呪術廻戦

呪術廻戦105話 虎杖まさかの敗北?脹相におこった記憶の異変

呪術廻戦105話 ネタバレ感想

メカ丸の作戦により、脹相の術式を封じたことで肉弾戦に持ち込んだ虎杖、このまま押し切れるかってところでまさかの反撃。

前回までのあらすじです

一枚上をいく脹相を倒すことができるのか、105話では、引き続き二人のゴリゴリな戦いが繰り広げられるッ!

まずは呪術改戦105話のストーリーを追っていきます

脹相(ちょうそう)のカウンター

虎杖の肝臓を破壊した脹相の不意打ち攻撃、その正体は「血星磊(けっせいせき)」によるもの。攻撃を受けた虎杖は、瞬間焦りをのぞかせる。

「やばい」
「負ける」
「死」

意外だったのは、あの虎杖があのとき死を連想していたこと。あのタフさで、どんなに体に穴が空いても戦い続ける虎杖が!

一瞬、イヤな予感がよぎったものの、次のコマでは平常運転w

呪術廻戦105話ネタバレ感想
出典:呪術廻戦105話 芥見下々 集英社

タフという言葉で片付けられない虎杖の肉体。異常といったほうが的確かも、ともかく人知を超えたタフさは、死も肝臓破壊をも克服してしまう。

スポンサーリンク

俺じゃなくていい

呪術廻戦105話ネタバレ感想
出典:呪術廻戦105話 芥見下々 集英社

やはりというべき展開か。

呪詛師の雑魚キャラとは違う特級・脹相戦に、思いのほか苦戦を強いられる虎杖。左手の負傷、肝臓破壊、戦線離脱は必至。

偽夏油に冥々をぶつけていたのも、虎杖の戦いっぷりを見れば明らか。やはり、偽夏油を倒すのは冥々の役割なのか、それとも・・・

いずれにしても、勝っても負けても虎杖はこの先に進むことはできない。主人公不在な展開も十分ありえそう。、これはこれで面白い。

H×Hかなw

一枚上手の脹相の戦略

脹相も脹相でダメージがないわけではない。虎杖を「強敵」と認識し殺しにかかっている。ただ、ここへきての不安材料が一つ。

それはメカ丸の破壊。

虎杖は考えて戦ってはいる、けど、今回の戦いではそれ以上に脹相の戦略が勝ってる。術式を封じこめたのも、虎杖ではなくメカ丸のアイディア。

けど、頼りになるメカ丸はすでに破壊され、近接戦に持ち込めたとはいえ、あと一手、戦闘不能にするまでには手が届かないのが現状だ。

虎杖敗北と脹相の異変

決め手は、虎杖が隠していた左手パンチが読まれていたこと。奥の手を防がれたことでスキが生まれ、脹相の重すぎる一撃がモロに入る。

呪術廻戦105話ネタバレ感想
出典:呪術廻戦105話 芥見下々 集英社

鈍い音とともに吹っ飛ぶ虎杖

力量ではいい勝負であったが、頭脳では脹相のほうが勝っていた、渾身の一撃をモロにくらった虎杖は意識を失ってしまう

虎杖が敗北とはスゲー展開です。

ただ勝利確定にみえた脹相の様子に異変が。突如、存在しない記憶が脳内にあふれ出す、これは一体なにを意味するのか、後ほど考察。

呪術廻戦105話深堀り考察

ここからは、呪術廻戦105話で気になったコマを掘り下げていきます。

脹相の術式「血星磊(けっせいせき)」

呪術廻戦105話ネタバレ感想
出典:呪術廻戦105話 芥見下々 集英社

虎杖の肝臓を打ち抜いた血星磊(けっせいせき)、脹相の新しい技が明らかになったけど、通常の攻撃とは少し性質が異なるようです。

血星磊の特徴をまとめると、

  • 血液を凝固させる
  • 速度・威力は穿血に及ばない
  • 凝固により硬度が高い
  • 血栓症のリスク伴う

赤血操術の弱点である水の中でも技を繰り出すために、血液を凝固させたのが血星磊という技。速度も威力もないため使いどころが重要。

