本とサブカルを中心にたわいない日常をブンセキ

アナブレ

ハンターハンター

【ハンターハンター】ビスケ死亡説浮上?正体や能力を振り返る!

現在ハンターハンターは次期国王の座をかけた王位継承戦の真っ最中。最新話での作者メッセージからして先がまだまだ先は長いのはいいんですが、ネームできてるなら早く再開しちくれ!

今編では過去に登場したキャラが多数再登場しているのも何気にうれしいところ。その一人がビスケ。初登場はグリードアイランド編で、ゴンやキルアの師匠として登場。

ただ、ビスケが警護する第13王子マラヤーム陣営では守護霊獣の仕業と思われる能力が発動しており動向が気になります。

そこで、今回は暗黒大陸編で久々に登場したビスケを考察!

暗黒太陸編でビスケ死亡説急上昇!?

マラヤームの暗殺計画の可能性

ハンターハンター ビスケ考察
出典:HUNTER×HUNTER35 冨樫義博 集英社

BW号でのビスケの任務は第13王子マラヤームの警護。第7王妃セヴァンチに雇われていますが、継承戦を勝ち抜くのは正直難しい陣営なのは間違いない。

最初に犠牲者となった王子がモモゼだったことも根拠となります。モモゼの殺害は念能力者によって殺害されていました。つまり、そこには明確な暗殺があったことになる。

モモゼがターゲットになったのなら、当然マラヤームも標的の対象になってもおかしくはない。二人は姉弟、第7王妃セヴァンチの子供であるからだ。

モモゼを暗殺した人物はすでに判明しています。犯人はダフティー、第5王妃所属兵。王妃所属兵の特徴は王妃への忠誠心が強いこと。つまり第5王妃スィンコスィンコが暗殺命令を出していた可能性を匂わせます。

現時点ではモモゼ暗殺の黒幕は明らかになっていませんが、モモゼの弟にあたるマラヤームが狙われても決しておかしくはない!

マラヤームの部屋の秘密

マラヤームの暗殺を仮定するならば、警護についているビスケの安否が気になるところです。ただ、マラヤーム陣営では奇妙な現象が起こっています。

ハンターハンター ビスケ考察
出典:HUNTER×HUNTER36 冨樫義博 集英社

ベレレインテが部屋に入ろうとすると!!?

ビスケの推測では守護霊獣の能力だと話していましたが、マラヤーム陣営の部屋が別の空間(念空間)に移動しているのが今現在の状況。

これは守護霊獣による一種の防衛策と言えます。この能力はモモゼ殺害以降発動していることからも、他王子や王妃の暗殺からマラヤーム王子を守るために能力を発動したとも考えられます。

クラピカの第一回念講習会でベレレインテが問題なく部屋に戻れていたことから、継承戦がはじまった当初は守護霊獣の能力はまだ発動していなかったのは確かです。

警護するビスケに危険が迫る!?

マラヤームが狙われている可能性は高いですが、守護霊獣の能力によって部屋に侵入者が入ることは現時点では不可能といえそうです。

そのためビスケが迫りくる暗殺者と戦うといった展開は今のところなさそうです。ビスケの死亡説もネットではちらほらありますが、伏線という伏線は今のとこ描かれていない。

スポンサーリンク

ビスケの正体をおさらい!

ここまで暗黒大陸編でのビスケの状況を話してきましたが、久しぶりに本編の主要キャラとして登場してきたので、おさらいがてらビスケについてまとめてみました。

ビスケット=クルーガーとは

ハンターハンター ビスケ考察
出典:HUNTER×HUNTER14 冨樫義博 集英社

ビスケの初登場はグリードアイランド編(単行本13~18巻)にて。彼女の本名はビスケット=クルーガー。変化系能力者です。

容姿はゴンのように幼さが残る少女といった感じですが、実年齢は御年57歳!念を覚えたのは17歳のとき、そのため念能力者歴40年の大ベテラン婆w

性格は気まぐれで感情豊かなキャラ。本音を隠しウソをつくのもうまい。「ウソつきには二通りあるの」とウソに関する名言も残していました。

グリードアイランド編
ハンターハンター考察・感想 グリードアイランド編を振り返る!

