本とサブカルを中心にたわいない日常をブンセキ

アナブレ

H×H

【ハンターハンター】ノブナガ死亡確定?能力・円から強さ考察

2019年1月7日

ヨークシンシティ編で登場した幻影旅団、その中でもノブナガの扱いがかなりヒドイ。旅団なのに疎外され、暴走し、しまいには団長がマジギレしちゃう始末。

相棒のウボォーギンが倒されたことでパニくっていたのかと思いきや、いやいや、ノブナガはそもそも旅団の中でもゾンザイに扱われるダメキャラのようですw

アナさん
とはいうものの、旅団の中でも古株のノブナガ

今まで生き抜いてこれたのもまた事実!そこでノブナガの強さはホントのところどうなのか、そして暗黒大陸編で再登場したノブナガの死亡フラグについても考察!

ノブナガは短気キャラ

幻影旅団が鉄の掟として守っていたのが「仲間同士のマジギレ禁止」。意見が分かれたときは、コインで決めてるのが団員のヤり方。

ヨークシンシティ編では度々団員同士で不穏な空気に見舞われることになりますが、その中心にはいつもノブナガがいました。

ハンターハンター ノブナガ
出典:HUNTER×HUNTER8 冨樫義博

▲旅団初登場早々にガチンコ対決

ノブナガのいざこざはこれだけではない。フランクリンからはじまり、マチ、ヒソカ、フィンクス、そして団長クロロにまで喧嘩腰。

団長が仲間内ではじめて使った能力も、ヒソカとのいざこざを鎮めるためでした。ヨークシンシティ編でのノブナガは、団員の輪を乱す厄介者。

ノブナガ
出典:HUNTER×HUNTER12 冨樫義博

少し黙れ(ノブナガ)

ウボォーギンを殺されてノブナガの復讐も分からんでもないが、それは団長をはじめ団員全員が思ってること、だからといって自分勝手な行動が許されるわけがない!

重要なのは団長でも団員でもなく旅団(クモ)の存続、菊が葉もろとも涸れ落ちてしまうのは避けるべきなのだ!

ノブナガの旅団内での存在感

ノブナガが旅団創設間もない頃から入団している古株なのは間違いない、が、その扱いはかなりヒドイ。ヨークシンシティ編では世界中のマフィアを相手にした過去最大級の仕事。

アナさん
そのため旅団メンバー全員が召集された

クラピカによってウボォーギンが倒され、旅団は弔(とむら)いのためにセメンタリービルを襲撃し死体をフェイクし完全勝利を収めるというストーリーでした。

アナさん
しかし!そこにはノブナガの姿はない

過去最大の仕事にもかからずノブナガがいなくても仕事は順調に遂行してしまった。「ノブナガ存在って一体」である。なら、旅団が襲撃をしている最中何をやっていたかと言えば、ゴンとキルアを監視していた。

ノブナガ
出典:HUNTER×HUNTER11 冨樫義博

ゴンのセリフに爆笑していたノブナガ、お前はなんのためにヨークシンに召集されたのか、今までしたことと言えば団員とイザコザを起こし、内部に不穏な空気を作っただけ。

ウボォーギンを誰よりも弔いたいはずの彼が、こうもカヤの外だとは。これまで旅団メンバーとして生き残れてこれたのは、作戦にまともに使われなかったからなのかもしれないw

ノブナガ
出典:HUNTER×HUNTER11 冨樫義博

仕事が無事終了し、宴を開き成功の祝杯を挙げるものの、ただ一人すねるノブナガ。ゴンたちを取り逃がしてしまったことに腹を立ていたのか。

ただ、そもそもノブナガがヨークシンシティにやってきたのはマフィアのお宝を根こそぎ奪うこと。ゴンたちにかまけてこれといって仕事をしていないノブナ。

むしろ可哀想と同情すら覚えてしまう。彼は本当に旅団のメンバーなのだろうか。そこで次からノブナガのいいところを全力で考えていきたい!

円と実力は一致しない?

ノブナガが旅団内でも弱いとされる理由に「円」が根拠として挙げられますが、その根拠はちょっと待ってほしい!

ノブナガの今までの行動を考えていくと短気キャラとして描かれています。血の気の多い旅団の中でも、揉めごとの中心は常にノブナガでした。

アナさん
こうした性格は念能力にも影響します

たとえば円、ノブナガは4メートルしか展開できない男として有名ですが、円の展開は持続的な集中力が必要となる技。つまり能力者の実力=円の範囲という認識は間違い。

ハンターハンター ノブナガ
出典:HUNTER×HUNTER23 冨樫義博

キルアの円は58センチ!

キメラアント編でのキルアのセリフが円が実力とは関係ないことを物語っています。念能力の才能が天才的なキルアをしても、がんばって58センチが精一杯!

