【ハンターハンター】暗殺一族ゾルディック家をまとめてみた

ヨークシンシティ編でのクロロvsゼノ・シルバ戦はハンターハンター名場面の中でも上位のバトル戦、アニメでの演出は鳥肌ものだった。

ハンターハンターは残虐な敵キャラがいつのまにか毒気が抜かれて、主人公以上に人気が出てきてしまうというのが多いw

ゾルティック家はもちろん、幻影旅団もキメラアントも下手したらそう。そういえば幽遊白書の飛影もそうだったよな。富樫作品好例の主人公、魅力的キャラに喰われとる説を主張したいっ!

というわけでハンターハンターでも人気のゾルディック家の面々をまとめ紹介していきます。ちなみに扱うのは単行本34巻まで、つまりジギー(情報ほとんどないけど)も含めてる。

ゾルディック家の目的・活動

家族全員が同じ依頼を遂行するのではなく、基本バラバラに暗殺依頼を受けて仕事をしている。ただ依頼によっては家族で協力することはある。家族同士での殺しあいは御法度(アルカは例外)。

暗殺稼業とはいっても、それは依頼主ありきの生業。そのため社会人としての最低マナーは持ち合わせているもよう。むやみな殺生も禁止しているようだが、これはシルバの主張が強く、イルミのように必ずしも当てはまらない。

ちなみにシルバの子ども達の名前を連続して読んでいくと

イルミ→ミルキ→キルア→アルカ→カルト

としりとりになっている豆知識を披露したところでゾルディック家の人々を紹介していきます。

マハ=ゾルディック

ハンターハンター マハ
出典:HUNTER×HUNTER11 富樫義博

プロフィール
誕生日:-
年齢:98歳
血液型:A型
身長:140cm
体重:65kg
出身地:パドキア共和国
念の系統:強化系

ゾルディック家の長兄。身長が140センチしかなく子供のような体つきだが、顔は老人というチグハグないでたち、初登場回はたった一回だけ。服装は若い。

ヨークシンシティ編にて十老頭の暗殺時にアルカと一緒に描かれているコマがある。それ以降、マハは登場していない謎が多い人物。

今でも暗殺を現役としていることから、実力はかなりのものといえそうです。それともカルトの付添としてサポート約として同行していただけという可能性もあるかな。

スポンサーリンク

ジグ(ジギー)=ゾルディック

ハンターハンター ジギー
出典:HUNTER×HUNTER33 富樫義博

プロフィール
誕生日:-
年齢:-
血液型:-
身長:-
体重:-
出身地:-
念の系統:-

若きネテロが非公式で暗黒大陸に渡航したときのメンバーに「ゾルディック」という名字がいますが、この人物がゾルディック家の一族の1人である可能が高いのではとネットで一時ざわつく。

ツンツン髪質はキルとそっくりだがw

暗黒大陸に行くくらいだからゾルディック家と断定してもいいでしょう。ただ名前の読み方はジグ?ジギー?まだよく分かってない、ゾルディック家の中でも何の情報も公開されてないキャラ。

ハンターハンター ジグ
出典:HUNTER×HUNTER25 富樫義博

年齢の考察をするとマハより下になるのかなと思う。マハはゾルディック家の長兄って紹介されてるし、キメラアント編でのゼノ回想では、マハとゼノの間にもう一人ジジイが描かれてるから、このジジイがジグなのかなと思う。

つまり

マハ→ジグ(あるいはジギー)→ゼノ→以下省略

という家系図になる。

ちなみにマハの横に「オナイ」って書いてあるけど、これは「同い年→オナイドシ→オナイ」と単に省略してあるだけ、名前じゃないのでご注意を。ってことでネテロは自動的に98歳でメルエムとバチコンやりあってたわけかw

スゲーな

ゼノ=ゾルディック

プロフィール
誕生日:-
年齢:67歳
血液型:A型
身長:161cm
体重:58kg
出身地:パドキア共和国
念の系統:変化系

ゼノからはストーリーでもたびたび登場してるから上の2人より情報量はグーンと多いのでサクサクとまとめていきます。生涯現役をモットーとするキルにめっぽう甘いジジイ。また無益な殺生はしないいいジジイでもある。

念は変化系。クロロ戦で見えた「ドラゴンヘッド」や「ドラゴンランス」、そしてキメラアント編では「ドラゴンダイブ」と念を龍(ドラゴン)の姿に変えているのが特徴。

ヨークシンシティでは円を最大半径300mまで広げることが可能と述べていた。ノブナガとの格の違いを見せつけた瞬間でもあった。

ハンターハンターキャラ考察 ノブナガの存在感www

2017.06.15

シルバ=ゾルディック

プロフィール
誕生日:-
年齢:46歳
血液型:A型
身長:198cm
体重:110㎏
出身地:パドキア共和国
念の系統:変化系

ハンターハンター シルバ
出典:HUNTER×HUNTER11 富樫義博

ゾルディック家当主シルバ=ゾルディック。系統は変化系だがゼノのように具体的な能力は技名は登場していない。唯一クロロ戦で両手に巨大な光弾を蓄えて撃ちこむシーンがあったが技名までは記されておらず、残念。

クロロ戦で見せたベンズナイフ知識からうかがえるように、シルバは生粋のベンズナイフコレクターでもある。自身の皮膚を傷つけたことに感動していたことから、さらに好きになったようだw

