H×H

【ハンターハンター】「ゴンの母親は原作に既登場」ガセネタ説

2019年3月11日

ハンターハンターに登場するキャラの中でも、謎多きキャラの一人にゴンの母親がいます。ネットでもさまざまな憶測を見かけますが、今回はこの問題に迫ります!

とはいっても情報がすこぶる少ない上にガセや根拠のない情報も多いので、アナブレ独自の調査によってゴンの母親の正体について考察していきます。

ゴンの母親代わりミトさんのセリフ検証

まずは、作中でゴンの母親について言及している箇所を検証していきます。一番詳しく描かれているのは、ハンター試験を終えたゴンがクジラ島に帰ってきた単行本8巻。

ハンターハンター ゴン 母親
出典:HUNTER×HUTER8 冨樫義博 集英社

このときミトさんは、ジンからゴンを引き取り母親代わりとして、育てるようになった経緯(いきさつ)を説明しています。

ミトさんのセリフの中で登場したゴンの母親の情報は次の通り。

  • 10年前にジンから引き取ったのがゴン
  • 母親は誰なのかは知らない
  • ジンは奥さんとは別れたと言っている

ジンは奥さんとは別れて子ども(ゴン)を引き取ったこと。そして、ゴンをミトさんに預けるためにわざわざクジラ島に10年ぶりにもどってきたこと。

気がかりなのが、ゴンを引き取っておきながら自分では育てなかったこと。

プロハンターとして活動しているジンにとって子どもを育てられる環境ではないのは明らかです。それでも、ゴンを引き取ったってことは、奥さんになにかあったとも推測できます。

上のコマをもう一度見ます。

ゴンは正面を見据えていますが、ジンの顔は横向きです。ウソをついているから横を向いている、そんな深読みもできなくはありません。

ゴンの母親が誰なのか議論はネットでもよく見かけますが、ゴンの母親が生きているのかどうか、ここらへんも考慮して考察しないといけないのかもしれませんね。

冨樫「母親はすでに登場している」の信ぴょう性

そもそもの話。

ゴンの母親が今でも生きている、ひいては、ゴンの母親が誰なのか議論の根拠となったであろうソース元が、冨樫先生が某雑誌で発言したであろう、

母親はすでに登場している

という発言です。

ですが、この「某雑誌」がどの雑誌なのか分からない。

そこで過去記事を辿って調べていくことに。そうすると、この発言がある一番最初に書かれたであろうサイトにたどり着きます。

てっきりソース元は2chかと思ってたのですが、たどり着いたのは個人ブログ。問題の記事(であろう)冒頭で「どうやらゴンの母親は既に登場しているらしい」と発言。

このブログは2016年から記事が更新された形跡がなく放置状態。HTMLソースからアップした日を調べてると、2013年2月にアップとなっています。

ハンターハンター ゴン 母親
出典:某個人ブログのHTMLのmetaタグ情報

あくまで可能性なのでタイトルなどは伏せます。

2013年2月以降になると2chや2chまとめサイトでこの情報が登場してきます。逆に2013年以前の記事では調べた限りそれらしい記事はありませんでした。

問題の発言が事実だとすれば、2013年の1月~3月あたりの冨樫先生のインタビューが根拠になっているのではないか、というのが当サイトが調べた限りでの感触です。

ですが、例の個人ブログに書かれていた記事にも「某雑誌」としか書かれておらず、具体的な雑誌名は一切触れていない。

結論から言うとこの情報はガセ情報の可能性が高い。

少なくともネット上においては、冨樫先生が発言したとされる「ゴンの母親はすでに登場している」と言及しているインタビュー記事は見つけられませんでした。

よって当サイトではガセネタと判定!

ゴンの母親は登場するのか

というわけで、今回アナブレで調べた限りでは、ゴンの母親が作中で登場したかどうかさえ怪しい情報なので、母親について考察する根拠がなくなってしまいました。

まさに企画倒れです!

ですが、冨樫先生の作品では主人公の片親の正体が不明という設定はハンターハンターだけではありません。幽遊白書でもそうでしたよね。

浦飯幽助の父親は誰?

幽遊白書の主人公、浦飯幽助の父親は不明のままでしたが最終巻の中で、幽助の母親温子(あつこ)と話す父親が登場します。

ハンターハンター ゴン 母親
出典:文庫版幽遊白書12 冨樫義博 集英社文庫

名前は最後まで明らかになることはありませんでしたが、幽助が営む屋台を遠くから見つめているこの男性が父親であることがラストにて判明します。

幽遊白書では主人公の父親が正体不明、そしてハンターハンターでは主人公の母親が正体不明、となればゴンの母親もラストで明かされるなんてシナリオもあるかもしれません。

そういえば、現在連載中の暗黒大陸編にもジンは登場しているので、もしかするともしかするかもしれませんね。

知らんけど。

母親は永遠に不明のまま?

ハンターハンター ゴン 母親
出典:HUNTER×HUTER8 冨樫義博 集英社

とはいえ、ゴンの母親に対する想いはジンほどではないようです。というのも、ゴンは「自分の母親はミトさん」と、自分の中で納得してしているからです。

ジンのように、母親に会いに旅に出よう!とはなっていませんでしたからね。それに、総選挙でゴンとジンが再開したとき、母親のことは一切話題に出なかった。

ゴンの口からも話題にしてないことからしても、ゴンにとって本当の母親が誰なのかは重要な問題ではないことは明らか。

だって彼の中では母親はミトさんだから。

ゴンの母親死亡説

最後はアナブレ的ゴンの母親が誰なのかを考察していきます。可能性のある人物を紹介するというよりも母親の安否についての考察になります。

というのも、冒頭でも話した通りゴンをジンが引き取った時点で明らかにおかしいw

ジンという人物はハンターとしては確かに実績があり人望もある、けど人の親としてはあきらかに向いていない。それはジンの奥さんが一番分かってるはず。

それなのにゴンは奥さんではなくジンが引き取った。

これは何を意味するのかって話です当サイトとしては、ゴンの母親死亡説の可能性はあるように思ったりします。

状況から考えると、ゴンの母親は死亡してるのではにのかという考察なので、確固たる根拠は全くありませんw

【ハンターハンター】ゴンの母親まとめ

というわけで、ここまでゴンの母親についてまとめてきました。そもそもの話作中にゴンの母親が登場してるのかどうか、そんな根本的なところから考察した結果、

結論は死亡

になってしまいました。

ちなみに、2013年頃に発言したと思われる冨樫先生のインタビューが掲載されている雑誌なり作品なりをご存知の方は情報提供お願いします。



Copyright© アナブレ , 2019 All Rights Reserved.