呪術廻戦

呪術廻戦205話ネタバレ考察 術式対象概念!内包と外延無視の質量

呪術廻戦205話ネタバレ考察

脹相(ちょうそう)お兄ちゃんの大活躍により、羂索(けんじゃく)に新たな術式を使わせることに成功した前回!

中の人
そして今話は

205話では、脹相からバトンを引きついた特級術師・九十九由基が登場!羂索とのガチバトルがはじまるッ!!

特級術師・九十九由基

上層部を掌握する羂索(けんじゃく)にとって、特級術師に関する情報を探ることは可能だが、九十九はその限りではなかった。

羂索をもってしても、術式情報不明な状態で戦わなければならない。そんな九十九が使用するのは式神ガルダ(凰輪)。

羂索が呼び出した特級呪霊相手に、球体化させたガルダを、おもいっきし蹴り上げあっさり一撃粉砕してしまう。

羂索の特級呪霊

羂索の特級呪霊
出典:呪術廻戦205話 芥見下々 集英社

羂索が呼び出した特級呪霊。名前は不明ながら、米大統領と交渉したときに、使っていた呪霊と同じものでした。

象のような容姿、羂索曰く「アジアの神の呪い」と言っていたことから、インドの象の神・ガネーシャを思わせる風貌です。

ガネーシャとは

困難や障害を取り除き副をもたらすとされる神様。頭は象、体の人間の身体、腕は四本ある

高専における九十九の情報

九十九と高専の関係
出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社

九十九の情報が総督部になかったのは、九十九と高専上層部との関係が悪かったのが関係していたのが理由と言えそうです。

五条回想編で、特級術師でありながら任務を全く受けず、海外をプラプラしている女という評判が当時からあったw

高専の対処療法に対し、九十九は原因療法を唱えていたのも仲違いの理由だったけど、その延長に術式情報がなかった要因があったのかも。

スポンサーリンク

九十九の術式「星の怒り」は質量を操作

術式を警戒し、攻めあぐねる羂索(けんじゃく)に対して、九十九は自ら攻撃を仕掛け、さらに術式の情報も開示する。

九十九の術式「星の怒り(ボンバイエ)」は質量を操る能力。その威力は、天元の結界さえも破壊してしまうほど。

自分自身に「仮想の質量」を付与することで、圧倒的な質量で攻撃する、超ゴリラパワー系女子が九十九の正体!

術式「星の怒り(ボンバイエ)」

今回の説明だけでは正直よく分からないものの、仮想の質量を付与することで、物理法則を無視することができるもよう。

たとえば、質量を上げても、九十九の速度などには影響が全くないという。また、術式付与は式神ガルダも対象に含まれる。

質量の増加には上限があるのかは今のところ不明。また質量を下げ0にすることも可能かもしれない
中の人

圧倒的な九十九の質量攻撃は、術式の常識を力でねじ伏せるほ度の威力、羂索であっても敗北はありうる!さすがは特級術師。

術式「星の怒り」
  • 仮想の質量を自身と式神に付与可能
  • 物理法則・術式対象の概念ガン無視
  • 圧倒的質量で攻撃

術式対象の概念と内包と外延について

羂索(けんじゃく)によれば、術式対象を考える上での概念として、「内包」と「外延」に分けることができるようです。

術式対象の概念

九十九の攻撃を分析し、彼女のゴリラ攻撃は、術式対象概念には収まらない圧倒的な質量があると結論づけます。

そのため、術式対象の概念を知るためには、九十九の攻撃を振り返れば分かる(はず)なので、一つずつみていきます。

特級呪霊の能力無視

術式対象の概念
出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社

まずは術式概念の「内包」。特級呪霊ガネーシャ戦でのこと。ガネーシャには「あらゆる障害を取り除く」効果が付与されています。

ですが、九十九の攻撃によりあっさり破壊されてしまったことから、ガネーシャがもつ効果を無効化されたと羂索は考えた。

中の人
厳密には無効化というより、ガネーシャの能力以上の質量攻撃を受けた(許容範囲を超えた)

天元の結界破壊

術式対象の外延
出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社

お次は術式対象の外延です。天元が降ろしている結界(空性結界と呼ぶらしい)をも破壊するほどの質量攻撃。

中の人
↑のコマでは天元の結界の許容しうる強度の限界を超える質量攻撃を受け崩壊してしまった

結界も呪霊の能力も全く通用しない、通常ではありえない圧倒的な質量攻撃をしてくるのが、九十九の術式「星の怒り」!

