チェンソーマン

チェンソーマン考察 マキマは悪魔?魔人?彼女の正体を探る

チェンソーマン マキマの正体

主人公デンジの直属の上司にあたるマキマさん。内閣官房長官直属のデビルハンターでもある彼女の正体含め謎多きキャラの一人。

何一つ分かってないよね

さらに、マキマがデンジを利用して何かを企んでいるのは事実で、サンタ編のように、彼女の行動を世界が注視しているのも確か。

そんなわけで、チェンソーマンにおける超ド級主要キャラであるマキマさんについてまとめてみることにしました。

マキマさんの基本情報

マキマの正体を探っていく前に基本設定を押さえておきたい。まず、デンジはじめ主要キャラが属しているのが公安という組織。

この世界には、魔人だの悪魔だの人間を襲うバケモノたちが存在する。このバケモノを倒すのが公安の役目の一つとしてあります。

公安の中でもこと特殊な部署が公安対魔特異4課であり、この課を作ったのがマキマ。彼女曰く実験的な部隊なんだそうな。

悪魔や魔人と戦うものをデビルハンターと呼ぶ!
スポンサーリンク

マキマさんは人間ではないの?

公安内でもかなりのお偉いさんのマキマだが、そもそも人間なのかどうか、そんな根本的なところすら怪しいキャラなのだ。

人間ではない?

はい。マキマは人間じゃない説が濃厚になってきています。その根拠となったのが、第26話「銃は強し」でのこと。

チェンソーマン マキマ死亡?
出典:チェンソーマン3巻 藤本タツキ 集英社

京都に向かう新幹線の中で暴力団組員の銃弾を受け死亡する描写が描かれています。このとき隣に座っていた公安の人は死亡。

しかし、マキマはなにごともなかったように立ち上がり組員を殺害。つまり、マキマは銃弾では殺せない=人間ではない可能性が浮上した。

地獄から生還しても五体満足のマキマ

このほか地獄から五体満足で生還していたのも気になる点。あのとき現実に戻れたのは、マキマが地獄の悪魔と契約したからでした。

地獄の悪魔に「私のすべてをささげる」ことで契約は成立、契約不履行は悪魔の世界では死を意味するため契約はたしかに結ばれた。

けど、現実に戻ってもマキマはピンピン。ただ、人間でないとしても、地獄の悪魔にすべて捧げてもなぜ生きてるのか不明。

まだ明らかになってないカラクリがあるんだろうね

マキマ、あなたは一体何者なの?

マキマが人間でないと仮定するなら、彼女は一体何者なんか。これまで作中で描かれてきたコマを根拠にしながら探ってみたい。

普通に考えれば悪魔や魔人となるけど、この世界の魔人や悪魔にはそれぞれ特徴があり、人間ではないことがすぐに分かるはず。

マキマは魔人なのか

まずは魔人説から。

魔人は人間の死体を乗っ取っている悪魔のため、見た目はほぼ人間です。ただし、頭部の形が違うのが魔人の特徴。

  • 血の魔人(ツノある)
  • サメの魔人(頭部がサメ)
  • 暴力の巨人(目が複数)

マキマが人間の死体に乗っ取る魔人なら頭部に何かしらの特徴があるはず。そこで、よーく見ると一つだけ気になることか。

マキマの目と未来の悪魔

マキマの瞳は三重円になっており特徴的な瞳をしてます。とはいえ、これが魔人の根拠となるかはかなり微妙なところ。

というのもチェンソーマンに登場してる人間の瞳の描かれ方がバラバラで、瞳の形も違ってるのでなんともです。

チェンソーマン マキマの目
出典:チェンソーマン 藤本タツキ 集英社

ただし、マキマの瞳が未来の悪魔の瞳と酷似している気になるところ。未来の悪魔と何かしらの関係があるとか?

