呪術廻戦

呪術廻戦193話ネタバレ考察 呪霊直哉マッハ3に達する!

呪術廻戦193話ネタバレ考察

変態を遂げ、さらなる速さと強さが進化した呪霊・直哉さん。意識もしっかりあることから、彼の狙いも明らかに。

中の人
真希の惨殺です

193話では、直哉の速さ自慢が披露!さらに、前回、一撃で吹っ飛ばされていた加茂の安否も気になるところだが。

加茂憲紀(のりとし)の安否

生き残っていた加茂憲紀。直哉のスピードに反応し凌ぎきっていたようだ。腐っても次代当主候補だったことはある。

加茂の術式「赤血操術(せっけつそうじゅつ)」は自身の血液を自在に操る能力。呪力を限界まで高め迎え撃つ。

赤燐躍動(せきりんやくどう)」で自身の身体能力を向上させていく憲紀。少しでも気を抜けば確実に死ぬゾ!

スポンサーリンク

コンビプレイ

憲紀(のりとし)のサポートに入るべく、駆けつける真希。真希と憲紀の連携で、直哉と戦っていくかまえだ。

猛スピードで突進してくる直哉。だが、真希の身体能力であればこの程度のスピードには十分ついていくことができる。

直哉の攻撃を払い、生まれた隙で憲紀が「赤博(せきばく)」で動きを止め、真希が斬撃を入れる。二人のコンビプレイはまずまずだ。

マッハな呪霊

呪霊化した直哉は、術式の使用も可能。生前と同じく、術式「投射呪法(とうしゃじゅほう)」の使い手だ。

今の速さでは真希を仕留めきれないと判断した直哉は、助走をつけ加速⇒さらなる速さに至る、その速度は音速を超える。

トップスピードはマッハ3に!その速度のまま真希へと突っ込む、さすがの真希も対応しきれず、マッハ体当たりをモロに喰らう!

つづく

術式「投射呪法(とうしゃじゅほう)」

投射呪法は、禪院家に伝わる術式の一つ。直哉はもちろん、26代目当主の直毘人(なおびと)も使い手だった。

投射呪法の特徴は、

  • 1秒を24分割し動きを予測し後追いする
  • 予測した動きは修正不可
  • 予測と外れる動きは1秒間フリーズ
  • 過度な物理法則を無視した動きはフリーズ

直毘人は「最速の術式師」とも呼ばれ、速度に特化した能力だけど、今の直哉にとって相性がいいのか悪いのかよーわからんw

直哉の構造
出典:呪術廻戦193話 芥見下々 集英社

というのも、直哉の現在の身体の造りからして、速度を上げるための構造がちゃんと備わっているんですよね。

たとえば、空気の取り組み口として吸気口があったり、推進力を高める仕組みがあったりと、もはや戦闘機のそれ。

マッハ3に達したのは、助走+自身の構造+呪力で完結しており、術式使用せずとも実現していた。

中の人
術式の応用技との組み合わせ攻撃は考えられるけど、本来の能力は今の直哉にとってはメリットないような...

呪術廻戦193話のみんなの感想・考察

SNSでの193話に関する考察紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

中の人
すごすぎ

中の人
想像できぬ

呪術廻戦193話まとめ&194話展開予想

呪術廻戦193話ポイント
  • 加茂憲紀生存確認
  • 直哉速さもとめマッハ3へ
  • 真希攻撃受け重症か?

速さを追求する直哉は、マッハ3での攻撃は確かに凄いけど、こんなに速い攻撃なら、応用が効かないのが盲点といえば盲点。

中の人
体当たり攻撃しかないからね

小細工なしのド直球のスピード攻撃であれば、避ければOK。ただ、真希の身体能力でそれが可能なのか、それが勝敗の分かれ目?

スポンサーリンク
連載最新話
呪術廻戦
特級術師・乙骨登場!デスゲーム・死滅回游始まる
桜島結界②桜島結界③桜島結界④
192話193話194話
桜島結界⑤桜島結界桜島結界⑦
195話 196話 197話
桜島結界⑧  
198話  
呪術廻戦21巻(予定)
183話184話 185話
186話 187話 188話
189話 190話 191話
単行本最新情報
呪術廻戦20巻
172話
173話 174話 175話
176話 177話 178話
179話180話181話
182話  
各キャラ考察
呪術廻戦 虎杖悠仁キャラ分析呪術廻戦 伏黒恵キャラ分析呪術廻戦 両面宿儺
虎杖悠仁伏黒恵両面宿儺
呪術廻戦 天元様まとめ呪術廻戦0巻紹介呪術廻戦 五条悟まとめ
天元様呪術廻戦0巻五条悟
呪術廻戦 釘崎野薔薇まとめ呪術廻戦 偽夏油の正体 呪術廻戦 七海健人まとめ
釘崎野薔薇 偽夏油 七海建人
スポンサーリンク