呪術廻戦

呪術廻戦233話ネタバレ感想 敗北よぎる最強五条に畳みかける宿儺

呪術廻戦233話ネタバレ考察

五条の「無下限バリア」を適応させた魔虚羅(まこら)が出現した前回。ここに最強の式神が参戦!五条不利が濃厚になっていく。

中の人
そして今話は

233話では、宿儺のみならず魔虚羅も相手にしなければならい五条!さらにこのタイミングで、新たな敵が参戦してくるとは・・・

じわじわ首を絞めていく宿儺

無下限バリア適応済の魔虚羅の不意打ちを受け負傷した五条。とはいえ、致命傷ほどの攻撃ではなかったため、反転術式により回復。

だが、家入硝子いわく「明らかに傷の治りが遅くなっている」という。五条の呪力出力は、明らかに落ちていることを意味していた。

宿儺も相当なダメージを受けているものの、「五条悟の敗北」という最悪のケースが、嫌でも脳裏に浮かぶのであった。

宿儺の魔虚羅の使い方

これまでは無下限バリア適応の肩代わりとして、宿儺が前線に出ていたけど、現在は適応済み魔虚羅を前線にして、宿儺は後方へと下がります。

これにより、宿儺の体力・呪力回復の時間を稼ぐことになり、戦況としては、宿儺側が有利な状況に思えなくもない。

ただ後方に下がっても、魔虚羅が破壊されないようサポートは必須。赫(あか)による攻撃時には、魔虚羅を守る様子もあった。

中の人
今回の戦いから魔虚羅は無下限バリア及び蒼(あお)が適用済であることが確定
魔虚羅の適応状況整理
  • 領域展開「無量空処」⇒適応済
  • 無下限バリア⇒適応済
  • 術式順転「蒼」⇒適応済
  • 術式反転「赫」⇒未適応
  • 虚式「茈」⇒未適応
スポンサーリンク

敗北を意識する五条悟!?

一方、五条悟はと言えば、宿儺と違い休む暇は一瞬たりともない状況。宿儺だけでなく魔虚羅にも注意を払う必要があるため。

さらに呪力の低下も痛い。蒼(あお)が適用された今、赫(あか)による攻撃が主軸ながら、魔虚羅を一撃粉砕するほどの威力はない。

そのため、少しでも威力を上げるために、これまで省略していた「呪詞の詠唱」を省かないことで、術式の出力を上げていた。

呪詞の詠唱

術式の極み
出典:呪術廻戦223話 芥見下々 集英社

五条が赫の発動の前に呪詞の詠唱をしたのは、223話で描かれていた200%茈(むらさき)と同じ理由といえそうです。

呪術を極めることは引き算を極めることであり、呪詞・掌印・舞・楽(がく)などの手順を、いかに省略するかが重要になります。

ただ、五条はあえて呪詞を省かずに発動させることで、これが縛りとなり、落ちた出力の底上げを可能にしていた。

敗北の可能性を意識したときの感覚

五条が感じた「敗北」の予感。観覧する高専メンバーの不安は、五条本人も実感していたようで、そんくらい追い詰められているようです。

ただ、絶望や悲壮感といったものではないはず。敗北の可能性を意識したときに思い出したのが、伏黒甚爾(とうじ)でした。

五条の覚醒・天上天下
出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社

甚爾は五条にとって宿敵。一度目の戦いで生死を彷徨う敗北を味わったものの、奇跡の復活、しかも覚醒のキカッケとなった相手です。

このとき五条は、「天上天下唯我独尊」と言いながら空中を漂っていた(笑。今回の戦いでも同じような感情が渦巻いているのでしょうか?

つまりは伏黒恵のことは考慮していないわけかw
中の人

五条悟に第二の刺客登場

黒閃(こくせん)をまともにくらった宿儺も、ようやく攻撃に加勢。ここで、予想外の「穿血(せんけつ)」による遠距離攻撃。

無下限バリアが無効になるタイミングを見計らい攻撃。さらに、鵺(ぬえ)と渾(こん)を組み合わせた「顎吐(あぎと)」を顕現させる。

中の人
恵の「不知井底」のように複数の式神を組み合わせていたところから、顎吐は宿儺の拡張術式と言えそうだ

宿儺+魔虚羅+あぎとの三体を相手にする五条。だがしかし!五条にも奥の手無制限の「虚式」なる技でキメにかかる!

