呪術廻戦

呪術廻戦109話 伏黒恵の領域展開!そして現れるパパ黒(甚爾)!

呪術廻戦109話 ネタバレ感想

陀艮(ダゴン)の領域内で防戦一方の七海たち、真希はザコ扱いされ、直毘人ですら攻撃を防ぐことで精一杯。詰み確定の状況でやってきたのが伏黒恵。

前回のお話

陀艮の領域を破り外→中へと侵入成功、領域対決を繰り広げる。伏黒の登場により、戦況が変わるのかどうか。

まずは呪術改戦109話のストーリーを振りかえる!

伏黒恵の領域展開

呪術廻戦109話 ネタバレ感想
出典:呪術廻戦109話 芥見下々 集英社

陀艮(ダゴン)の領域を破壊し助っ人にやってきた伏黒。領域同士の戦いの基本セオリーは、せめぎ合いによる勝負!

伏黒の領域展開「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」により、陀艮の領域を中和し効果を相殺することに成功する。

とはいえかなりムリしてるのは確か。必中効果を無効したものの、このまま陀艮の領域を押し切るまでの力はなさそう。

スポンサーリンク

真希の善戦と七海らの安否

陀艮の領域の効果が弱まったことで、ナナミンたちに攻撃の機会が生まれた!真希は特級呪具「游雲(ゆううん)」を武器に反撃。

游雲と言えば、今は亡き花御(はなみ)の硬すぎるボディにダメージを与えた武器!陀艮に効かないわけがない!

さらに死累累湧軍(しるるゆうぐん)をまともに喰らっていたナナミン、直毘人も辛うじて耐えていたようだ。

ただしダメージはデカい。

  • 七海→左目負傷(左目周辺?)
  • 直毘人→右腕失い

ナナミンは左目周辺が血まみれの状況(視力を失ったかは不明)、直毘人は右腕をごっそり陀艮の式神に持っていかれてしまった。

すべては伏黒にかかっている!

陀艮に勝利するには、まずはこの領域からの脱出が必須。すべては伏黒の領域展開にかかってる。ただし、伏黒はすでに限界。

必中効果がなくなったことで直毘人、そしてナナミンも敵の攻撃を裁けるようになり、領域を維持する伏黒を式神から守るためサポートに入る。

伏黒の作戦は、領域に穴をあけナナミンたちを領域外に逃がすこと。勝つためにあえて逃げる。領域でのバトルは分が悪すぎる。

呪術廻戦109話 ネタバレ感想
出典:呪術廻戦109話 芥見下々 集英社

領域外に通じる穴を確保!

領域の内外が通り、伏黒の作戦が成功するかと思った瞬間、まさかの展開が!その穴からヌググと出てきた人物が!

伏黒の父親・禪院甚爾(とうじ)さんです!

呪術廻戦109話の深掘り考察

ここからは、呪術廻戦109話で気になったコマを掘り下げていきます。

禪院甚爾という伏線

驚きの展開、最高のひっぱり、ここにきて伏黒恵のお父さんこと、禪院甚爾(とうじ)が登場しちゃうなんて。

甚爾があの世?から現世に降臨したのは、95話にて猪野パイセンが戦っていた相手、オガミ婆の降霊術がきっかけでした。

95話おらさい
呪術廻戦95話
呪術廻戦95話 猪野の術式判明!まさかの伏黒パパ登場で急展開

帳C(術師が入れない帳)を上げるために、現在交戦中の猪野組。粟坂こと、たぬきジジイには虎杖・伏黒が、オガミ婆とその孫には猪野 ...

可哀想なことに、このとき猪野パイセンの見せ場は一つとしてなく甚爾に一方的タコ殴りで意識を失ってしまい戦線離脱。

このとき恵と甚爾の親子対面はニアピンというかたちで実現しなかったものの、その後の甚爾の足取りは不明のままでした。

なぜ甚爾が領域内に?

さっぱり分かりません。

甚爾は天与呪縛の持ち主で呪力ゼロという特異体質、同じく真希も天与呪縛だけど、呪力がないものが領域に入っても殺されるだけ。

呪力がないから敵の攻撃を回避する術がないため、やられる一方。瞬殺です。甚爾の実力をもってしても分が悪すぎるのは明らかです。

ならなぜ領域内に?

息子を見かけて追ってきたとか?

甚爾の死亡を描いていた五条過去編を思い返すと、甚爾が死ぬ間際に頭に浮かんだのは子供を抱いてる姿。子供とは恵です。

呪術廻戦109話 ネタバレ考察
出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社

ただ、この場面は家族を捨てる道を選んだ甚爾の生き様を確認した場面でした。とはいえ、このコマには温かさがあふれているのも事実。

とはいえ五条に敗北したのは己の自尊心だといっていた甚爾、領域内にはいることは明らかに無謀なこと、彼の主義から外れた行動に思ってしまう。

禪院家のそれぞれの立場

呪術廻戦109話 ネタバレ考察
出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社

このコマの説明からすると、

  • 呪い継いだ者→伏黒恵
  • 呪を捨てきれなかった者→真希

のことを言ってます。

そして、このあと甚爾の登場のときには「全てを捨て去った者」とあり、この説明だと息子に固執してるようにも思えないんだよな。

なんで領域内に来たんだ甚爾よ!

呪術廻戦109話みんなの感想・考察

SNSの109話に関する意見・考察を紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

真人戦生きぬいたんだから、きっと大丈夫(信じてる

たしかにダゴンの戦術の弱さは一貫してるよね

まったくです

疱瘡神が使えてたこと考えると確かに

109話まとめ感想&110話展開予想

呪術廻戦109話まとめ

  • 伏黒、陀艮の領域を中和
  • 必中効果を無効化し戦況立て直し
  • 領域の穴から脱出目指すも
  • なぜか甚爾が穴より飛び入る

猪野パイセンのワンパンだけでなく、オガミ婆にも攻撃していたことから、夏油組に加担する様子は見せていなかった。

陀艮の領域内への侵入目的は、陀艮ではなく明らかに息子である伏黒恵にあると思うんだけど、わざわざ領域に入る理由はなんなのか。

  • 禪院直毘人
  • 禪院真希
  • 伏黒恵(母方の姓)
  • 禪院(伏黒)甚爾

伏黒は母方の姓を名乗っていますが、父親が禪院家の血筋。領域内で禪院家がほぼ勢ぞろいの展開で、次回どうなっちゃのねかな。

つづく

連載最新話
呪術廻戦
内通者判明!夏油組の暗躍!
渋谷事変㉞ 渋谷事変㉟ 渋谷事変㊱
116話 117話 118話
渋谷事変㊲
 渋谷事変㊳  渋谷事変㊴
119話  120話 121話 
渋谷事変㊵  渋谷事変㊶  
122話  123話  
呪術廻戦13巻収録(予定) 
115話 114話 113話
112話 111話 110話
109 108話 107話
単行本情報
呪術廻戦12巻収録
106話 105話 104話
103話 102話 101話
100話 99話 98話
各キャラ考察
呪術廻戦 虎杖悠仁キャラ分析 呪術廻戦 伏黒恵キャラ分析
虎杖悠仁キャラ分析 伏黒恵のキャラ分析
呪術廻戦 両面宿儺 呪術廻戦0巻紹介
両面宿儺のキャラ分析 呪術廻戦0巻と乙骨



-呪術廻戦

© 2020 アナブレ