本とサブカルを中心にたわいない日常をブンセキ

アナブレ

H×H

【ハンターハンター】暗黒大陸で正体判明?シーラの正体考察

劇場版「HUNTER×HUNTER 緋色の幻影」の特典として付いてきた「HUNTER×HUNTER0巻」に登場するシーラという女性について考えていくのが今日の趣旨。

クルタ族殲滅事件に関与している女性と思しきキャラですが、暗黒大陸編にてクラピカや幻影旅団が登場したことで、シーラの正体も明らかになる可能性もありそうです。

そこで、ここではシーラに関するさまざまな説や考察も含めて紹介していきます。

シーラとは?

ハンターハンター0巻 ネタバレ内容

そもそもシーラとはどんなキャラなのかを説明。本編では一度も登場していない(はず)女性キャラで、ハンターハンター0巻のみに登場していたキャラです。

クルタ族の里に迷い込み、幼少期のクラピカ、そしてクラピカの親友パイロと接触していていた人物です。プロハンターを目指していたことも判明しています。

ケガをしたことで里に何日間か滞在することになる。シーラはクラピカに外の世界のことや、ハンターという職業があることなどを教えています。

一見するとシーラは優しい旅人に見えますが、彼女の行動には不審な点が多くあり、なんといってもシーラと出会った1年後に幻影旅団の襲撃を受けているんです。

これは単なる偶然なのか、シーラはクルタ族殲滅事件と何らかの関与があるのではと勘ぐるのは当然の流れ、そこでシーラについてももっと深く見ていきます。

シーラの服装

ハンターハンター シーラ
出典:HUNTER×HUNTER0 冨樫義博 集英社

まずはシーラの見た目からみていきます。彼女の服装には「ハート」が多くあるのが特徴。耳当て、水筒、バッグにあしらわれています。

また、バッグには「ネズミ」のようなイラストがあり、これは彼女が耳当てをしていることと関係しているのでしょうか。ネズミがキーワードとかでしょうか?

ほかにも携帯テレビを聴いているようにも見えますが、これは音を出して誰がか気づいてくれるのを待っての行動かもしれません。こうしてみると道に迷い助けを待っていたように見えます。

シーラの行動

ハンターハンター0巻 ネタバレ内容
出典:HUNTER×HUNTER0 冨樫義博 集英社

シーラはしばらくの間、クラピカたちの隠れ家で休むことになります。クルタ族は外部との接触を一切しない部族。そのため大人たちには内緒で助けていました。

ただ、シーラは症状がよくなると、自ら怪我をして何度も完治を遅らせます。まるで「ワザと」そうしていたように。こうしたシーラの謎行動はさまざまな考察につながっていきます。

シーラが持っていた「D・ハンター」

ハンターハンター0巻 ネタバレ内容
出典:HUNTER×HUNTER0 冨樫義博 集英社

シーラは助けてくれたお礼にと、クラピカたちにD・ハンターという本を上げています。この本はプロハンターの主人公が活躍する冒険活劇。

この本がきっかけでシーラはプロハンターを目指すことになった大切な本、本には付箋がいくつもついているのが特徴的です。

シーラの置手紙

シーラがクラピカたちから去るとき、別れの挨拶ではなく置手紙が置いてあるだけでした。そのため、シーラが里を出ていく姿は描かれていません。

自分が大切にしていた本まで上げたにもかかわらず、あっさりとした別れ。その後もシーラが里に現れることはなかったようです。少なくともクラピカが里を出る1年間はシーラとは会っていない。

シーラの正体考察

ここまでは数少ないシーラの登場コマから見える彼女の特徴や持ち物、行動などをまとめてみました。基本は押さえたので、ここからいくつかの説を検証していきます!

シーラは旅団の元8番説

シーラの不振な行動から当時の旅団メンバーで、クルタ族襲撃の偵察役としてシーラがクラピカと接触したのでは?という説があります。

まず、旅団のクルタ族殲滅事件についてはヨークシンシティ編が参考になります。幻影旅団のメンバーは今まで二名入れ替わっています。

4番と8番。

ただ4番の元メンバーはオモカゲという人物。本編には登場していませんが、劇場版にて明らかになっています。そして8番についてですが、8番の元メンバーの名前は不明です。