宿儺の「穿血」のカラクリ

宿儺が発動していた穿血は、加茂家の相伝術式「赤血操術」と同じ技に見えますが、実際は十種影法術の応用技だといいます。

宿儺の穿血のカラクリ
出典:呪術廻戦233話 芥見下々 集英社

象型の式神「満象(ばんじょう)」の応用、満象は大量の水を放出したり、その巨体を活かし圧し潰すといった攻撃をします。

水を自身の血液に変えることで穿血ができたといえそう
中の人

あくまで十種影法術の応用技であることから、宿儺が赤血操術を使用したのではなくコピー技(そのため五条は器用と表現していた)。

宿儺の「穿血」が五条に当たった理由

五条の無下限バリア
出典:呪術廻戦233話 芥見下々 集英社

宿儺の攻撃が五条にヒットしていた理由が気になりますが、恐らくは、魔虚羅が五条に接触している間は、無下限バリアが強制無効されるようです。

魔虚羅の攻撃のみが五条の無下限バリアを通り抜けるんではなく、魔虚羅の攻撃により無下限バリアが強制的に無効化される。

これにより、魔虚羅が五条に触れている間なら宿儺の攻撃も当たる、といったことなんだろうと思われます。

嵌合(かんごう)獣「顎吐(あぎと)」

十種影法術は、術式名からしても十種の式神を顕現する術式ですが、術師によっては独自の式神を作りだすことも可能です。

伏黒恵でいえば、カエルに羽が付いた不知井底(せいていしらず)という式神がいますが、これは拡張術式による恵オリジナル式神です。

拡張術式

術式の応用技。術者の術式解釈しだいで術者オリジナルの技を生み出すことができる

宿儺が鵺と渾を組み合わせて作り出した顎吐(あぎと)も、宿儺の拡張術式、つまり、宿儺オリジナル式神といえそうです。

拡張術式で作り出した式神の厄介なところは、破壊しても元の素材である鵺か渾を破壊しない限り、何度でも作り出せること。

呪術廻戦233話のみんなの感想・考察

SNSでの233話に関する考察紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

中の人
なんだか宿儺の小物感が露呈しているのは気のせい?

呪術廻戦233話まとめ&234話展開予想

呪術廻戦233話ポイント
  • 適用済魔虚羅との近接戦
  • 宿儺は魔虚羅の後方支援
  • 宿儺「穿血」で攻撃
  • 五条秘策!無制限の「虚式」とは!?

戦況は五条悟不利ながら、悲壮感は一ミリも感じられない。奥の手も隠し持っていることから、敗北宣言にはまだまだ。

魔虚羅を破壊できたのなら、戦況がどうなるか分からない。顎吐(あぎと)も強敵ながら、無下限バリアを突破する術はなし。

そこで気になるのが無制限の「虚式」だ。威力は相当なものだろうが、呪力はもちろんどこまで体力が持つのが、それだけが心配。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
呪術廻戦
特級術師・乙骨登場!デスゲーム・死滅回游始まる
南へ 決戦⑭ 決戦⑮
236話 237話 238話
バカサバ バカサバ②バカサバ③
239話 240話 241話
バカサバ④バカサバ⑤ 決戦⑯
242話 243話 244話
決戦⑰ 決戦⑱ 決戦⑲
245話246話 247話
決戦⑳ 決戦㉑ 決戦㉒
248話 249話 250話
決戦㉓  
251話  
呪術廻戦26巻【予定】
227話228話229話
230話231話232話
233話234話235話
単行本最新情報
呪術廻戦25巻
218話219話220話
221話222話223話
224話225話226話
呪術廻戦24巻
209話210話211話
212話213話214話
215話216話217話
呪術廻戦キャラ考察
呪術廻戦 虎杖悠仁キャラ分析呪術廻戦 伏黒恵キャラ分析呪術廻戦 両面宿儺
虎杖悠仁伏黒恵両面宿儺
呪術廻戦 天元様まとめ呪術廻戦0巻紹介呪術廻戦 五条悟まとめ
天元様呪術廻戦0巻五条悟
呪術廻戦 釘崎野薔薇まとめ呪術廻戦 偽夏油の正体 呪術廻戦 七海健人まとめ
釘崎野薔薇 偽夏油 七海建人
呪術廻戦売買情報
漫画「呪術廻戦」のブックオフ買取価格はいくら?おすすめ買取店調査 - 古本ネット宅配買取ナビ
漫画「呪術廻戦」のブックオフ買取価格はいくら?おすすめ買取店調査 - 古本ネット宅配買取ナビ

少年ジャンプの看板作品の一つ呪術廻戦、現在も連載中で、毎回の読者ランキングもベスト3以内に入る人気っぷり。 作者曰く、完結ま ...

huruhonkaitori.info

-呪術廻戦