グリードアイランド編では念のさらなる奥深さ、そして少年ジャンプのまさに王道バトルマンガをしっかりと描いていますw キメラアント編は神ス ...

ビスケの変身と元の姿

ビスケの正体もグリードアイランド編にて明らかになっています。彼女の秘密とはロリロリな姿は偽りの姿で、本来は筋肉隆々のゴツイ婆さん。

若くして武道の道を究めていった結果、自身の体がだんだんとゴツクなっていったようです。変化系能力者ということから、強くなりと願う気持ちが彼女自身の体を変えていきました。

ハンターハンター ビスケ考察
出典:HUNTER×HUNTER36 冨樫義博 集英社

強さを求めた結果この肉体になった

体がゴツくなってしまった理由についはビスケ本人にも分からないという。つまり、筋肉隆々は自分が意図した肉体ではないんです。だからビスケの能力がサポートタイプなのでしょうか。

ビスケの念能力「魔法美容師クッキィちゃん」

ハンターハンター ビスケ考察
出典:HUNTER×HUNTER20 冨樫義博 集英社

桃色吐息

ビスケの能力はオーラを具現化させた念人形(魔法美容師クッキィちゃん)エスティシャンによる癒しのマッサージ。マッサージに使用されるオイルも念を変化させたもの。

マッサージを30分受けただけで、8時間の睡眠と同等の効果が得られるという癒し能力!そのほか若返り、美肌効果、便秘や肩こり、冷え症なども悩みもすべて解決してくれるという能力w

一見するとエステ能力?と思いますが念能力としてはかなり高度、ビスケ本人の能力を付与しているのではなく、念人形(クッキィちゃん)に能力を付与している。

つまり、二重の能力を付与しているわけです。さらに特性ローションも念を変化させたもの。とはいえ、ビスケの本来の姿を考えれば似つかわしくない能力なのは確か。

なぜビスケはサポート能力を選んだのか

ビスケの趣味は「磨けば光るもの」。たとえば宝石、GIにきたのも「ブループラネット」という宝石を入手するためでした。ですが、「光るもの」とは宝石意意外にも能力や才能も含まれます。

ゴンたちに目を付けたのも、彼らの才能に興味が湧いたから、彼らはまさにダイヤモンドやサファイヤの原石、磨けば必ず光と見抜いたから師匠になることを自ら志願した。

ビスケがバキバキな体になったのは、「磨けば光る」精神を貫いたからでしょう。日々強さを求め修行という名の自分磨きをしてきた、でもこれは「武」に偏ったもの。

ビスケは女の子です。ロリロリな仮の姿からしても、彼女の「乙女心」がうかがい知れます。武だけでなく「美」に対しても自分磨きの欲求があったのではないか。

そのため、彼女は攻撃系とは真逆のサポート技を選んだように思えます。「武」と「美」の両方を手に入れたかった彼女の意志が一見すると矛盾する能力になったのかもしれません。

ビスケの繋がりと心源流

ビスケの口からは語られていないんですが、各キャラのセリフなどからビスケの武の本流が見えてきます。まず、ビスケの武道の極めし道は「心源流」です。

そして、ゴンとキルアの師匠であると同時に、かつてウイングさんを指導していたこともビスケの口から語られていました。

そうなると、心源流の師範がビスケが目指す武道のゴールと言えます。なら心源流の師範は誰なのか、「心」が付いてる時点で分かる人には分かるはず。

ハンターハンター ビスケ考察
出典:HUNTER×HUNTER7 冨樫義博 集英社

そうです、ネテロ会長です。ビスケのセリフには登場してこないんですが、ウイングさんのセリフなどから明らかになっています。

ネテロ会長がビスケを直接指導したかは定かではありませんが、ビスケが心源流を志したこと、そして念能力を覚えたことを考えると、ネテロに強い影響を受けたのは確かです。

心源流の神髄は「感謝」。一日一万回の感謝の正拳突きから生まれた心源流をビスケとウイングから学んだゴンとキルア。思わぬところで繋がっていたんです。

Copyright© アナブレ , 2019 All Rights Reserved.