キルアの才能に一目置いており好きなようにさせてはいるが、いずれは自分の元へ帰ってくると信じている。ゾルディック家に流れる暗殺の血をキルアにも感じ取る。

キキョウ=ゾルディック

プロフィール
誕生日:-
年齢:42歳
血液型:A型
身長:170cm
体重:47㎏
出身地:流星街
念の系統:操作系

もともと彼女は流星街出身、そこからゾルディック家に嫁いできた女性。顔がグルグル巻きの包帯なのは昔キルアに斬られた名残なんだとか。そんなキルアの反抗的な態度も、暗殺一家の妻からすればうれしい成長。

キルアに対して独占欲が強く、ゾルディック家の有望株として父親ともども期待を寄せている。シルバと親しく話すのを聞いただけでも嫉妬してしまうほど愛情がスゴイ。

スポンサーリンク

イルミ=ゾルディック

プロフィール
誕生日:不明
年齢:24歳
血液型:A型
身長:185cm
体重:68kg
出身地:パドキア共和国
念の系統:操作系

暗殺稼業ならがハンターライセンスの資格を持つプロハンターでもある。ヒソカの友人として初回から度々登場。数々の暗殺経験を持ち実力は言うまでもない、ヒソカからは95点と採点され、十二支んメンバーに匹敵、あるいはそれ以上。

ハンターハンター イルミ
出典:HUNTER×HUNTER31 富樫義博

念は操作系、鋲を相手に刺して操ったり、体を変形させ別人に姿を変えることも可能。常に無表情で、それがよく表れているのが目。デフォは白目も光彩もない漆黒の●●。ただキルアのことになると我を忘れる一面を見せる(目がグルグル)。

一方でアルカに対しては家族とはみなしておらず、ナニカの能力をいつか自分のものにしようと企んでいるところがある。

ミルキ=ゾルディック

プロフィール
誕生日:不明
年齢:19歳
血液型:A型
身長:182cm
体重:141kg
出身地:パドキア共和国
念の系統:操作系

オタク趣味全開のデブサディスト。フィギュアとゲームにかなり精通しているもよう。「頭がいいがバカである」との評価をゼノより下されているw

それを裏付ける証拠がミルキが発明する使えないハイテク兵器。爆竹程度の威力しかない蚊を使った蚊爆弾など、しょーもない兵器を日々発明している。

キルア=ゾルディック

プロフィール
誕生日:7月7日
年齢:12歳
血液型:A型
身長:158cm
体重:45㎏
出身地:パドキア共和国
念の系統:変化系

ゾルディック家の中でも天才的才能をみせ、家族全員がキルアの才能を認め特別扱いする。一方でキルア自身はゴンとの出会いで暗殺稼業に負い目を感じはじめる。

念を習得する前から暗殺術など身体能力のポテンシャルは高かった。幼少よりあらゆる拷問を受け耐性を持ち、とくに電気との相性がいい。念を電気に変える発想も幼少期の拷問体験によるもの。

ハンターハンター キルア
出典:HUNTER×HUNTER27 富樫義博

12年間友達が一人もいない寂しいボッチ生活が続いた。そのため彼の武器はスケボーやヨーヨーなど1人で遊べるものを採用。今まで登場して技は雷掌(イズツシ)、落雷(ナルカミ)、神速(カンムル)、電光石火、疾風迅雷を披露している。

アルカ=ゾルディック

プロフィール
誕生日:-
年齢:-
血液型:-
身長:-
体重:-
出身地:パドキア共和国
念の系統:-

謎の多いアルカだが、一番の謎は性別。女の子か男の子か、それとも男の娘か問題があるが、現在の主流は「男の娘」とするのが一般的w

ハンターハンター ナニカ
出典:HUNTER×HUNTER33 富樫義博

念能力についても不明だったが、単行本33巻にてアルカの中にいる「ナニカ」は暗黒大陸出身であることが判明している。

ナニカの能力は3つおねがりを聞けば1つ何でも願いを叶えてくれるというものだが、キルアのみ「命令」でお願いすることができ、ゴンさんからゴンに戻した。

カルト=ゾルディック

プロフィール
誕生日:不明
年齢:10歳
血液型:A型
身長:150cm
体重:31㎏
出身地:パドキア共和国
念の系統:操作系

ハンターハンター カルト
出典:HUNTER×HUNTER22 富樫義博

カルトの初登場は十老頭の暗殺任務にてマハと登場。母親キキョウと共にいる様子が多く描かれていた。そして彼もまた男の娘か?それとも女装趣味か?。ただ自分のことは「ぼく」と呼んでいる。

実力はかなりあり念能力も使えるもよう。ヒソカの後釜として幻影旅団に入団できるほどの実力の持ち主。キメラアント編では「蛇咬の舞」を披露するも、他メンバーとの力の差を痛感する場面も。

おまけ:ファンブック問題

ハンター試験の最終試験で失格になったキルアに会いにゾルディック家に行くシーンがあるけど、あのときバスガイドのお姉さんが「ゾルディック家は10人家族で」というセリフがある。

けど暗黒大陸編で登場したジグを加えると矛盾が出てくるので、これは作者の後付け設定による弊害としてスルーしていい情報かなと思う。


ハンターハンター 家系図
出典:HUNTER×HUNTER公式ファンブック 富樫義博

ちなみにファンブックにはゾルディック家の家系図も載ってるけど、これも今では矛盾しちゃうから参考程度に。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です