呪術廻戦

呪術廻戦120話 絶望する虎杖!ナナミンの遺志は受け継がれる

呪術廻戦120話

最強の式神・魔虚羅(まこら)との戦いに勝利した宿儺(すくな)、そして、ちょうどそのタイミングで肉体が虎杖へと戻った。

気になるのは前回みせた虎杖の悲痛な表情

呪霊、術師、呪詛師、そして一般人を巻き込んだ惨劇が渋谷を中心に広がっていること、虎杖はこの地獄に耐えることができるのか?

まずは呪術廻戦120話のストーリーを振り返る

虎杖の心

虎杖の体をのっとった宿儺が大暴れした結果、渋谷は更地と化してしまう。一面に広がる平野に自我を取り戻した虎杖は唖然と立ちすくす。

呪術廻戦120話あらすじ
出典:呪術廻戦120話 芥見下々 集英社

宿儺の所業が宿儺の記憶に流れ込み、そして、次々に殺されていった人々の姿に耐えられなくなった虎杖は吐いた。

ゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔ

その場に倒れ込み涙を流す虎杖。宿儺の受肉となるということは、相応の覚悟が必要、だが虎杖はその覚悟の重みを軽んじていたことに気づく。

スポンサーリンク

ただの人殺しだ...

受肉された呪霊(壊相)を祓ったときでさえ心を痛めていた虎杖が、呪いとは無関係な一般市民を大勢死なせてしまった。

しかも、それをやったのは肉体を乗っ取られたとはいえ、虎杖自身に起因したもの。やるせない感情が込み上げてくる。

思い出すのは、術師への道を後押ししてくれた今は亡き爺ちゃんの言葉、人を助けろ、この言葉に虎杖は自分を取り戻す。

そして、、、

ナナミンから託されたもの

場面は変わり、渋谷駅地下に降りてくる一人の男。生きてはいるが、その姿は屍。左半身の皮膚はただれ、頭蓋骨はむき出し、左目は抉れている。

七海ことナナミンだ。そんな彼の前に現れた一体の呪い、真人。ナナミンの胸に手を当て、次の瞬間には上半身は吹き飛んでいた。

そんな悲惨な場面を目撃した一人生徒、虎杖だ。目の前で真人に殺される、まさにその刹那。虎杖を視認したナナミンは、

「虎杖君、あとは頼みます」

と呪いの言葉を言い残す。真人ッ!!怒りに震える虎杖は、真人に向かい俊足の勢いで戦いに挑んでいく。因縁の戦いがはじまる。

呪術廻戦120話の深堀り考察

ここからは、呪術廻戦120話で気になったコマを掘り下げていきます。

虎杖の心

とうとう人間を殺しちまった虎杖。いつかわはと思っていたけど、まさか自分の意思とは関係ないところで、しかも、大量殺戮。

虎杖は「人間を殺す」ことに対して、強い抵抗があるキャラ。それは、真人の人造人間や受肉した呪霊相手にさえ、悲しい顔をみせていたほど。

そして今回。

虎杖の心
出典:呪術廻戦120話 芥見下々 集英社

光を失った虎杖の瞳

大量の一般人を殺してしまった現実を突きつけられた虎杖、彼の心はどうなっていくのかね、虎杖のこれからが心配。

爺ちゃんの遺言

大量の人間を殺してしまった現実を受け入れきれない虎杖だけど、そんな中で思い出したのが、今は亡き爺ちゃんのセリフ。

「オマエは大勢に囲まれて死ね」
「人を助けろ」

これは1巻に登場した虎杖の爺ちゃんの遺言。この遺言が術師になるきかっけの一つになったわけだけど、この言葉を思い出した虎杖。

虎杖悠仁の最期
出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社

爺ちゃんの遺言

これによって、今するべきことをなんとか絞り出せた、そんな場面に思えたけど、それでも、心の整理はまだできてないよね。

宿儺の領域の条件

宿儺の領域条件
出典:呪術廻戦119話 芥見下々 集英社

前回、領域を展開した宿儺は領域の条件で「地上のみ」といってたけど、これは地下の特級を考慮してのことだったのかもしれない。

ただ、漏瑚(じょうご)とのやり取りにあったように、宿儺は呪霊側につく意思はなかった。そのため呪霊のための条件付与ではないはず。

となると、「地上のみ」という条件は、術師らを苦しめるための条件だったことになる。どんだけ虎杖を苦しめるんだ、この外道は!