ちなみに、公安にはアキ以外に未来の悪魔と契約した人間がいるとされてますが、マキマの能力は秘匿扱いなので彼女ではない。

マキマは悪魔なのか

次は悪魔説。

悪魔は見た目からして異形な容姿をしていることが多い。そもそも悪魔とはどこから生まれるかといえば、人間の恐怖からです。

  • 悪魔は人間の恐怖から生まれる
  • 人間に恐れられている名前ほど強い
  • 根源的恐怖の悪魔は超越者と呼ぶ
  • 超越者は一度も死を経験していない悪魔

人形やトマトといった物以外にも、永遠や未来といった概念的な悪魔もいる。とくに根源的恐怖から生まれた悪魔はヤバヤバ。

レンジたちが地獄に落ちたときに遭遇した闇の悪魔がまさにそれ。他の悪魔からは超越者とも呼ばれていた。

チェンソーマン マキマの正体
出典:チェンソーマン3巻 藤本タツキ 集英社

蜘蛛の悪魔からの召喚により地獄に来たとき、闇の悪魔と対等、少なくともダメージを与えていたことから、マキマは超越者の一人なのかもしれない。

ただ、マキマの容姿は人間のそれ。見た目からして明らかに人間にしか見えないのだが、これはどう理解すればいいのか。

悪魔の容姿

悪魔は人間の恐怖から生まれた存在のため、その容姿が悍ましいのは納得はできます。ただ、悪魔によっては人間に近い存在もいます。

蜘蛛の悪魔や天使の悪魔は人間にかなり酷似している

人の姿に近い悪魔の共通点は人間に友好的なこと、マキマは人間に友好的なのは確かです。そのため人の姿に酷似しているのか。

マキマは魔女?

チェンソーマン マキマの正体
出典:チェンソーマン3巻 藤本タツキ 集英社

爆弾の魔人レゼがマキマのことを「あの魔女」と形容していた場面が。ただ、この魔女が何を意味しているのかは何とも言えないところ。

魔女の悪魔ってのもありそうだけど、闇の悪魔と互角に戦えるくらいの根源的恐怖とは呼べない存在のようにも思えます。

いまだ不明な存在

マキマの正体考察で追加して、まだ明らかになっていない人間とも魔人とも呼べない存在もいます。デンジやサムライソード、レゼです。

マキマの容姿が人間のそれなのも、デンジタイプであれば納得がいく。人間なのか魔人なのか、曖昧な存在がマキマの正体なのか?

マキマが使用した能力

マキマの能力についてもこれまた謎が多いですが、これまでにいくつか能力を実際に使用しています。まずは、そこから整理。

下等動物を操る能力

マキマのメイン能力としては下等動物を操ることができるようです。今までネズミや鳥などを操っている描写がありました。

  • 下等動物の耳を借り情報収集
  • 鳥を使い遠くの標的を殺す
  • ネズミを密集させ出現

下等生物を使用した能力

京都の神社で複数の死刑囚を生贄に、東京にいる標的を次々と惨殺。仮に悪魔と契約した能力なら、死刑囚は能力使用の対価といえそうです。

サンタがみせたように、他人を対価に差し出すのは可能

悪魔と契約しているデビルハンターは、悪魔の力を借りる代わりに何かを捧げる必要があるけど、マキマの場合、それが他人の命ってことなのか。

チェンソーマン マキマの能力
出典:チェンソーマン4巻 藤本タツキ 集英社

マキマが能力を使用するとき、鳩だったりカラスだったりが描かれていたことから、下級動物を使用する能力の可能性は高そうです。

ほかにもネズミの群れからマキマが現れたりしており、下等生物を操る能力以外のさらに高度な能力を使っています。

複数の能力の使い手?