ハンターハンター シーラ
出典:HUNTER×HUNTER8 冨樫義博 集英社

ただし、メンバーが入れ替わったのが3年ほど前であることがフェイタンのセリフから明らかになっています。3年前といえば、キルアの親父シルバが旅団と戦った時期です。

そのため、メンバーの入れ替えのきっかけになったのはシルバとの戦いによって当時の8番が死亡したと言えそうです。そしてクルタ族殲滅事件はクラピカのセリフより5年前の出来事。

つまり、どういうことかといえば、現在8番のシズクはクルタ族殲滅事件には関わっておらず、元8番が参加していたということになります。

元8番に関する情報が一切登場していない以上、シーラが元8番であった可能性は無きにしも非ず。ちなみに、現8番のシズクは女性、そして能力は具現化系です。

具現化系は思い入れのあるものが武器になりやすく、オーラを具現化するだけでなく、武器や道具に特殊能力を持たせることもできます。

シーラの独特なファッションも具現化系と関係あるのでしょうか。クラピカに渡した本「D・ハンター」が彼女の武器ではないかとも考察できます。

シーラは流星街出身説

シーラの出身地についてはなにも言及されていません。ですが、クルタ族を襲撃した賊がメッセージを残しています。そこに書かれていた文言は、

我々は 何ものも拒まない だから我々から 何ものも奪うな

というものでした。

このセリフは幻影旅団というよりも流星街のメッセージです。ただ、旅団はクルタ族の「緋の目」を奪うのが目的で、仲間を殺されたわけではないはずです。

ハンターハンター シーラ
出典:HUNTER×HUNTER11 冨樫義博 集英社

そもそも、クルタ族は外の世界とは一切の接触を拒む民族です。だからクラピカもシーラを自分たちの隠れ家に置いていたわけです。つまり、流星街とクルタ族との接点は一切ない!

ならなぜ、このメッセージが置かれていたのか。

可能性としてシーラが関係していそうです。シーラがクラピカの前から急に姿を消した行動に違和感がありましたが、クルタ族に見つかっていたとしていたらどうか。

里には地下牢も設置されているのがパイロのセリフから明らかになっています。クルタ族を偵察していたシーラが村人に怪しまれつかまって牢屋に投獄されていたとか。

シーラがクラピカに初めて接触したとき「水が流れる場所を教えて」と言っています。クルタ族には井戸のようなものは描かれていませんでした。

ハンターハンター シーラ
出典:HUNTER×HUNTER0 冨樫義博 集英社

おそらく生活用水は近くに流れる川から補給していたと考えられます。つまり、シーラが川が流れる場所を知りたいということは、その近くにクルタ族の里があるのは容易に想像できます。

こうしたシーラのセリフから見ても、クルタ族が目的でクラピカたちに近づいていた可能性もありそうです。

シーラが旅団の元メンバーではないとしても、たとえば今回の仕事でシーラの能力が必要で協力者として一時仲間にしていたという可能性もあります。

流星街出身が多い旅団との接触が持てるシーラもまた、流星街出身である可能性はありそうです。シーラの不振な行動はクルタ族の偵察役だったからなのかもしれません。

シーラに関する説考察

ここまではシーラと旅団、そしてクルタ族殲滅事件についての諸説を見てきましたが、シーラにはそのほかにもさまざまな説があります。シーラとは謎多きキャラでもあります!

ゴンの母親説

ゴンの母親候補として考えられているのがシーラ。ゴンというよりも旅団や流星街との接点が強い可能性があるので、説得力のある説ではないように思います。

パリストンとの関係説

シーラとパリストンの関係?と以外に思うかもしれませんが、ネットではこの二人を結びつける考察も当時あったんです。

その根拠はシーラがネズミのような衣装をしていたことから、十二支んの子(ね)担当のパリストンと関係があるのでは?という考察です。

これについても当ブログでは説得力のある説ではないと判断してスルー。

暗黒大陸編にてシーラについて明らかになる?

パリストンとの関係以上に可能性があるつながりが暗黒大陸編にて登場したツェリードニヒです。ツェリが所有する人体コレクションには数多くの「緋の目」がありました。

しかもです!

コレクションの中にはパイルの頭部と思しきものもありました。幻影旅団も全員揃ったことで、クルタ族惨殺事件の真相もわかるかもしれませんね。

ハンターハンター0巻 ネタバレ内容
ハンターハンター0巻の内容から暗黒大陸編を考察

ハンターハンター0巻とは、映画化第一弾の特典として付いてきた冨樫先生描き下ろしの特別編。幼少期のクラピカが里を出るまでのストーリーを描 ...

Copyright© アナブレ , 2019 All Rights Reserved.