術式対象の内包と外延まとめ

術式対象の概念
  1. 内包:術者等の術式効果・能力付与
  2. 外延:拡大解釈したオリジナル術式

内包は術者が生まれもっての術式のことで、外延はその術者しか使用できない、いわばオリジナル術式と思われます。

ガネーシャの「あらゆる障害を取り除く」は、呪霊に備わっている能力と考えると、これが「内包」を指します。

空性結界は、明らかに天元にしか降ろせない結界と考察できるので、オリジナル術式(拡張術式?)といえ、これが「外延」を指す。

中の人
術式対象の概念「内包」と「外延」を圧倒的質量という力技でなぎ倒していくのが九十九w

特級術師の戦い

とはいえ、羂索も一筋縄ではいかない相手。呪霊操術、肉体を渡る術式以外にも、術式を隠していると考えた九十九。

脹相(ちょうそう)との戦いでみせた重力を操作した術式もその一つだ。それ以外にも、隠している術式の可能性は十分あるとみていた。

九十九、羂索、お互いに面倒な相手と認識し、どう攻撃すべきか思考を巡らすなかで、羂索は領域展開を発動させる。

羂索が保有する術式数

九十九の考えでは、羂索(けんじゃく)が所有する術式は複数個あると推測します。現在判明しているのは三つ。

羂索の初級術式数
  1. 呪霊操術
  2. 肉体を渡る術式
  3. 重力操作の術式(仮)
  4. 四つ目の術式?

九十九戦では特級呪霊を出しても、質量攻撃の力技で一瞬で破壊されてしまうため、実質封じている状況といえます。

また、無為転変を使用しない理由として、「うずまき」で抽出した術式は一度しか使えないと考えていました。

中の人
渋谷事変で遠隔の無為転変を発動させ死滅回遊プレイヤーを強制的に呪術師にさせましたよね

そして、前回の脹相(ちょうそう)戦でみせた術式は、羂索が隠し持っている術式の一つであり、重力に関係する能力と睨んでいた。

【補足】うずまき抽出術式の回数制限

うすまき抽出による術式回数制限説は、あくまで九十九が思考を巡らして出した結論であって、正解ではないことに注意。

羂索もうずまきの特性を「術式の抽出」としか説明していないことから、使用制限があるかは実際のところ確定とは言い切れない。

呪術廻戦205話のみんなの感想・考察

SNSでの205話に関する考察紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

中の人
九十九は想定以上(規格外)の攻撃が可能(ゆえに特級術師)

中の人
天元の結界は「拡張術式」(天元オリジナル術式)ってことなのかな

呪術廻戦205話まとめ&206話展開予想

呪術廻戦205話ポイント
  • 九十九の術式は「星の怒り」
  • 星の怒りの能力は質量操作
  • 九十九の術式は術式概念を無視する
  • 羂索は領域展開を繰り出す

羂索(けんじゃく)の領域展開「胎蔵遍野(たいぞうへんや)」で、一気に倒すようだけど、九十九はこの機会を待っていた様子。

天元の領域展開?
出典:呪術廻戦205話 芥見下々 集英社

キーパーソンは天元様。印相を組んでいるところから、九十九ではなく、天元が領域展開を発動し羂索に対抗するつもりなのか。

そして、羂索の領域展開後の術式使用困難な状態を狙って、待ちかまえる九十九がトドメを刺す作戦なのでしょうか?

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
呪術廻戦
特級術師・乙骨登場!デスゲーム・死滅回游始まる
仇名直接会談①直接会談②
199話200話201話
血と油血と油② 血と油③
202話 203話 204話
星と油星と油② 星と油③
205話 206話 207話
星と油④ 未知への供物 未知の供物②
208話 209話 210話
熟む熟む② 
211話 212話 
呪術廻戦22巻(予定)
191話192話
193話194話195話
196話197話198話
単行本最新情報
呪術廻戦21巻
181話182話183話
184話185話186話
187話 188話189話
190話  
呪術廻戦20巻
172話173話174話
175話176話177話
178話179話180話
各キャラ考察
呪術廻戦 虎杖悠仁キャラ分析呪術廻戦 伏黒恵キャラ分析呪術廻戦 両面宿儺
虎杖悠仁伏黒恵両面宿儺
呪術廻戦 天元様まとめ呪術廻戦0巻紹介呪術廻戦 五条悟まとめ
天元様呪術廻戦0巻五条悟
呪術廻戦 釘崎野薔薇まとめ呪術廻戦 偽夏油の正体 呪術廻戦 七海健人まとめ
釘崎野薔薇 偽夏油 七海建人
呪術廻戦売買情報
スポンサーリンク