黙示録の四騎士

黙示録の四騎士83話ネタバレ感想 パーシバル隊の新しい旅路!?

黙示録の四騎士83話ネタバレ感想

パーシバル隊それぞれの休日を描いた前回。パーシバルとの旅もこれで終わりかと、悲しい気持ちを覗かせていた仲間たち。

中の人
そして今話は

83話では、メリオダス国王にお呼ばれされるパーシバル隊の姿が、そこでどんな話をするのか、まさかバラバラになっちゃうの?

国王との謁見(えっけん)

緊張しながらリオネス城の謁見の間を通っていくパーシバル隊の面々、気になるのは呼ばれた目的ですが、果たして。

能天気のパーシバルはもちろんのこと、ナシエンスたちも、国王に呼ばれた理由が全くもって見当がつかない様子だ。

エリザベス王妃
出典:黙示録の四騎士83話 鈴木央 講談社

そのとき!パーシバルたちの前に姿を現したのはエリザベル王妃。あまりの美しさに声を失ってしまう面々であった。

スポンサーリンク

メリオダス国王の激励

王妃曰く、国王と人々のために戦ってくれたパーシバル隊にお礼をするために、足を運んでもらったという。

そして、王妃の後に姿を現したメリオダス国王。アンは国王を憧れの人物として妄想していたが、ちんちくりんな姿に幻滅w

幻想が崩れ去り失望するアンをよそに、メリオダス国王はもう一つの本題の話をすることにした。さてさてその内容とは。

ティティンの存在

ティティス
出典:黙示録の四騎士83話 鈴木央 講談社

謁見の間には国王と王妃のほかに、未だ正体不明のティティンの姿もありました。王妃の側近なのでしょうか?

リオネス王国には魔術師がいるけど、杖を持つ姿は王国所属の魔術師(しかも重要キャラ)にも思えますが、未だ謎が多い。

パーシバル隊の今後

メリオダス国王が声をかけたのはドニー、ナシエンス、アンの三人。ランスロットから今までの奮闘ぶりを聞いていたようだ。

だが、アンたちの反応はどこか寂しげ。戦力不足を十分すぎるほど痛感している三人は、パーシバルとの別れを予見していたからだ。

そんな反応をよそに、メリオダス国王は三人を一人ずつ御前へと呼び寄せる。その目的は、聖騎士任命の儀式をするためだった。

聖騎士じゃないアンたちは、今後パーシバルと旅はできないと思っていたが、聖騎士になった今、彼らの旅はまだ終わらないゾ!

パーシバル隊の問題点?

晴れて聖騎士となった三人、メリオダス国王から称号はもらったものの、実力不足はやっぱり否めない状況だよね。

パーシバルも含めてだけど、今後激戦が予想される展開で、パーシバル隊の実力アップは急務なのは明らか。

アーサー王との本格的戦を前に、パーシバル隊(というか黙示録の四騎士含め)の修行回が描かれそうな予感がしますが。

中の人
パーシバル隊がリオネス王国に辿りつけたのもランスロットがいたからでしたよね

黙示録の四騎士83話まとめ&84話予想

黙示録の四騎士83話ポイント
  • 国王に謁見するパーシバル隊
  • 謁見の目的はお礼と聖騎士儀式
  • 晴れて聖騎士になったアンたち
  • パーシバル隊の旅は終わらない!

パーシバル隊の旅は終わらないようだけど、次の目的地はアーサー王がいるキャメロットとなるのでしょうか。

ただ、地下牢に拘束していた捕虜がジェリコによって殺されたことで、キャメロットへ行く手段を失ったんですよね。

それに今の黙示録の四騎士の実力だと、アーサー王には勝つことはできないわけだからね、今後どうなっていくのかな。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
87話
黙示録の四騎士10巻(予定)
78話79話80話
81話 82話 83話
84話 85話 86話
単行本最新話
黙示録の四騎士9巻
69話70話71話
72話 73話74話 
75話 76話 77話
黙示録の四騎士8巻
60話61話62話
63話64話65話
66話67話68話
スポンサーリンク