この条件付与でナナミンは真人に殺されたようなもんだろ

ナナミンの最後のセリフの真意

突然すぎたナナミンの最後。真人戦で生き延びたと思ったけど、結局真人により殺されてしまった、なんともスゴイ展開です。

ただ、ナナミンのセリフに気になることが。最後に虎杖に投げかけた「後は頼みます」というセリフが呪いだということ。

少なくともナナミンは呪いの言葉と解釈していた

ナナミンのセリフから、どうも灰原と関係しているセリフなのは間違いない。ただ、本編にてナナミンと灰原のやり取りは描かれていない。

ただ、思い当たることが一つ。それは、五条回想編の中で、学生のナナミンと灰原が2級呪霊の討伐任務に失敗した過去です。

ナナミンの過去
出典:呪術廻戦9話 芥見下々 集英社

このとき灰原は死にナナミンは生き残った。任務の詳細は不明だけど、この事件がナナミンの胸にくすぶっていたようです。

たとえば、灰原が死ぬ間際にナナミンに「後は頼みます」と言われた過去があったのか、そして、その言葉が今でも胸に響いていたのだろうか。

ナナミンにとって、あのとき灰原に言われたであろうセリフは「呪い」として受け取ってしまったのかもしれない。

そして、灰原と同じ状況になり、あの場面で灰原の幻想を見たように、ナナミンもまたあのときの言葉を虎杖に投げたのか。

ナナミンの遺言が虎杖にとっての呪いでないことを願いたい

呪術廻戦120話みんなの感想・考察

SNSの120話に関する考察紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

言葉には呪いにも生きる糧にもなる力がある

だね

おふぅ

お前は何なんだ!!!

呪術廻戦120話まとめ&121話展開予想

呪術廻戦120話まとめ

  • 体を取り戻した虎杖は絶望する
  • 人間を殺し自分を責める虎杖
  • 亡き爺ちゃんの遺言で戦線復帰
  • ナナミンを殺した真人
  • 真人と虎杖の戦いがはじまる!

次回から虎杖と真人の戦いになるけど、どちらが勝つのかというよりも、虎杖の心が大丈夫なのか心配すぎてならない。

渋谷での大量殺人は術師界のお偉いさんたちが見逃すはずもなく、虎杖の死刑の前倒しなんて可能性も否定できない。

そして、今の虎杖ならこの受け入れに従うはず

五条が封印された今、上層部と交渉できる術師はおらず、封印が解けるかどうかによってストーリーは大きく変わってきそう。

つづく

連載最新話
呪術廻戦
夏油組との死闘!高専組は次々に・・・
渋谷事変 渋谷事変㊸ 渋谷事変㊹
125話 126話 127話
渋谷事変㊺ 渋谷事変㊻ 渋谷事変㊼
128話  129話  130話
渋谷事変㊽    
131話    
呪術廻戦14巻収録(予定)
124話 123話 122話
121話 120話 119話
118話 117話 116話
単行本最新情報
呪術廻戦13巻収録
115話 114話 113話
112話 111話 110話
109 108話 107話
各キャラ考察
呪術廻戦 虎杖悠仁キャラ分析 呪術廻戦 伏黒恵キャラ分析
虎杖悠仁キャラ分析 伏黒恵のキャラ分析
呪術廻戦 両面宿儺 呪術廻戦0巻紹介
両面宿儺のキャラ分析 呪術廻戦0巻と乙骨



-呪術廻戦

© 2020 アナブレ