岸辺が複数の悪魔と契約しているように、クァンシが複数の魔人を従えていたように、悪魔との契約は複数できるようです。

マキマの場合も、下等生物を操る能力以外の能力を持ち合わせている可能性はありそうです。たとえば新幹線で使用した能力。

チェンソーマン マキマの能力
出典:チェンソーマン4巻 藤本タツキ 集英社

死体に空いた穴、マキマがどうやって殺したのか詳しい描写はないものの、新幹線の中で下等動物を使って殺したとは考えにくい。

となると、彼女自身の能力(人でないなら)とか、別の悪魔の能力で殺したとか、いろいろ考えられる描写です。

マキマと闇の悪魔の関係性

新幹線内での穴の開いた複数の死体、この攻撃痕が地獄で遭遇した闇の悪魔の攻撃とどこか似ているのも関係があるのでしょうか。

チェンソーマン マキマの能力
出典:チェンソーマン65話 藤本タツキ 集英社

超越者と呼ばれる根源的恐怖から生まれた闇の悪魔に対して、現実世界にいる悪魔の能力で勝つのはムリゲーのはず。

でも、マキマは闇の悪魔とダメージを与えてるってことは、マキマが使う能力は超越者クラスの力なのは確かってことだよね。

悪魔や魔人を従えている?

このほか、複数の悪魔を従えているような描写もありました。サメの魔人は、マキマとなにかしらの約束をしていることが判明。

蜘蛛の悪魔に至ってはマキマの命令に忠実に従っており、地獄にマキマがこれたのも、蜘蛛の悪魔が指示に従ったからでした。

悪魔の世界では強者が弱者を従わせるという上下関係はありそうな気もする。爆弾の魔人レゼが台風の悪魔を従わせていたように。

チェンソーマン マキマの能力
出典:チェンソーマン7巻 藤本タツキ 集英社

さらにマキマの行動にも気になるところが。それは、悪魔との戦いで死亡した公安の遺体を回収するよう命令していること。

なぜ仲間の死体を回収する必要があるのか。魔人は人間の死体を乗っ取ている悪魔、魔人を作る死体に集めてるとか?

マキマを警戒する世界

さらに、マキマの行動は世界も無視できない存在のようです。世界中の名だたるデビルハンターがデンジを狙いに日本に来た。

サンタの目的な何だったのか?

その中の一人、人形の悪魔の能力を使うサンタクロースの目的が不明でした。政府からの依頼はデンジを捕まえること。

ただ、サンタは闇の悪魔と契約してマキマを殺そうとした。世界中から刺客がやってくる前、マキマはこんなセリフを言っています。

チェンソーマン マキマの敵
出典:チェンソーマン7巻 藤本タツキ 集英社

世界がデンジを狙っているのは、マキマの手元にいるからだと言います。政府の依頼、生贄の確保を手に入れたのを幸いにマキマ殺害を狙ったのか。

サンタがマキマを狙った理由については詳しく描かれていない。マキマの正体が明かされることで分かるのかな?

岸辺隊長の腹の中

公安の中にもマキマを殺そうとしている人物が一人。岸辺隊長です。岸辺はマキマを殺すための機会を狙っていた。

チェンソーマン マキマの敵
出典:チェンソーマン7巻 藤本タツキ 集英社

どうもこの会話から岸辺はマキマの正体や彼女の目的を知ってる感じに思える。そして、今のところマキマは人間の味方をしてる。

ただ、それは何らかの目的のために人間側についてるって感じ。そして、やっぱりマキマは人間ではないように思ってしまう。

マキマさんとは結局何者?

マキマさんの正体とは一体なんなのか。デンジを異常に気にかけ、休日には映画館をはしごし、旅行好きで、相当な酒豪。

内閣官房長官専属デビルハンターであり、公安内に新設部署が作れるくらい権力があり、そして、メチャンコ強い。

一方で、世界から刺客が送られくるほど注視されてる人物であり、彼女を殺そうとする者が内部にも外部にもいる。

マキマの正体、そして目的、本作のラスボス説まであるくらい謎が多く、そして、ラスボスだったとしても納得する自分がいるw



-チェンソーマン

© 2020 アナブレ