しかも、血栓症のリスクもあるというから、脹相がこの技を使わなければならないほどに、追い込まれていたのは明らかだった。

虎杖の戦法

脹相には読まれていたものの、虎杖の戦法も面白かった。序盤戦での左腕の負傷、まさか、これが奥の手としてとっておいた秘策だったとは。

呪術廻戦105話ネタバレ感想
出典:呪術廻戦105話 芥見下々 集英社

101話で左手でも攻める宣言はしてたけど、その後の戦いの中でたしかに左手は使ってなかった。攻撃は主に足攻撃メインだったのか。

見逃してたわw

あんときの虎杖の心のうちを言葉にするなら、左でも攻める(ただし奥の手用として)といった戦略を考えていたってことか。

それが、105話の攻撃につながった。それにしても、あれだけ隠してた左手攻撃が決まらないって、そこは決まってくれよぉw

脹相の記憶

一番気になるコマにして意味深なラスト。あと一息で虎杖を倒せるという場面で、急に襲ってきた記憶。しかもただの記憶ではない!

呪術廻戦105話ネタバレ感想
出典:呪術廻戦105話 芥見下々 集英社

存在しない記憶・・・だと

存在しない記憶とは、どういう意味なのか。はじめは脹相と関係のある加茂憲倫(のりとし)や産みおとした母親あたりの記憶とも思った。

けど、これだど「存在しない記憶」という表現にどこか引っかかる。憲倫関連以外の記憶で、存在しないもの、考えられるのがなんらかの術式の効果

存在しない記憶、言い換えれば「幻覚」とも解釈できる表現です。助っ人が渋谷駅に到着していてもおかしくない状況。

呪術廻戦105話ネタバレ感想
出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社

ようやく宿儺の術式が虎杖に刻まれた?

もう一つは、虎杖の術式が開花した可能性。本来術式は先天的、術式=生得術式と呼ばれるのもそのためですよね。

生得(しょうとく)とは生まれながらに備わっているものという意味だ!

ただ例外が一人。

虎杖です。虎杖は体内に宿儺が宿っており、術式が後天的に身につく伏線が残ってます。この伏線の首謀者は五条。

五条先生は、宿儺の術式が虎杖に刻まれると言っており、脹相の「存在しない記憶」とは、虎杖(てか宿儺)の術式の可能性はあるかなと。

呪術廻戦105話みんなの感想・考察

SNSの105話に関する意見・考察を紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

伏線もあるしそろそろ肉弾戦オンリーはキツイと思う、作者的にw

天与呪縛じゃなかったら設定ぐちゃぐちゃ

www

ほぼ同意

それでも脹相には通用しなかったというオチ

105話まとめ感想&106話展開予想

呪術廻戦105話まとめ

  • 脹相のカウンター攻撃
  • 虎杖劣勢、奥の手読まれる
  • 虎杖の敗北!?
  • 脹相異変、存在しない記憶?

脹相におこった異変の正体が気になります。存在しない記憶?この言葉の意味がよく分からんところであり、重要なヒントなんだろうね。

知らんけど

虎杖が意識なくなったことで、宿儺(すくな)が登場してくる可能性もあるし、このまま脹相にタヒられるって展開はないとは思うんだけど。

つづく

連載最新話
呪術廻戦
内通者判明!夏油組の暗躍!
渋谷事変㉞ 渋谷事変㉟
116話 117話
呪術廻戦13巻収録(予定) 
115話 114話 113話
112話 111話 110話
109 108話 107話
単行本最新話
呪術廻戦12巻収録
106話 105話 104話
103話 102話 101話
100話 99話 98話



-呪術廻戦

© 2020 アナブレ