なぜキルアがたった58センチしか円を展開できないかといえば苦手だから。つまり実力というよりも相性によって展開できる距離雄が違ってくるのだ。

ノブナガが4メートルしか展開できないのも、円がそもそも苦手だからといえそうだ。それはノブナガの短気が関係しているのかもしれない。

こうして考えていくと、ノブナガはネットで言われているほど弱いキャラではないんじゃないか?と思ってこないだろうか。

少なくとも円の展開距離=強さのバロメーターではないのだ!

ノブナガの能力を徹底解剖!

能力と抜刀術

ハンターハンター ノブナガ
出典:HUNTER×HUNTER11 冨樫義博

ノブナガの実力を冷静になって、それこそ円の距離なんぞに気をとらわれずに考察していったら、もしかしたらノブナガの知られざる実力が見えてくるかもしれない。

まず、彼の武器は刀、柄に手を当てる戦闘スタイルから居合切りを得意とする抜刀術を得意とするようです。さらに円を発生させて確実に仕留める一撃必殺技。

アナさん
ノブナガの旅団での役割は特攻

ウヴォーギンと二人一組になって最初に敵に戦いを仕かけていく役割。つまり、実力がなきゃ勤まらない、今まで生き残れてきたことを考えても決して弱くはないのだ!

「動いたら切る」は能力発動の合図

ハンターハンター ノブナガ
出典:HUNTER×HUNTER11 冨樫義博

 
ノブナガの能力で一つ気になるのがゴンのときも、スクワラのときも必ず相手に「動いたら殺す」と言っていた。このことから、このセリフが能力発動の条件の可能性が高い。

さらにスクワラの首をはねるまでの一連の流れをみていくと、ノブナガは意識して斬りつけたというよりも、相手が動いたことで反射的に斬りつけたようにも見える。

ということは、円内にいる対象者が動いた場合、ノブナガの意志とは関係なく反射的に斬りつける能力なのだろうか。抜刀術との相性を考えても納得の能力に思えます。

フェイタンとどっちが強いか議論

ハンターハンター ノブナガ
出典:HUNTER×HUNTER22 冨樫義博

旅団の役割の中で戦闘要員であること、そして剣を使うこと、この二つの点においてのノブナガとフェイタンはキャラがある意味まるかぶり。そこで二人の強さを比較してきます。

ノブナガは抜刀術に対してフェイタンは傘の仕込み刀による剣技。フェイタンはサザン戦にて能力の一部が明らかになってます。ノブナガとは違い剣裁きを得意とします。

剣技裁きのスピードも超高速。旅団に入ったばかりのカルトが目で追えないほどのスピートというんだから、相当な速さなのは間違いない。ノブナガの抜刀術よりももしかして早い?

フェイタンは変化系能力者。許されざる者(ペインパッカー)にしろ太陽に灼かれて(ライジングサン)にしろ広範囲攻撃。さらに傘には仕込み銃もあるため、中長距離攻撃も可能。

一方、ノブナガの能力は半径四メートル内の抜刀術。両者が戦うことになったら恐らくフェイタンが有利かなと思う。ただ、団員同士の殺し合いはご法度だけどねw

ノブナガ死亡確定?今後を予想

ここまで旅団内でのノブナガの扱いや能力を紹介してきました。当ブログではそこまで弱くないという結論ですが、旅団内ではノブナガのダメさは共通の認識としてあるのも事実。

ハンターハンター ノブナガ
出典:HUNTER×HUNTER10 冨樫義博

毒舌ジズクちゃんの本音です。

フランクリンも同意していることから、かなり下(下手したらバカにされてるレベル)に見られていそうである。旅団の古株だからメンバーに入れているだけなのかもしれないw

旅団での扱いからすると、やはり強キャラではないのでしょうか。そうなってくると、気になるのが暗黒大陸編にて再登場した旅団です。

アナさん
ノブナガもBW号に乗船

現在H×Hは36巻まで出ていますが、ノブナガにさっとく死亡フラグを思わせる状況に遭遇。エイ一家のルイーニーに天井から覗かれている状況です。

ただルイーニーはモレナの能力によって念能力が開花したので、経験値からいってノブナガさんが瞬殺させることはないでしょう。ただ、今後は分かりません。

たとえば36巻の表紙。

関連記事
ハンターハンター考察 幻影旅団死亡フラグ
ハンターハンター表紙36巻と12巻を徹底比較!花の暗示と死の伏線

単行本35巻が発売されましたが、内容もさることながら気になるのが、その表紙。これはヨークシンシティ編を描いた12巻のそれと同じ構成です ...

この表紙では旅団の誰かが死亡するフラグを暗示している可能性を秘めています。

36巻の表紙は、旅団の死亡フラグが立った団長の占い(四行詩)が描かれた12巻と同様の表紙であることからも意味深です。

旅団メンバーの複数人が死亡するシナリオになってもおかしくはないと、当ブログでは考察しています。ただ、それがノブナガなのか、それとも他の団員なのかは不明。

Copyright© アナブレ , 2019 All Rights Reserved.