、そもそもガウェイン自身も、自分のことについて何もわからないようなんです。

ガウェインの苦悩
  • 生みの親を知らない
  • 女にしか興味が持てない
  • 他者に愛情が抱けない

回収

モートラックとのやり取りで感情が爆発した隙を狙い、仲間の一人がガウェインの背後をとり気絶、意外な展開で戦いは終わった。

一方、パーシバルソードを捜索中のパーシバルたちは、瀕死状態の混沌の騎士を助けるのだが、これが最悪の方向へと動いてしまう。

回復した混沌の騎士は例も言わず逃げ去る中で、常闇の棺の欠片を見つけてしまい、そのまま姿を消してしまうのであった・・・

黙示録の四騎士107話まとめ&108話予想

黙示録の四騎士107話ポイント
  • ガウェインの苦悩
  • 何者なのかを知らないガウェイン
  • 常闇の棺奪われる
  • 巨獣ベヒモス

魔界に来た理由は永遠の王国への扉。魔神王ゼルドリスが、ようやく扉の場所を教えてくれることになります。

巨獣ベヒモス
出典:黙示録の四騎士107話 鈴木央 講談社

中の人
魔神王と比較からしてベヒモスってものすげー巨大な生物なんだな

その場所とは「巨獣ベヒモス」の背中のどこかという、予想以上に難易度の高い場所に扉が出現してしまった。

しかもです!ベヒモスは現在活動真っ最中。あらゆる生物を呑み込む巨獣として、近づくのも難しいようですが、果たして扉に辿りつけるのか!?

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
123話 124話 125話
126話 127話 128話
129話 130話 131話
132話 133話 134話
135話 136話 137話
138話 139話 140話
単行本最新話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話
黙示録の四騎士13巻
105話106話107話
番外編 108話 109話
110話 111話 112話
113話
黙示録の四騎士12巻
96話97話98話
99話 100話 101話
102話 103話 104話

-黙示録の四騎士